先輩女性インタビュー100人

サロンで働く女子 
100の生き方

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのか、100人にインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.94

美容師の先輩、母の背中を追いかけて10年。
ママになり、新たに生まれたやりがいとは?

木目調の温かな雰囲気の店内で、ヘアとネイルの施術を提供する「MYA 竜王店」。子育て中のお客さまも多く訪れるこちらの店には、ママスタッフが4名在籍しています。輝く笑顔が印象的な込山理菜さんも、そのうちの1人。サロンで最初の産休・育休取得スタッフで、2歳の娘さんを育てています。自宅から車で1時間かけて通勤し、仕事と育児を両立する生活は「大変だけど楽しい」と語る込山さん。その原動力と、これからの目標についてお話を伺いました。

Staff Data

込山理菜さん 29歳

スタイリスト。「MYA(マヤ)」竜王店勤務(山梨県甲斐市)。
スタイリスト歴7年。2歳の女の子のママ。
8:30~16:30の時短勤務で週5日出勤。休みは土曜と定休日の火曜。

込山さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 18

    美容師として働く母を見て育ち、物心ついた時には美容師になることを決めていた。地元・山梨の高校を卒業後、名古屋の美容学校へ進学。

  • 20

    名古屋のサロンに就職。教育カリキュラムの充実した店で、先輩スタッフの丁寧な指導のもと、練習を重ねた。気持ちは前向きだったが、朝から晩までの長時間勤務が体力的に辛かったことも。

  • 22

    スタイリストデビュー。指名を受けたり、お客さまが別のお客さまを紹介してくれたり、人から必要とされることの有難さを実感する日々。

  • 24

    遠距離恋愛をしていた彼に呼ばれ、地元の山梨へ帰ることに。「もっと勉強したい」という思いがあり、教育に力を入れている「MYA」へ転職。

  • 26

    結婚。その後しばらくして妊娠が判明。フルタイム勤務を続けつつ、つわりのひどい時期には急な休みをとることもあった。産休前の1カ月間は、オーナーの計らいでレセプションとして勤務。

  • 27

    出産。育休中も店で行われる講習会やレッスンに声を掛けられ、参加していた。

  • 28歳~

    ★娘が保育園に入園し、産後11カ月で仕事復帰。8:30~16:30の時短勤務に変更する。
    子どもが生まれたことで、「娘のために頑張ろう」とやる気が倍増。以前よりもさらに楽しく働けるようになった。

  • 今年4月に挙げた結婚式。長女の理結(りゆ)ちゃんがいてくれることで、よりハッピーな式になった

  • 仕事帰りに夕飯の買い出しへ。散歩しながら子どもとのおしゃべりを楽しむ、大事な時間

  • 育休中に参加した、毎年恒例のバーベキューイベント

込山さんへのインタビュー

1年間の産休・育休で多少の失客は生じた。「復帰後2カ月間は、優先的に新規のお客さまを担当させてもらえたので、そこで取り戻せました」と込山さん

Q. 込山さんがお店で最初の産休・育休取得者だったそうですね。出産後も働き続けることを決めたきっかけは?

A. 母を見てきたので、仕事を続けるのは当然のことだと思っていました。

出産後も美容師を続けることについては、一切迷いはありませんでした。うちの母は、私が生後3カ月の時にはお店に復帰していたというので、そういうものだと思っていて。母からは常々「美容師は現場を長く離れてはだめ」と言われていたので、なるべく早く復帰しようと考えていました。
産休・育休で1年間休むことになりましたが、その間も講習会や薬剤の説明会などに呼んでもらって、お店には顔を出していたんです。おかげで1年振りであっても、気後れすることなく仕事に戻ることができました。「知識や技術の遅れが出ないように」という会社側の配慮が、とても心強かったです。

自分自身が母になり、子育て中のお客さまに共感できることが多くなった。「育児経験が接客にも役立っています」

Q. 育児と仕事の両立は大変だと思いますが、仕事を続けてきてよかったと思えることは?

A. 両立できているのは周りのみんなのおかげです。頑張る姿を、娘に見せていきたい。

子育てと仕事の両立については、私は環境に恵まれていると思います。夫の両親がすぐ近くに住んでいて、保育園の送り迎えを手伝ってくれているので。娘が熱を出して保育園から連絡がきた時にも、夫のお母さんが迎えに行ってくれることがしばしば。お店と保育園が車で1時間ほどの距離にあって、すぐには迎えにいけないため、本当に助かっています。また職場環境においても、私は早番スタッフより1時間出勤が遅い、時短勤務をさせてもらっています。いろいろな人の助けがあって、そのおかげで安心して働けていることに感謝するばかりです。
続けてきてよかったことは、まだ分からないのですが、娘に働く背中を見せてあげられることでしょうか。私自身が生き生きと働く母を見てきて、その姿を誇りに思っています。「美容師としても、女性としても、お母さんかっこいいなあ」と。母親が仕事をしていると、親子で過ごす時間がどうしても少なくなってしまうけれど、私はさびしい思いをしたことはありませんでした。祖母がいてくれたし、小さい頃から保育園に通って、友だちもたくさんいたので。娘にもいつか、同じように感じてもらえたら嬉しいですね。「お母さんかっこいいな」と思ってもらえるように、今頑張って働いています。

スタッフのことを常に気にかけてくれているオーナーの佐々木さんには、厚い信頼を置いている

Q. 美容師としての、今後の目標を教えてください。

A. 母と一緒に働く店を持つことです。

最終目標は、母と一緒に働くことです。普通ならば、独立の相談は会社にはできないものだと思いますが、私はオーナーにこの目標を話しています。なぜならオーナーは、スタッフ一人ひとりの夢を応援してくれる人だから。「そのためにはこのぐらいの売上を持っていた方がいい」とか「管理業務をもっと分かった方がいい」など、アドバイスをもらえるのが有難いです。出産後の働き方についても、こちらの希望を聞きながら柔軟に対応してくれました。社員みんなが自分の夢を語れる、よい会社に就職したと思っています。母は今も現役で美容師をしているので、いずれは一緒に働く夢を叶えたいですね。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

美容師の仕事の醍醐味は、人とのコミュニケーションだと思います。指名していただいたり、お友だちを紹介していただいたり、お客さまに必要とされることがやりがいになりますよね。なので長く続けていくためには、人との関わり合いを大切に。スタッフに対しても、お客さまに対しても、柔軟な対応力を持つことが重要だと思います。一人ひとりと丁寧に向き合って、信頼関係を築くこと。それを続けていけば、助けてくれる人も増えて、仕事がさらに楽しくなるはずです。

Salon Data

MYA 竜王店

アクセス
JR身延線常永駅から車で8分
創業年
1996年
店舗数
5店舗
設備
セット面15席 ※MYA 竜王店
スタッフ数
15名 ※MYA 竜王店
URL
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000199798/

全ての記事の一覧へ