関連リンク

ヘアサロン領域

2014.02.26

現在スタッフは全員女性のスプラッシュ。以前は離職が多かったサロンですが、今はとても良いサロンづくりができているとのこと。スタッフが定着しなかった昔と今。いったい何が変わったのか。オーナーの小林さんと店長のtomoneさんに伺いました。

PROFILE

小林 誠 × tomone

小林 誠
都内数店舗を経て2001年、代々木八幡に美容室スプラッシュをオープン。近年は自サロンのみならず、他サロンの幹部会議や研修会にもゲストスピーカーとして参加。「小さな心の勉強会」と称して人材育成やモチベーションアップなどの話をしている。

tomone
国際文化理容美容専門学校卒業後、2006年にスプラッシュに入店。2013年よりスプラッシュの店長に。スタッフのマネジメントを引き受ける。サロンワーク以外では、小林と一緒に定休日を利用したキッズカットのボランティアやベーシックカットの講師をしている。

|第4章|将来への安心感があるからいまを全力で過ごせる

tomone いまはとても安心して働ける環境です。折りに触れて小林さんが「結婚しても子どもができても働けるようにするからね」といってくれるのが大きい。一生この仕事が続けられると思ったら不安がまったくなくなりました。

小林 こういう小さな街のサロンだから、その人その人に合わせていいように考えようと思っています。家族で助け合う感じで。

tomone 美容師になったころは、一生働けるのか不安だらけでした。でも、今は将来にまったく不安はありません。小林さんの改心以来(笑)、全員でお客さまを取り囲む仕事をしているから、うちは協力体制がすごい。いまのメンバーなら、誰かが出産したり、時短で働くようになっても、絶対協力していけると思えます。多分、みんなそう思っていると思う。

小林 子どもはいつか大きくなるもの。大変な数年をみんなで助け合えればいいですよね。

tomone 私ももっとファンを増やして、子育てしながら働くママ美容師を目指します。

小林 美容師って生き方そのものだと思うんです。人生のすべての経験が糧になる仕事。美容師として起き、美容師として寝ることができる。一生働け、お客さまと一生つきあえる人生を、仲間と一緒にまっとうできたら最高ですよね。

ウーマンインタビュー一覧