オトナ女性の心をつかむ接客の極意 オトナ女性の心をつかむ接客の極意
オトナ女性の心をつかむ接客の極意 オトナ女性の心をつかむ接客の極意

JUNIOR TOKYO への想いJUNIOR TOKYO への想い

アシスタント応援記事

年に1回開催されるアシスタントによる
ヘアショー「JUNIOR TOKYO」。
理美容師の担い手が減少するなか、
若い世代に夢とチャレンジを
与えることを目的としています。
参加した12サロンのアシスタントたちに、
その熱い想いをうかがいました。

「JUNIOR TOKYO 3」第1部のトップを飾ったのは「uka(ウカ)」。さなぎから蝶へと「羽化(うか)」するように美しく羽ばたいてほしい、というサロン名に込められた想いを表現したかのような構成のショーが繰り広げられました。

SHOW THEME

変化

FEELING

アシスタントたちの想い

メンバーの感性を融合させていく。
その難しさと楽しさを実感する
いい経験ができました。

「“JUNIOR TOKYO”は昨年に続いて2回目の参加です。今回はリーダーということもあり、感性という目に見えないものを伝える難しさを実感しました。メンバーの感性の違いをすり合わせる過程で、みんなの好きな方向性を知れたのは収穫です」(伊藤欣良さん)

メンバー個々の“好き”を、見る人にとっての“いいね!”に変換していく作業が大変でもあり、やりがいにもなりました」(佐藤希洸さん)

「コンテストはひたすらクオリティを追求するものですが、観客がいるショーは演出も大事。この経験は、お客さまの想いをくみ取って形にする、サロンワークにも役立つと思います」(鈴木丈史さん)

「多くの観客が見守る舞台上でカットするため、切る姿勢まで意識して気をつけました。お店でもお客さまに見られる立場なので、この経験を活かしていきたいです」(斎藤真珠美さん)

「勤務1年目で参加させてもらったので、初体験のことばかり。自分なりに考え、解釈する経験ができたほか、先輩から多くのことを教えていただくことができたのも、このショーに参加できたおかげです」(茆原立旗さん)

MEMBER

アシスタントスタイリスト:伊藤欣良さん(4年目)、佐藤希洸さん(3年目)、鈴木丈史さん(3年目)、斎藤真珠美さん(2年目)、茆原立旗さん(1年目)

MESSAGE
代表よりメッセージ
この経験はスタイリスト人生の支えになるはず。
舞台で得たものを糧に、成長してほしい。

ショーの舞台に立ったことがある人間にしか、わからないことがある。この経験が彼らの糧となり、自信になり、今後の長いスタイリスト人生の支えにきっとなるでしょう。「JUNIOR TOKYO 出身者」としてのプライドをもって、成長していってほしいですね。

代表取締役 CEO
渡邉弘幸さん

「JUNIOR TOKYO」
公式インスタもCHECK!
FOLLOW US!!
「ホットペッパービューティーアカデミー」
WEBサイト
「JUNIOR TOKYO 3」
イベントレポートはコチラ
編集・取材・文
大西智与
撮影
久保田敦

※掲載されている情報は2019年11月29日現在のものです

オトナ女性の心をつかむ接客の極意 オトナ女性の心をつかむ接客の極意

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す