話題のあの人が仕事やプライベートで大切にしている「言葉」「習慣」「モノ」「人」…。
その瞬間を、「3つの場面=3SNAPS」でお伝えします。

grico 内田聡一郎さん

Vol.03

内田聡一郎さん

vetica

ヘアサロン「vetica」クリエイティブディレクター

1979年、神奈川県生まれ。県内のヘアサロン1店舗を経て、「VeLO」オープニングスタッフとして参加、店長兼ディレクターに。2009年には「VeLO」の姉妹店となる「vetica」のトップディレクターに就任。サロンワークをはじめ一般誌から業界誌、セミナー、数々のミュージシャンやアイドルのヘアメイク等、幅広く活躍。プライベートではDJ活動もしている。
http://velovetica.com/
[instagram] https://instagram.com/soucuts

01 STYLE

お気に入りのファッション

デザイン重視だった20代。
30代後半の今は、
ベーシックなものに心魅かれます。

シンプルな中に、
ひとつ遊びを効かせるのがルール

白Tシャツが好きで、30枚ぐらい持っています。プライベートだとスキニーのパンツを合わせて、アウターや靴で遊びを入れる。シンプルな組合せの中に、1点だけ明るい色を入れるのが自分流のルールです。サロンワークでは、カジュアルテイストのセットアップがほとんど。若く見られがちなので、トップディレクターらしい風格を演出できるように、大人っぽい服装を心がけています。

買い物は代官山が多いですね。特に書店には週一ペースで。仕事への考え方やデザインのヒントを、そこで得ています。

15年愛用している「セルジュ トラヴァル」のネックレス。指輪は6年前、ディレクターになった記念にオーナーがプレゼントしてくれたもの。肌身離さずつけている

白Tシャツは「ジャーナル スタンダード」、赤いシャツは古着、靴は「アディダス」と「アレキサンダー ワン」の限定コラボスニーカー。最近はメガネに凝っていて、オフの日はサングラスなど個性的なデザインが多い

02 STYLE

こだわりの仕事道具

とことんこだわりたいのは、
見た目より“使い勝手の良さ”。

機能美を追求した、
シザー&シザーケース

内田さんが使用しているシザーケースは、「801U EI」。シザーには、内田さんのハンドルネーム「soucuts」のロゴが刻印されている

内田聡一郎×カオティックオリジンダブ コラボレーションシザーケース「801U」29,160円
※「カオティックオリジンダブ」公式サイト
http://www.chaotic-o-d.co.jp/user_data/brands/chaoticScissorsCase/801u.php

内田聡一郎×オオカワプロシザーズ 「HCC57-K sモデル」100,440円。(数量限定販売)
※「オオカワプロシザーズ」公式サイト
http://www.vegancraftsamples.com/joint_product/

「カオティックオリジンダブ」とコラボしたシザーケースを2017年2月に、「オオカワプロシザーズ」とのコラボシザーを6月に発売しました。

シザーケースは横幅をコンパクトに、かつ奥行きを広げて大容量に設計。シザー5本プラスαの小物が入る収納と、サイドにはペンなどをかけられるフックも付けて。上質なレザーは、使うほどにいいクスミ感が出てくるんですよ。シザーはセミオフセットハンドルで、親指の流動性が格別。刃は笹刃とストレート刃のいいトコどりで、今風のヘアスタイルが作りやすい形状です。

僕はどちらかというと職人気質なところがあるので、見た目よりも使いやすさにこだわりたい。形はベーシックだけれど、使う人の手になじむような機能美を備えることに注力しました。

03 STYLE

未来の美容師さんへ

20代はひたすら練習。
みんなが出来ないことだからこそ、
やれる人だけが上にいける。

美容師として、人間として、
“自分の軸”を増やしてほしい

約20年の美容師人生の中で得た教訓。「自戒の意味も込めています」と内田さん

DJ活動はレギュラーイベントが月に2~3回。楽しんでやっていることなので、サロンで働いた後、深夜のイベントも苦にはならない

若手時代の内田さん。18歳でヘアサロンに就職したが、21歳の時に一度美容師を辞めている。地に足のつかない生活を父親に一喝され、背水の陣で東京に出てきたことが転機になったそう

毎年4月1日、SNSに「20代美容師がやっておくべき7つのこと」という投稿を3年ほど続けています。若手の子たちに、この7つを重んじて仕事に励んでほしいな、と。

なかでも「1.美容師以外のコミュニティーをつくる」は最も大事。これまではひとつのキャリアを極める生き方が当たり前でしたが、最近はパラレルキャリアという考え方が生まれていますよね。がんばって美容師で80点をとれたら、別の何かでも80点、さらにもうひとつと軸を増やしていく。すると三角形に、四角形にと自分の総面積が広がって、多くの人に知ってもらえるきっかけになります。僕の場合なら、美容師であり、DJであり、一時期は読者モデルでもあった。その3つの軸を持っていたからこそ、生まれる“僕の価値”があったと思うんです。つまり美容師以外のステージで人間力を高めていくことが、結果、美容師としての成功にも繋がるのではないかと。ただし、相反するようですが「7.死ぬほど練習する」ことも大切だと思う。しっかり練習に励んで、同時に軸を増やして、それを30代でいかに自分のブランドに繋げていくか。そういうことを考えながら、20代を過ごしてほしいです。

常に客観的な目を持ち、いい意味で自分を演出している内田さん。実際にお話していても、発せられる言葉一つひとつに説得力と深みがあります。一方で、周囲への気遣いにもあふれている。「髪を切りに行く」というより「内田さんに会いに行く」。そんなお客さまが多いことに納得です。

SHARE 今すぐシェア!

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す