関連リンク

ヘアサロン領域

2014.01.14

2013年2月にはベトナムに出店、10月には広島の中心地であるパセーラで改装移店をされたばかりの、クレオ・ヘア・インターナショナル代表のクミ・リップマンさん。10年、15年と継続して働くサロンスタッフが軸となり、強い組織として注目を集めています。店づくりと人づくりの根幹にあるのは、グローバルな視点。美容界に新しい働き方を提示するクミさんの思想を伺いました。

PROFILE

クミ・リップマン

1981年より東京の美容室勤務、ヘアーショー、撮影などに携わったのち、1989年帰広。母経営のサロンに参加。 その後、独立。
ロンドンにて「ワールドコングレスヘアショー」日本チームとして出演。「クリスチャンディオール」「ジョン・ガリアーノ」「バレンティノ」「ベルサーチ」等のパリコレバックステージへ参加。
オーストラリアのシドニーにてオーストラリアコレクションヘアチームにヘアサロンで参加。ロンドンで技術留学するなど、グローバルに活動。
2001年には、広島の人気テレビ情報番組「満点ママ」(テレビ新広島)のヘアアドバイザーとして7年間出演。ヘアスタイルやトレンドを紹介した。現在広島3店舗、ベトナム1店舗を経営。
クレオ・ヘア・インターナショナル webサイト → http://www.cleo-hi.com/

|第1章|広島の中心地に100坪のサロンを
出すまでの道のり

vol32_page1_02

野嶋 クミさんには、一度、人づくり、店づくりの両面でお話を伺いたかったんです。どうぞよろしくお願いします。

クミ こちらこそ、よろしくお願いします。

野嶋 まず、クミさんと、こちらのサロンの今までの歩みについて教えてもらえますか。

クミ もともと私は、28歳まで東京の井上陽平美容室にいさせていただいていました。本店ですから30人ほど働いていたかと思います。1980年代にシステム的にマニュアルができているようなサロンは他には多くなかったと思いますが、井上先生のお店では、しっかりとしたカリキュラムもありましたし、当時から指名制度というものがあるサロンだったんです。

野嶋 そこで、教育の制度の基本を知ったんですね。

クミ はい。そして、広島に戻って母のお店に入ったのが29歳のとき。20坪程度で6人のお店でした。もちろん、カリキュラムなんてありませんし、5人で月間200万円くらいの小さなお店だったんです。
そこで、売り上げ目標を立て、客単価をあげるためにはどうすればいいかということをみんなで考え、サロンの中でお客さまを待っているだけではなく、自分たちから予約をとりにいくことも始めたんです。1人あたり月間売上100万円やるぞという目標をたてて頑張っていました。
最初はどんどん売り上げがあがりましたし、わりと早く2倍の規模の40坪のお店が持てるようになったんです。それが今の舟入のお店です。

野嶋 最初から順調なスタートだったわけですね。

クミ ところがあるときから、売り上げが完全に横ばいになってきたんです。舟入はやや郊外の住宅街なのですが、だんだんOLさんたちが、街の美容室で夕方髪を切って帰るような時代になってきたんですよね。つまり、二極化が進みはじめ、美容室のあり方を考えなくてはいけない時代のはじまりだったんです。
大阪では既にメイクスペースやフォトスタジオを併設して大きなフロアで展開している美容室があって、これからそういう場所が広島にもあるといいよねということで、それができるスペースを探しました。

野嶋 それが、前の100坪のお店ですね。

クミ はい。エステやカフェも併設したサロンを考えていたんです。立地的にもある程度収入とキャリアがあるOLを狙えるということで、あまり後先考えずに、無理矢理作ってしまった感じですね(笑)。それまで郊外のお店でしたから、中心地でゼロからのスタートは予想以上に大変でした。損益分岐点に達しない月日が1年以上続きましたから。

野嶋 それでも続けられたのはどういう理由があったのでしょうか?

クミ これから二極化する広島の中でも、一番上の方々、美容に対してお金をかける方々をしっかりつかみたいという目標だけでやってきましたね。

野嶋 それからの10年の間に、八丁堀のお店も出されていますよね。

クミ はい。3年前です。本当は、無理をするのが怖いなと思っていたんですが、やはり育ってきた子たちの中で、店長をしたいという子たちが出てきている。悩んで悩んだ結果、ビルの最上階に空が見えるいい物件があったので、決めました。

vol33_page1

トップインタビュー一覧