話題のあの人が仕事やプライベートで大切にしている「言葉」「習慣」「モノ」「人」…。
その瞬間を、「3つの場面=3SNAPS」でお伝えします。

SIX 久保雄司さん

Vol.07

久保雄司さん

SIX

ヘアサロン「SIX」代表

1982年、東京生まれ。美容師としてサロンワークをする一方、インスタグラムでのハッシュタグ「#クボメイク」で脚光を浴び、雑誌などでヘアメイクとしても活躍。2016年に講談社より書籍『#クボメイク』を出版。2017年4月、表参道に「SIX」をオープンさせた。
http://six-salon.com/
[instagram] https://www.instagram.com/six_kuboyuji/

01 BELIEF

大切にしている6つのこと

がむしゃらに練習したら
休みもしっかりとること。
いい仕事には心のゆとりも大切。

スタッフに大切にしてほしい
“SIX=6つ”のこと

美容師としてだけでなく、1人の社会人としてスタッフと一緒に成長していきたい。その思いを込めて、「SIX」というサロン名にしました。

振り返れば僕が20歳の頃に「将来の自分の店の名前」を上司に尋ねられ、答えたのが「ゼロ」。「何もない状態から、多くのお客さまに来ていただけるように」という理由です。それから15年経って、僕には大切なことが6つできた。家族や仲間たちが支えてくれているからこそ、今の自分がある。だから自分のことだけではなく、周りの人も大切にしていかなければいけないと。

美容師は勤務時間が長くて休みが少ないというイメージがあるけれど、それじゃダメだと考えています。休みはちゃんと取って、楽しんだ方がいい。スタッフたちには、家族や恋人、友人との時間を充実させてほしい。そうやって心にゆとりを持っている方が、いい仕事ができると思うんです。

お店のロゴは「SIX.」。ピリオドに見える最後の「.」は、実は六角形になっている

ヘアメイクの仕事で大活躍中の久保さん。お客さまの生の声をキャッチできるサロンワークも、自身にとって欠かせないものだという

久保さんのスタッフ教育は「自分で考えさせる」がモットー。「アドバイスはしますが、強制はしません。自分で考えて自由にやってもらう。そうじゃないと、仕事が楽しくなくなってしまうから」と久保さん

02 MAKE UP

メイクのこだわり

先入観は持たない。
けれど、
事前準備は抜かりなく。

大事なのは、その人に似合っていること

メイクBOXの中身を拝見。この数倍のコスメが倉庫に収納されていて、撮影のたびに中身が入れ替わるのだとか

撮影前に送ってもらったコスメは全色を塗り出し、下絵にシミュレーションをする。下絵のイラストも、なんと久保さんが描いたもの

ヘアメイクではほとんどの場合、撮影現場に用意されたコスメを、初見で選んで使用します。けれど僕は、それを事前に見せてもらうことが多いですね。触ったり塗ったりしてみないと、発色も質感もわからないので。色出しをして、自分ならではのカラーバランスを考え、下絵に落としてから本番に臨みます。

新作コスメは続々と出てきますが、「最新のコスメを使えば、今の顔になれる」とは思っていません。例えば新作リップを使おうとした時、アイシャドウはワンシーズン前のものの方が合うかもしれない。撮影でも、既存品を使用することは多々あるんですよ。

モデルさんをメイクする際に気を付けているのは、先入観をなくすこと。「この子はこれが似合う」という情報は取り払って、自分の感覚に任せるようにしています。事前に計画したメイクがあっても、実際に顔に塗ってみて違和感があったら落としてしまうことも。「本人に似合っている」ことを、一番大事にしています。

化粧筆の老舗ブランド「白鳳堂」のメイクブラシセットを愛用

イベントの際に常用しているキャリーバッグ。メイク道具の他、スチーマーなども携帯している

03 EFFORTS

女性活躍への取り組み

長く一緒に働きたいから
結婚・出産後も戻れる環境に。

一般企業の当たり前を、
SIXでも叶えていきたい

イキイキとした笑顔が印象的な女性メンバー。洗練された空間ながら店内の雰囲気は和やかで、ゲストを癒やす心地よさがある

「SIX」は完全週休2日制で、さらに誕生月休みや繁忙期明けの休みなども。「いずれ育休復帰するお母さんスタッフが出てきたら、17時までの時短勤務と土日休みなども考えています」と久保さん

「SIX」のスタッフは、僕を含め男性が2名と女性が5名。みんなと長く付き合っていきたいので、女性が働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

例えば、「産休・育休制度」。これまで美容業界では、女性スタッフのほとんどが結婚や出産を機に退職していました。でも一般企業なら、産休・育休を取って長く働き続けていける。その当たり前を、「SIX」でも実現していきたい。

最も力を入れているのは、休暇制度です。僕自身が4~5年前までは、年間ほぼ休みなしで仕事していました。休日返上の撮影は楽しかったけれど、歳を重ねるとやっぱり疲れがたまるんです。そこで年齢が上がってきたスタッフには、毎月の休みを1日増やすことに。その他、ランクアップをするほど休みを増やしていく計画です。この制度は男性と女性、共通で考えています。

サロンワークってすごく楽しいもの!それをスタッフにも感じてもらいたい。みんなが前向きに働ける環境を、これからも整えていきたいですね。

ヘア&メイクアップアーティストとして絶大な人気を誇る久保さん。意外にも、今回語ってくださったのは「美容師の仕事」への愛と誇りでした。
取材中に何度も出てきたのが、「サロンワークは楽しい」という言葉。
原点を大切にしているからこそ、新たなフィールドでも安定感をもって活躍できるのかもしれません。

企画/柳澤真実 編集・文/加藤愛 撮影/新見和美

※掲載されている情報は2017年10月11日現在のものです

SHARE 今すぐシェア!

全ての記事の一覧へ