関連リンク

ヘアサロン領域

2014.02.26

~表参道からハワイへ、そしていずれはアメリカ本土へ~
数々の雑誌で活躍し、出産後も表参道のサロンで店長をしながら月間400万円の売り上げをキープ。
常に第一線を走ってきた泉さんがハワイへの移住と出店を考えたのが36才のとき。
異国の地で新たなスタートを切った泉さんの次なる挑戦について伺いました。

PROFILE

泉 真紀

1973年生まれ。原宿のサロンで働き33才で妊娠。臨月に月間785万円の売り上げをあげて産休に。2か月で復帰してからも第一線で働くが、ハワイでの独立を決意。現在は息子の琉人君と一緒にワイキキで暮らす。

Q&A泉 真紀さんに聞きました
●働き始める前、美容師という仕事をどうイメージされていましたか?
厳しい世界。職人の世界。

●実際と違ってギャップはありましたか? あったとしたらどんなギャップですか?
美容一族に育ったのでギャップはとくにありませんでした。

●仕事をしていていちばん苦しかったことは?
毎日一生懸命練習してもまったく上手にならなかったことと手荒れ。重度だったので辛かった。

●仕事をしていていちばん悩んだことは?
スタッフの教育。

●仕事をしていていちばんうれしかったことは?
お客様の喜ぶ顔を見れること。たくさんあって一番はないです。

●「美容師として生きていく。」と覚悟を決められていますか?いつ頃でどんな時でしたか?
18歳で実家を出るときに覚悟を決めて東京へ行きました。仕事中、親が倒れても帰らない~!!と。

●仕事をはじめてからの大発見はありましたか?どんな発見でしたか?
お客様は自分に似合わないヘアスタイルを持ってこないということ!! どんな髪でもお手入れで必ず変わること!!

●美容業界、ここだけは修正したい!というコトは?
長い人生プランを考えて、その世代その世代で働ける業界づくり。さまざまな保障を整えて安心して働ける業界に。

●仕事の醍醐味を教えてください。
自分の評価がお客様や世の中の支持として返ってくるところ。努力は裏切らないと思います。

●女性が美容師として仕事を続けるにあたって、いちばん必要なことは何だと思いますか?
自分のライフスタイルとともに仕事のスタイルも変わっていくことに柔軟な気持ちを持つこと。そして、男性以上にスキルを身につけること。そうすればいつでも自分を支持してもらう仕事ができる。

ウーマンインタビュー一覧