関連リンク

ヘアサロン領域

2014.07.08

若い世代の人材教育の難しさに悩む経営者の声が多く聞かれる昨今。大学生を採用した1年目のビューティコーディネーターのプレゼンがJBCA全国大会で3位になるなど、さまざまな場面で活躍するスタッフたちを育成するフォルテの教育方法に注目が集まっています。今回はオーナーの鈴木さんに、若手の育成と、幹部の育成について伺いました。

PROFILE

鈴木 浩一朗(すずき こういちろう)

東京綜合理美容学校卒業後、22才で独立。JCAA(日本カラ−アナリスト協会)認定カラ−アナリストライセンス取得。アメリカ(ロサンゼルス)にて カットスク−ル修了。 イギリス(ロンドン)にてヴィダルサッス−ンカットスク−ル/クリエイティブコ−ス修了。
24才の時、全日本理容美容選手権で準優勝、日本選抜として、フランスカンヌで行われた CMC世界理容美容選手権大会に出場し、 第3位入賞。サロンワ−ク以外にも、雑誌、CDジャケットの撮影のヘアメイクや、TV局のスタジオワ−ク、TV番組のコ−ナ−企画・出演、 カット教室の講師、ヘアショ−の主宰、ブライダルヘアメイク、学校や経営セミナ−での講演活動、デザイン専門学校の講師、カラ−アナリストとしても 幅広く活躍。TV、ラジオなどにも数多く出演中。
人材育成を基本とし、社員とお客さまに 「喜びと感動」を与える美容室づくりを目指している。
株式会社フォルテ webサイト → http://www.forte-group.jp/

|第4章|幹部を育成するにはNO.2を決めさせる

野嶋 幹部クラスの人たちの育成では、どんなことを意識されていますか?

鈴木 僕がよく言うのは、NO.2を2人連れてきてほしいということです。
僕が考える理想的な組織の考え方というのは、ピラミッド型。三角形が積み上っているような組織なんです。
それを作るためには、1人の人が2人のNo.2を指名して三角形を作る必要がある。そのNO.2の人も自分の下にNo.2の人を2人指名して三角形を作る。その下も同じ。
そうやって、無数の三角形が積み重なって、大きなピラミッドができるのが理想型です。
だから僕は常に「君のNO.2は誰? 2人連れてきて」ということを問いかけます。そして「なぜ君のNO.2はその2人なのかということをプレゼンして」と言います。
全員に好かれようと思ってチームづくりをするのって、すごく難しいんです。でも、「何かあったらこの2人に頼ればいい」という強固な絆を作ることが、強い組織の礎になると思っています。
 

野嶋 「自分はこの人のここがいいと思っている」というプレゼンをされるわけですもんね。NO.2の人にとっても嬉しいですよね。

鈴木 そうですね。そこで絆が生まれると思っています。

野嶋 幹部育成のテーマとして、もうひとつは店長さんの育成があると思うのですが、ひとつの城を任せきれる人間をどう作っていくのかということも、多くのサロンの課題になっているように思います。フォルテではどうですか?

鈴木 店長のあり方もずいぶん変わってきていると思います。昔はやる気があって声が大きくて行動力があって、ある程度技術がうまい店長だけで店は回っていたんです。けれども今は、大人女性マーケティングがとても重要になってきています。ロイヤルカスタマーが40代の大人女性になってきている中で、20代後半、30代前半の男性店長が、その大人女性の心理を理解することは、非常に難しいわけです。

野嶋 それも美容業界全体の課題になっていますね。

鈴木 そうなると、男性の店長が成功するための大事なポイントとして、女性の副店長やチーフ、頼れる女性と信頼関係を作っていかなくてはいけない。
お客さまだけではなくて、アシスタントたちとの関係、特に若い女子アシスタントとの関係は、間に女性の先輩が入ったほうがスムーズなんですよね。
そういう、店長をサポートしてくれる女性と上手くやっていけるタイプじゃないと、なかなか難しいですね。

野嶋 周りの力を活かす人ですね。

鈴木 そうです。僕はよく店長に「指揮者になりなさい」と言うんです。タイミングの良い所で、「ここでフルート、ここでトランペット」というように、コラボレーションさせて、一人ひとりの長所を伸展させる指揮者じゃなくちゃいけない。でも、男性ってどうしても、ヒーロー志向ですからね。

野嶋 ボーカルになりたいんですよね。

鈴木 そうなんですよ。自分が目立ちたいから、そこを消すというのはすごく難しいのですが、これからは、人を活かせる人にならなくてはいけない。
昨日も幹部たちと話をしていたのですが、「店長は桃太郎じゃなくちゃいけない」というような話が出ました。
「そういえば、桃太郎って自分で戦ってないよね」と言う子がいたりして。そういうことを言える子はピンときてるんですよね。

野嶋 なるほど。実際に戦っているのはサルやキジだと。

鈴木 そうなんです。「じゃあ、桃太郎って何をしていたの?」と聞くと「きびだんごを分けていました」と。奥の深い話だよねって。こういう話も、すぐにピンとくるのは女性が多いですね。

野嶋 鈴木さんは、男性幹部の心に響かせるような話し方で、意識されていることはありますか?

鈴木 僕は、男性には数字で示すことが多いです。例えば、最近、Facebookでの投稿について調べました。
Facebookには全社員が共有しているフォルテのグループがあるんですが、そこに、投稿が多い店長と少ない店長がいるんですよね。
人を活かそうとしている店長は投稿が多いんです。「うちの誰々はこんなにすごい」という投稿を毎日のようにしているんです。「カットレッスンに受かりました」とか「今日シャンプー3本販売しました」とか、「今日は指名何人。もう少しで目標達成です」などと書いた紙を持たせてスタッフを撮影して投稿している。
でも、自分自身が目立ちたいと思っている店長は投稿が少ない。

先日、その投稿回数と売上の関係を調べたんです。そうすると、売上を伸ばしているお店は投稿回数が多かったんですよね。つまり、人を活かすことができている店長の店が伸びるのだ、と。
15人のスタッフがいたら、1人3%ずつ伸びたら45%の伸びです。でも、1人で45%を伸ばすのは簡単ではない。売上を伸ばした店のように、全員をヒーローにしていくほうがいいんじゃないかというような話し方です。
男性は事実に弱いですから。頭で納得すると、思考も行動も変わってきます。
女性は桃太郎の話で感覚的にわかってくれますが、男性は事実をベースに納得できるように話すことが必要だと思いますね。

s-vol41_page4_1516

トップインタビュー一覧