関連リンク

ヘアサロン領域

2014.02.26

現在スタッフは全員女性のスプラッシュ。以前は離職が多かったサロンですが、今はとても良いサロンづくりができているとのこと。スタッフが定着しなかった昔と今。いったい何が変わったのか。オーナーの小林さんと店長のtomoneさんに伺いました。

PROFILE

小林 誠 × tomone

小林 誠
都内数店舗を経て2001年、代々木八幡に美容室スプラッシュをオープン。近年は自サロンのみならず、他サロンの幹部会議や研修会にもゲストスピーカーとして参加。「小さな心の勉強会」と称して人材育成やモチベーションアップなどの話をしている。

tomone
国際文化理容美容専門学校卒業後、2006年にスプラッシュに入店。2013年よりスプラッシュの店長に。スタッフのマネジメントを引き受ける。サロンワーク以外では、小林と一緒に定休日を利用したキッズカットのボランティアやベーシックカットの講師をしている。

|第3章|無料の講習会とキッズカットで知った「ありがとう」の重み

030_031_3

スタッフへの接し方を変えたことと同時に、小林さんが取り組みはじめたのは、お世話になった美容業界に、自分ができる恩返し。定休日にサロンを開放し、無料講習会を始めました。午後からは講習会に参加した人たちとキッズをカットするボランティアもスタート。

tomone スプラッシュにとって一番のターニングポイントでしたね。あの時間があったから今がある。学びの多い時間でした。

小林 キッズのボランティアカットも講習会も「人の役に立つ」「人のために生きる」ことの基本に立ち返れた経験だったよね。

tomoneもちろん無料だからというのはありますが、お母さんたちに「こんなに可愛くしてもらえるなんて!」と何度も何度もお礼を言われる経験を全員が体験できたこと。これはとても大きなことだったと思います。

小林 感謝されて喜ばれる。美容師の仕事の素晴らしさに、全員が早い段階で気づけたよね。

tomone 「私たちってどこのサロンよりも『ありがとう』という言葉をもらっているサロンだよね」とよく後輩とも話をします。そう思えるようになると、全てのお客さまにもっとありがとうといわれたくなる。全員が、「技術も接客ももっと磨こう」という気持ちに自然となれましたよね。

ウーマンインタビュー一覧