動画で学ぶ 美容サロン経営 知らない間にダメ店長!? ダメ店長を変えた5つの心得とは!?動画で学ぶ 美容サロン経営 知らない間にダメ店長!? ダメ店長を変えた5つの心得とは!?
動画で学ぶ 美容サロン経営 知らない間にダメ店長!? ダメ店長を変えた5つの心得とは!?動画で学ぶ 美容サロン経営 知らない間にダメ店長!? ダメ店長を変えた5つの心得とは!?

「バーバー」人気の理由

今「バーバー」が人気の理由

近頃増えている、従来の理容室とは違う新しいタイプの「バーバー」は、なぜ多くの男性ファンを生んでいるのでしょうか?
ターゲティングやコンセプト、強みなどについて探っていきます。

THE BARBER LUI'S(札幌市中央区)

目標は技術日本一!
札幌の若きバーバーの挑戦とは?

2017年8月のオープンから1年ほどで、すでに札幌で確かな存在感を発揮している「THE BARBER LUI’S」。代表・伊藤雄介さんの方針は「お客さまを満足させる技術の追求」といたってシンプルです。
しかし“満足の基準”は、お客さまによりいろいろ。それらを的確に把握し高い技術力で応えることこそ、このバーバーの躍進の理由なのです。そこで技術向上の工夫やニーズをキャッチする秘訣について、伊藤さんに伺いました。

目指したのは、快適性とデザイン性を両立する店づくり。

独立の思いを胸に修業に励んだ20代。

代表の伊藤さんは、32歳。小さい頃からものづくりが好きで、進学先は農業高校の環境造園科。しかし高校卒業時の進路選びでは造園技師ではなく理容師の道を志した。「ずっと現場に立ちたいタイプなので、より長く現役でいられそうな理容師を選びました」と伊藤さん。専門学校を出た後は、故郷の北海道を離れ東京のバーバーに就職した。その後は札幌に戻り、さらに2店舗で修業。その間「20代後半までには独立したい」という思いが強くあり、心には作りたい店のイメージを常に描いていたという。

  • 鹿のハンティングトロフィーも、独立前から決めていたインテリア。店舗ロゴもこれがモチーフになっている

  • サインポールがなければ一見してバーバーとはわからない外観。これも伊藤さんのこだわりのひとつ

自ら手がけたこだわりの内装デザイン。

念願かなって開いた店舗は、無骨な男らしさを兼ね備えたアメリカンといった雰囲気。内装も伊藤さん自身が考えたものだ。レトロ調のタイルや店内に設えたバーカウンターなど随所にこだわりが光る店内。とくにシェービング時にお客さまが見上げる天井は「絶対にこだわりたかった」というポイント。木材と照明を組み合わせた、スタイリッシュな天井にした。また、バーバーチェアは「お客さまが1時間以上座るものだから」と、座り心地も重視した。常にゲスト目線を忘れずに、デザインと快適さを両立させている。

  • 無垢材を走らせた天井のデザインは、伊藤さんがもっともこだわったポイントのひとつ

  • バーバーチェアはタカラベルモント社製の1960年代のアンティーク「859」を、リメイクして使用している

目に見える“日本一”のため、コンテスト優勝を目指す。

目標はコンテスト優勝という目に見える“日本一”。

理容師を志した頃から、伊藤さんの目標は決まっていた。それは「日本一になる」こと。それも明確な指標のある日本一、つまりコンテストでの優勝だ。最初の修業先に選んだ東京の店舗も、オーナーがコンテストで優勝経験があったことから選んだ。全国大会で2016年は準優勝、2017年は全国3位。「2018年に優勝してコンテスト出場を締めくくりたい」との目標を掲げ、練習を繰り返す。勉強のために各種大会の見学などにも足繁く通っている。

  • 過去に参加したコンテストでの華々しい受賞歴。残すは優勝のトロフィーのみ

  • 技術向上のためにウィッグやカットモデルのトレーニングのほか、仲間内での勉強会も開催

時間が経過してわかるカット技術の重要性。

伊藤さんが技術にこだわる理由は、それがお客さまの期待に応える唯一にして最大の武器であると知っているから。「クリッパー(バリカン)でできることでも、ハサミで同じことができないといけない。お客さまから希望があったときに“できません”というわけにいきませんから」とその思いを明かす。また、カット技術の高さはスタイルの持続性にもつながるとか。カット直後だけではなく少し伸びたときもかっこいいこと。そんなスタイリングがお客さまの支持につながっている。

  • ハサミを使ったカットは、それぞれのお客さまの希望に、より細やかに対応できるという

  • もちろんクリッパーの技術も大切な要素。ニーズと状況に応じた使い分けが、お客さまの満足につながる

ビジネスマンのニーズに応えるメニュー展開と提案。

技術に裏付けられた独自の「似合わせ」スタイル。

ターゲットは20代後半から30代後半のビジネスマン。「近年の札幌には見た目に気を使うビジネスマンが増えている。これならいけると思いました」と伊藤さん。ただしフェード(刈り上げ)の注文は2割ほど。基本はお客さまの個性に合わせて、伊藤さんが提案するスタイルが好評だという。「顔の輪郭、髪質、髪量、お店に入ってきたときの表情。それらを総合して、スタイルを提案します」この「似合わせ」もまた、伊藤さんの技術の賜物だ。

  • ターゲットに合わせた店販品を展開。ポマードが売れ筋だが化粧品の需要も伸びているとか

  • 無骨かつスタイリッシュなインテリアが、伊藤さんと同世代の男性の心をくすぐる

スパコースの注文割合も高水準。

メニューはカット+シェービングが中心だが、スキャルプスパやフェイスリフトアップなどの利用が3~4割と高水準な点もこちらの特徴。東京時代の修業先がエステサロン併設店舗だったことから、最先端の技術を習得したという伊藤さん。独立後も化粧品の情報収集や技術訓練を欠かさず、ビジネスマンの信頼を集めている。さらなる満足度アップのため、シェービング用のスチーマーや歯のホワイトニングマシンといった先端機器も積極的に導入する。

  • 特別なスパシャンプーでじっくりと頭皮をもみほぐすスキャルプスパは、リピーターの多い人気メニュー

  • レトロムードさえ漂うインテリアのなかに、機能性重視で選ぶ先端機器が自然に溶け込んでいる

オーナーインタビュー

伊藤雄介さん。1986年、北海道生まれ。高校卒業後に理容師を志し、専門学校へ。その後「学ぶなら日本一の師の下で」と、コンテスト優勝歴を持つオーナーの下で修業、北海道に戻り2軒を渡り歩いた後、2017年に札幌に「THE BARBER LUI'S」を開く

Q.自らのセンスを磨くために実践されていることはありますか?

A.物事をよく見て、そして考えてみることです。

街を歩いているときでも、アンテナを張って物事をよく見ることを意識しています。たとえばショップや飲食店を訪れた際に「なぜこれを置いたのか?」「なぜこの色にしたのか?」といった疑問を持つ。そしてそれに対する答えを自分なりにしっかりと考えてみる。そうすることで理論的な思考が身についてくると思います。

Q.店内にバーカウンターを設置した理由を教えてください。

A.普通ではないことをやってみたかったからです。

カットの後にエスプレッソやコーラを飲んで落ち着いてもらえる。そういう実用的なメリットももちろんあります。ただ一番は、普通の店にはしたくなかったという気持ちから。昔から外から見てもよくわからない店に憧れがあって。「あそこ何屋だろう?」と言われるとうれしいです(笑)。

Salon Data

THE BARBER LUI'S

アクセス
西18丁目駅より徒歩5分
創業年
2017年
設備
セット面2席
スタッフ数
1名
URL
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000397055/

動画で学ぶ 美容サロン経営 知らない間にダメ店長!? ダメ店長を変えた5つの心得とは!?動画で学ぶ 美容サロン経営 知らない間にダメ店長!? ダメ店長を変えた5つの心得とは!?

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す