先輩女性インタビュー100人

サロンで働く女子 
100の生き方

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのか、100人にインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.87

美容師の母を手本に、「生涯美容師」を目指す。
歴13年ママ美容師の語る「続けることの価値」。

和テイストのシックな内装が寛ぎの時間を演出する、女性専用サロン「SAZAE」。お客さまをお迎えするスタッフも、全員が女性で、子育て中のママたちです。ベテラン揃いの中から今回お話を伺ったのは、スタイリスト歴13年の吉村さん。「積み上げてきたキャリアを大切に、生涯美容師を貫きたい」と語る、仕事への熱い想いの源泉とは?

Staff Data

吉村友希さん 36 歳

スタイリスト。
「SAZAE」勤務(大阪府松原市)。
スタイリスト歴13年。既婚。1歳の女の子のママ。
9:00~17:00勤務。休みは日曜(定休日)の他、月3日の有給休暇

吉村さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 18

    母親が美容師をしており、仲のよい友だちも美容師志望だった。その環境から、当たり前のように友だちと一緒の美容学校へ進学。

  • 20

    美容学校を卒業後、「セッション」に入社する。アシスタント時代は、先輩美容師の頭で練習する毎朝のシャンプーレッスンに大緊張。

  • 23

    スタイリストデビュー。責任の重さを感じながらも、お客さまのスタイリングに対して、自由な判断ができるようになったことがやりがいに。

  • 27

    ★チーフに就任。運営会議に参加するようになり、自分や店舗の売上だけを追いかけていたそれまでと目線が変わる。これからの運営計画や働きやすい環境づくりなど、会社全体のことを考えられるようになった。

  • 32

    結婚。しばらくはフルタイム勤務を続けていたが、家事に手が回らず、19時までの時短勤務に変更。オーナーに交渉し、日曜休みが実現。

  • 34

    妊娠が判明。妊娠中にママさん美容師店舗「SAZAE」がオープンし、そこへ異動になる。「4月の保育園入所で戻ってくる」とオーナーやお客さまに約束し、9カ月目から産休へ。

  • 35

    長女を出産。保育所の募集に落選し、いったん待機児童になるも、追加募集で入所が叶う。約束から1カ月遅れて、産後半年で仕事に復帰。

  • 36歳~

    会社がママ美容師のためにつくってくれた「SAZAE」の価値を、さらに上げていくことが今後の目標。若いスタッフに希望を与えられるような店づくりに、意欲を燃やす。

  • 育休期間中に、夫のお母さんの実家がある沖永良部島へ。長女の珠月(みずき)ちゃんも一緒の初めての家族旅行

  • 年に4~5回開催される、オーナー主催の「ごはん会」。スタッフとその子どもたちも集まって、賑やか!

  • 家族も一緒に楽しめる社員旅行。今年はナガシマスパーランドとアンパンマンこどもミュージアムを訪れた

吉村さんへのインタビュー

オーナーとは、SNSを使って気軽に報告、連絡を交わしている

Q. 土曜や祝日の出勤もありますが、育児と仕事の両立はどうされていますか?

A. 夫の協力と「休日保育」などの利用で、なんとか回せています。

 育児と仕事の両立は、保育所なしでは叶いませんね。土曜は夫が子どもを見てくれていますが、祝日は夫も出勤があり、大阪市が運営する「休日保育」を利用しています。保育所などに入所している子どもを、日曜・祝日に限り預かってくれるサービスです。こういった保育施設のおかげで、なんとか回っているというのが現状です。
 実は「SAZAE」のオープンにあたって、オーナーからスタッフ専用託児所の提案もありました。ありがたい話だったのですが、ママ美容師たちで話し合った結果、辞退することに。私たちの場合は、「職場の中に子どもがいると働きづらい」という結論に至ったんです。保育所という、別のコミュニティに預けることで得られる刺激も大切かな、と。でも、私たちの働きやすさを考えて、オーナーの方からそういった提案をしてくれることに、とても感謝しています。

「SAZAE」では6名在籍するママスタイリストのうち、これまで常に1名が産休・育休中。お互いの不在を順番にフォローし合っている

Q. 母親になって、仕事への向き合い方に変化はありましたか?

A. 人の優しさを感じることが増えて、感謝の気持ちが深くなりました。

 いろいろなシーンで、「ありがたい」と感じることが増えました。例えば子どもが病気になってしんどい時、スタッフから「大丈夫?」と一声もらえるとすごく嬉しい。私がお客さまの髪を仕上げている時に、床に落ちた髪の毛を他のスタッフが掃いてくれると、「ありがとう」と思える。その分、お客さまも早く帰ることができるので。17時退社に向けて、ママスタッフ同士でサポートし合えていることにも、日々感謝です。人の優しさに触れる機会が増えて、感謝の気持ちが深まったように思えます。

「夢は『生涯美容師』。腕が上がる限り、ずっと美容師を続けていきたい」と吉村さん

Q. 美容師を長く続けてきたことで得られたものは?

A. 積み重ねてきたキャリアと、やりがいを持って働ける今の環境です。

 「SAZAE」には3名のママさんアシスタントがいます。皆さん、もとはスタイリストでしたが、出産退職と育児専念期間を経て、うちにパートで再就職されました。うちの会社では、ブランクのある美容師はアシスタント採用になるのです。もちろん育児のためにいったん仕事を辞めるのも、選択肢の一つだとは思います。でも私は辞めずに続けてきたことで、今まで積み上げてきたキャリアを維持することができています。キャリアアップできているかどうかはわかりませんが、長年の努力を無駄にはしていないはず。今、スタイリストとして楽しく働くことができている。だから、続けてきてよかったと思っています。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

 私の母も美容師をしていて、今68歳ながら現役です。その母に「子どもが独立した時に、仕事のありがたみが分かる。だからとにかく続けなさい」と言われました。子育て期間って20年もありませんし、そのうち大変な時期なんて最初の5年程度。子どもが学校に通うようになって、「私のママ、美容師をやっていてキレイでしょ」って思ってもらえる期間の方が長いんですよね。そう考えると、美容の仕事は出産後もずっと続ける価値があるはず。今はわかりませんが、その答えはきっと死ぬ時に出るんだろうな、と私は思っています。

Salon Data

SAZAE(サザエ)

アクセス
近鉄南大阪線高見の里駅から徒歩5分
創業年
1997年
店舗数
4店舗
設備
9席 ※SAZAE
スタッフ数
8名(スタイリスト5名、アシスタント3名) ※SAZAE
URL
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000332743/

全ての記事の一覧へ