先輩女性インタビュー100人

サロンで働く女子 
100の生き方

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのか、100人にインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.52

2度の出産と専業主婦生活。
6年のブランクの乗り換え方とは?

2児の妊娠・出産で6年間スタイリストを休んだ経験がある安田さん。「美容師である自分が一番好き!」と気づき、現在は京都の老舗サロン「Marry's西院」で活躍中です。しかし、女性全員がママスタイリストである「Marry's西院」に行き着くまでは、仕事と育児の両立に悩んだこともあるそう。ママとして仕事を続けられる環境を探し当てた、安田さんのスタイリスト人生についてうかがいました。

Staff Data

安田かなこさん 39歳

スタイリスト。
Marry’s西院勤務(京都市右京区)
スタイリスト歴12年。
11歳の女の子と7歳の男の子のママ。
定休日と日曜・祝日は休み、10:00〜17:00のママさんスタッフ(パート)。

安田さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 18

    高校卒業後、通信制の美容学校に入学し、同時に京都の中型サロンに就職。アシスタントをしながら美容の勉強に励む。

  • 20

    専門学校を卒業。美容師の資格取得。

  • 21

    スタイリストデビュー。
    サロンでの仕事と並行し、技術を磨くためにコンテストに挑戦する日々。努力するだけ成長して成果が出ることが楽しくて仕方がなく、当時はがむしゃらに働いていた。

  • 25

    おつきあいしてた彼が千葉に転勤になることをきっかけに結婚。結婚後に転居するため、京都のサロンは退職。
    仕事は続けたかったので、千葉で女性オーナーが経営するサロンに転職。

  • 28

    長女を妊娠・出産。
    妊娠中のつわりがひどく、仕事は続けたかったが退職する。
    出産後はしばらく専業主婦として子育てに専念することに。

  • 32

    長男を妊娠・出産。2児の子育てを楽しんでいた。

  • 34

    ご主人が大阪に転勤することになり、住まいは京都に戻る。
    子育てにも慣れ、「もう一度スタイリストに戻りたい」気持ちが高まり、仕事復帰を決意。
    ブランクがあってもOKのサロンを探して転職。

  • 37歳~

    ★転職したサロンが多忙で、他に子どもがいる女性スタッフがいなかったことから、事情をなかなか理解してもらえず、育児と無理なく両立できるサロンに転職を決意。
    求人サイトで見つけた「Marry’s」に転職。

  • 最初に勤務していたサロンで、コンテストに励んでいた頃

  • 多忙でがむしゃらだったが、仲間とともに切磋琢磨するのが楽しかった

  • 子どもたちが小さかった頃のお気に入りの写真

安田さんへのインタビュー

ブランクの不安は練習することで埋めていたという安田さん

Q. 出産・育児による6年間のブランクの後の復帰に、不安はありませんでしたか?

A. 美容師をしている自分が一番好きなので、店のサポートや主人の協力で、必死に練習しました。

6年も休んでいたので技術的なことや、最先端のトレンドについていけるかはやっぱり不安でした。けれど専業主婦時代を経て、美容師をしている自分自身が一番好きだと気づいたのです。サロンは事情をわかったうえで採用していただいていたので、レッスンのサポートをしてくださったり、子どもがいるので帰宅後に家で練習していました。
「私は子育てしながら美容師をやるんだ!」と主人に宣言しました。もともと主人は私が仕事をすることを応援してくれていたので、「がんばれ!」と。レッスン中は主人が子どもの面倒を見てくれていました。今も私が出勤する土曜日は、子どもの世話は主人がしてくれています。

Q. 子育てと仕事の両立を実際に始めてみて、いかがでしたか?

A. 覚えてないくらい必死だったと思います。

復帰して最初のサロンの頃は、どう両立させていたかあまり覚えてないくらい必死でした。目の前にある仕事を一生懸命がんばってこなして、仕事が終わったら家庭のことに集中してと、気持ちを切り替えてやっていたのだと思います。
独身時代は仕事を休んだことがなかったので、前のサロンにいた頃は、子どもの事情で休むときに「まわりに迷惑をかけるのでは」と、とても罪悪感を感じていたことは覚えています。仕事は手抜きができないので、お総菜を買って済ませるなど家事で手を抜いていました。

「Marry's西院」の女性スタッフは全員ママ。仲間同士助け合って仕事ができている

Q. 「Marry's」に転職しようと思ったきっかけは?

A. 前のサロンでは子どもと一緒の時間が少なかったので、無理のない両立をしたかったからです。

前のサロンは子どもがいることも、ブランクがあることも受け入れてくれていましたが、ママスタッフがほかにいなかったので、なかなか子どもがいる事情を理解してもらうことは難しかったです。お客さまもひっきりなしに入るので、育児との両立が体力的にも厳しいと感じて転職を考えました。
転職の際は求人サイトで何社も探しました。「Marry’s西院」は前の店長もママスタイリストで「子育て中でもみんなでフォローしてあげられますよ」と言ってくださったのです。先輩ママがいることで安心でき、入社を決意しました。今の店舗はマネジャー以外は全員ママスタッフなので、子どもの発熱なども理解し合えて気兼ねなく休める雰囲気がありがたいです。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

 子育てして働けるサロンは最近は増えてきて、「時代は変わってきたな」と思います。今お勤めのサロンで難しくても、探せば女性が長く続けられるサロンはありますから、続けたい気持ちがあれば気長に探してみてください。求人にはタイミングがあるので、焦らずに。スタイリストはお客さまをキレイにして「めちゃよかった!」と感謝してもらえる幸せな仕事ですよね。あきらめずにがんばってください!

Salon Data

Marry's西院【マリィズ サイイン】

アクセス
阪急西院駅から徒歩5分
創業年
1961年
店舗数
4店舗
設備
5席(Marry's西院)
スタッフ数
約20名(全店舗)
URL
URL:http://beauty.hotpepper.jp/slnH000062331/

全ての記事の一覧へ