本音を引き出す「聴く」技術本音を引き出す「聴く」技術
本音を引き出す「聴く」技術本音を引き出す「聴く」技術

先輩女性インタビュー100人

サロンで働く女子 
100の生き方

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのか、100人にインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.50

アシスタントのまま2回の妊娠・出産。
〝自分らしく生きる〟ことを優先にした28歳の本音とは?

埼玉エリアを中心に17店舗を展開する、「フレイムスグループ」。中館さんは、「Lilou(リル)東川口店」でパートとして勤務しています。アシスタント中に出産を2回経験し、2歳と4歳の男の子を育てる間、同僚や後輩が次々にスタイリストになっていく現実と対峙してきました。「焦りがないといえばウソになるけど、人は人。この人生を選んだのは私ですから」と語る中館さんの、清々しい笑顔のヒミツを伺いました。

Staff Data

中館佑梨子(なかだてゆりこ)さん 28歳

アシスタント。
Lilou(リル)東川口店勤務(埼玉県川口市)※「フレイムス」グループ
アシスタント歴9年。既婚。4歳と2歳の男の子のママ。
現在は週5~6日、10:00~17:00のパート勤務中。

中館さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 18

    高校卒業後、中学生の頃から目指していた美容師になるべく、美容専門学校へ入学。

  • 20

    卒業後は地元埼玉県内で、中小規模のサロンへの就職を希望。「フレイムス」の2店舗目オープンに向けた求人募集に応募し、社員となる。

  • 23

    同じサロンの同期とお付き合いする中、妊娠が発覚し結婚。同サロンでの妊娠の前例がなかったので、迷いながらもすぐに店長へ相談。「大丈夫。仕事中、辛かったらすぐに知らせて。無理はしないでね」と温かく受け入れてくれたのが支えとなった。

  • 24

    ★臨月まで現場で働き、無事に元気な男の子を出産。
    あまり長く休むと勘が鈍ると思い、半年後には週1日のペースで復帰。子どもが1歳になったのを機に、保育園にあずけ、その後は週5日で時短勤務に就く。

  • 26

    ふたり目を妊娠。
    ひとり目の時と同様、産休に入る直前までサロン業務を続ける。産後は3カ月で復帰し、週5~6日の時短勤務に就く。

  • 28歳~

    現在はふたりとも保育園にあずけ、週5~6日の、10:00~17:00のパート勤務。
    1日も早くスタイリストデビューするために、月数回のカット練習やチェック会に出るなどの努力を惜しまない。

  • 結婚式には、オーナー、スタッフが参列。この時、妊娠4カ月だった

  • 長男誕生。両親のサポートもあり、半年で復帰。待っていてくれたお客さまもいて感激

  • ご主人は別のサロンへ転職していたが、オーナーの意向もあって、家族で年1回の恒例BBQ大会へ参加

  • 次男誕生。男の子ふたりで大変だったが、寝顔に癒されながら充実した日々を送る

中館さんへのインタビュー

「スタイリストになるのを待っていていてくださるお客さまのためにも、技術を磨いていきたい」と語る中館さん

Q. こちらの会社で産休を取った女性は、中館さんが最初だったようですね。

A. 「この機会に、女性が長く快適に働けるサロンのロールモデルになって欲しい」という、オーナーの思いを聞かされました。

 妊娠がわかった時は、まだ会社設立から4~5年しか経っていなくて、女性スタッフの妊娠&出産というケースは私が初めてでした。以前からオーナーの意識の中には、女性が長く安心して働けるサロンにしたい、という強い思いがあったようです。「妊娠や出産を経験した中館さんがずっとこのサロンで働くことで、次に続く女性たちが自分の未来を描けるようにしたい。どうするのが一番いいか、一緒に考えていこう」と提案してくれました。
 専門学校の同期で別のサロンに勤めた友人の中には、妊娠を機に会社に居づらくて辞めてしまったり、キャリアを諦めてしまったりする女性も少なくなかったので、オーナーの提案はとても嬉しく、心強く感じたのを覚えています。
「本当に出産と子育て、そしてサロンワークを両立できるのか」「オーナーの期待に応えられるのか」不安がありました。でもスタッフのサポートやフォローが徹底していたおかげで、安心して働くことができました。

常にスタッフの「やりたいこと」や「変化」に対応し、仕事環境を創っていくオーナーの舟津さん。現在、ママスタッフが安心して仕事に集中できるための、保育室の開設を計画中

Q. 2度の出産の間に、同期がどんどんキャリアアップしていくのを見てどんなお気持ちでしたか?

A. 焦りがない、とは言えません。でも、私には私の人生がある。たとえゆっくりでも信じて突き進むのみ、と思っています。

 私が2回の妊娠・出産を繰り返している間に、同期は当然スタイリストになり、指名も入るように。まったく焦りがないと言えばウソになるし、”私の人生、どこかで狂っちゃったかな”と思い悩む時期もありました。
 でも、授かった命に対し、産まないという選択はなかった。そう考えると、「人は人。私はこの人生を選んだのだから、ゆっくりでも決して諦めない」と思えるようになりました。
 オーナーや店長からも「諦めなければいつだってデビューできる」とエールをいただいています。アシスタントの私をシャンプーやブローで指名してくださるお客様や、「あなたがスタイリストになるのを待っているわ」と応援してくださるお客さまもいらっしゃいます。だから、絶対にスタイリストになる、と心に決めて日々奮闘中。期待に応えるためにも、30歳までにスタイリストデビューできるよう努力は惜しみません。

「出産、子育ての経験を自分の励みにしていきたい」と感じている

Q. サロン初のママアシスタントとして、どのような働き方をしたいですか?

A. ママになって初めて気付くこともある。自分にできることを精一杯やって、お客さまやスタッフ、会社に貢献していきたい。

 私がロールモデルとなり、今では産休後に復帰する女性スタッフも増えました。福利厚生も完備され、子どもの発熱などで突然呼び出されても、周りのスタッフがしっかりフォローに回ってくれる。そんな態勢を作ってくれている会社には感謝の気持ちでいっぱいです。
 その分、「急な変更やキャンセルなどの連絡は全員にすぐ入れる」「その後のお礼は忘れずにする」「休んだ分だけしっかり働く」「常に感謝の気持ちを忘れない」など心がけていますし、ママスタッフが集まる時は、お互いに言い聞かせています。
 東川口エリアは子育てをしている女性のお客さまも多いので、自分も妊娠・出産を経たことで、お客さまの気持ちや悩みに共感できるようになったのは大きな収穫です。お客さまの気持ちに寄り添いながら、近い将来、会社に貢献していけるスタイリストになるべく、がんばりたいと思います。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

 子育てと仕事の両立は、女性が必ず悩む人生の分岐点のひとつです。アシスタント時代に、2年おきに赤ちゃんを身ごもり、いまだスタイリストになれない自分を「もっと計画性をもつべきだったのでは…」と反省したこともありました。運がよかったのは、そんな私でも価値を認めてくれたオーナーに出合えたことです。子育てと仕事の両立を共に考えてくれる、また寄り道した人間を「大丈夫だよ」と応援してくれる会社はきっとあります。歩み方が人よりゆっくりでも、進む道が人とは少し違っても、いつか目的を果たせたらいいじゃない。人生はまだまだ続きます。諦めずにいたらきっと夢は叶うし、自分の人生にも自信がもてる、そんな気がしています。


Salon Data

Lilou【リル】東川口

アクセス
JR・埼玉高速鉄道東川口駅から徒歩4分
創業年
2015年
設備
9席
スタッフ数
8名(うちスタイリスト4名、アシスタント4名)
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000336150/
本音を引き出す「聴く」技術本音を引き出す「聴く」技術

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す