関連リンク

ヘアサロン領域

2014.07.08

若い世代の人材教育の難しさに悩む経営者の声が多く聞かれる昨今。大学生を採用した1年目のビューティコーディネーターのプレゼンがJBCA全国大会で3位になるなど、さまざまな場面で活躍するスタッフたちを育成するフォルテの教育方法に注目が集まっています。今回はオーナーの鈴木さんに、若手の育成と、幹部の育成について伺いました。

PROFILE

鈴木 浩一朗(すずき こういちろう)

東京綜合理美容学校卒業後、22才で独立。JCAA(日本カラ−アナリスト協会)認定カラ−アナリストライセンス取得。アメリカ(ロサンゼルス)にて カットスク−ル修了。 イギリス(ロンドン)にてヴィダルサッス−ンカットスク−ル/クリエイティブコ−ス修了。
24才の時、全日本理容美容選手権で準優勝、日本選抜として、フランスカンヌで行われた CMC世界理容美容選手権大会に出場し、 第3位入賞。サロンワ−ク以外にも、雑誌、CDジャケットの撮影のヘアメイクや、TV局のスタジオワ−ク、TV番組のコ−ナ−企画・出演、 カット教室の講師、ヘアショ−の主宰、ブライダルヘアメイク、学校や経営セミナ−での講演活動、デザイン専門学校の講師、カラ−アナリストとしても 幅広く活躍。TV、ラジオなどにも数多く出演中。
人材育成を基本とし、社員とお客さまに 「喜びと感動」を与える美容室づくりを目指している。
株式会社フォルテ webサイト → http://www.forte-group.jp/

|第2章|SNS時代の新人育成

野嶋 経営者の方々と話をすると、皆さん、近年の若手育成には苦労しているとおっしゃるのですが、鈴木さんはいかがですか?

鈴木 やはり今の幹部の子たちと20代前半の子たちは育ってきた時代が違うので、入社した後の考え方も明らかに違います。一番強く感じるのは、情報を完全に自分で選んでしまう子が増えてきたという部分です。
僕たちの世代は、目上の人たちと話をする機会が多かったですよね。そこで躾をされたり、目上の人たちの価値観を聞いたりすることがよくありました。
良くも悪くも取捨選択できなかったので、結果的に大人と言われる人たちのリアルな声をたくさん聞くことができた世代です。
でも、今の子たちは、自分の好きな人たちとばかり会話をしてきている子が多いんです。SNSでも、自分の主張に合う人の意見だけを取捨選択して取り入れている。このことはとても危機感を持っています。
彼らがよく「周りはみんなこう言っています」と言いますが、自分にとって都合の良い情報だけを取り入れて、それがあたかも社会現象であるという主張をするケースをよく見ました。

野嶋 コミュニケーションスキルの問題は、よく指摘されていますよね。そのような若手に対してはどのような育成をするんですか?

鈴木 いくつか方法があるのですが、ひとつは同期の力ですね。バーチャルに生きている子たちの中には、年齢が上の人に対して生理的な拒否反応を持っている子もいます。そういう子に対して、上の人が意見をすると逆効果になることが多い。なので、リアルに生きているしっかりした同期の子とグループワークをさせることで、そのギャップを埋めていくようにしています。同期同士で話すと、聞く耳を持ちやすいと感じます。

野嶋 なるほど。同期の目線から、指摘するわけですね。

鈴木 もうひとつは、矢印を自分に向けるしかない瞬間を作っていくということです。コミュニケーションがとれない子たちは、会話の中に登場人物が多いんです。つまり、「世の中はこう思っている」「誰かがこう言っている」という言い方をするんですね。そういうときに、「では、あなたはどう思っているの?」という問いかけをしていく。そうして「自分の考え」を発信しなくてはいけない機会を増やしていくんです。

野嶋 それは、面白いですね。自分に矢印を向け、自分に問う時間を作るということですね。

鈴木 問いかけだけではなく、物理的、身体的に、自分の立っている位置を考えさせることも大事です。例えば、新人研修のひとつに、マナーの先生からお辞儀の仕方を学ぶ時間があります。具体的に言うと10人1組でお辞儀をして、最高の笑顔と最高の姿勢と最高の声と目線で、きっちりタイミングまで合わせるという研修です。50人の新入社員が入ると、5グループ、全員がマナーの先生から合格をもらわなくてはいけないグループワークです。
こういうグループワークでは、先に受かった子たちは、次の子たちを受からせるためにアドバイスをするんですね。横で見ていて「誰の頭が下がっている」とか「誰の頭を上げるのが早い」とか。こういう瞬間って、ごまかせないんです。自分をみんなに合わせなくてはいけない。
このようなリアルな場面で人にそろえるという瞬間を体感させること。こういう経験が、今の子たちの価値観を少しずつ変えていくと感じます。

vol41_page2_1358

野嶋 自分もやる、できたら人にアドバイスする。できない人は指摘される。それもやはり、自分に矢印を向ける作業ですね。

鈴木 そうなんです。「その他大勢」ではいられない状況を作り出すんです。実際にサロンワークに入ったら、二百何十人の代表として電話に出るわけだし、二百何十人の代表としてシャンプーをするわけです。そこは、全員マンツーマンで勝負しなくてはいけないんですよね。

野嶋 研修のときは、そのようにグループワークで自分の責任を感じながらやっていけると思うのですが、現場に配属になってからはどうですか?継続的に指導していかないと研修だけではおぼつかないですよね。

鈴木 本当にそのとおりです。
フォルテでは、新人が「どうしたらいいですか?」と聞いてきたら必ず「どうしたいの?」と聞き返しなさいということを、先輩たちに厳しく指導しています。

野嶋 自分で考えさせる。コーチングですね。

鈴木 まさにそうです。ティーチングではなくコーチング。親切に教えると、完全に受け身な人間が育ってしまうので。
実は、親切すぎる先輩がいるところで新人が辞めてしまうケースがよくあるんです。最近の若手は、リアルのヒューマンコミュニケーションを深くやってきた人たちじゃないので、先輩がすごく面倒見がいいと、逆に重たくなってしまうんですよね。

野嶋 難しいですね……。

鈴木 だから、人材育成の方法って、5年前とは全然違うと感じますね。

トップインタビュー一覧