無料で学べる動画セミナー デキる店長(2)スタッフ育成無料で学べる動画セミナー デキる店長(2)スタッフ育成
無料で学べる動画セミナー デキる店長(2)スタッフ育成無料で学べる動画セミナー デキる店長(2)スタッフ育成

女性が活躍するサロン100

女性スタッフが辞めない
サロンの秘訣

結婚・出産を経ても女性スタッフが長く活躍している、さまざまなサロンの取り組みや職場づくりを、100サロン紹介していきます。

vol.4710年で20人のママスタッフを誕生させた、「女性幹部を生む教育」とは?

ヘアークリアー 春日部/ヘアサロン

埼玉県春日部市

埼玉県内にヘアサロン「ヘアークリアー」など8店舗のほか、ネイルやアイラッシュなど全12店舗を展開。トータルビューティーを提案している「株式会社ニューロード」。10年前から「女性幹部を生み出すための教育」をスタートし、今やロールモデルになるママスタッフが20人以上いるといいます。そんな先輩ママたちの背中を見て、将来のキャリアプランを描く次の女性スタッフも続々と育っているよう。「会社を成長させていくためにも、女性の力を最大限に生かしたい」と語る社長の今泉さんに、女性活躍の取り組みと工夫について伺いました。

1取り組み

若いスタッフの目標になるような、ママとして活躍するロールモデルを数多く作る。

どんな取り組み?

 10年前の前社長の時代から、「女性幹部を生み出すための教育」がスタート。いずれやってくる出産・育児期間に先駆けて、20代半ば頃までに店長を務め、キャリアを持って産休・育休に臨むという早期熟成型のキャリアプランを提案している。
 復帰後は、時短勤務やパートなど育児と両立できる働き方を自由に選択して、若い店長を育てる立場に転向。いずれ子どもが手離れしたら、フルタイム社員に戻るチャンスもある。「結婚、出産のその先のストーリーも早いうちに描いておくように」と、若いスタッフにも呼びかけているという。

成果とスタッフの反応は?

 10年経ち、現在はキャリアを持ったママスタッフたちが各店舗で活躍している。さらにその姿を見た若いスタッフも将来のビジョンが描けるようになり、出産後も働き続ける道を選ぶように。好循環が生まれて、ママスタッフのロールモデルは全店舗合わせて20名に達した。
 「10年前はまだ、美容師は自分の店を持つことが第一、と考えられていた時代。将来に夢が持てず、妊娠を機にやめていく女性スタッフを大勢見てきました。今はロールモデルがたくさんできたことで、会社に所属して長く働くという新しい選択肢が浸透しつつあります」と、社長の今泉さん。
 女性が働きやすい環境に魅かれて女性スタッフが集まり、今や全従業員175名中の約8割を女性が占めている。戦力が増え、会社も着々と規模を広げている。

働くママの採用も積極的に行っている。レセプションやサービススタッフなど活躍の場はいろいろ

働くママの採用も積極的に行っている。レセプションやサービススタッフなど活躍の場はいろいろ

2取り組み

ヘアカラーの専門職を設置し、ブランクのあるママスタッフをフォロー。

どんな取り組み?

 スタイリストとは別に、専任のカラーリストという職種を設置。社内のカリキュラムで学んで技術を習得すれば、トップスタイリストと並ぶトップカラーリストというポジションで活躍できる。
 最初に導入をした「ヘアークリアー 春日部」には現在、時短勤務のママスタッフ3名を含む、全4名のカラーリストが在籍している。

メリットは?運用にあたって難しかったことは?

 スタイリストの場合、産休・育休でブランクが空くと、ハサミの勘を取り戻すのがなかなか難しい。けれども空いた時間にカットの練習を続けていくのは、子育て中のスタッフにとって高いハードルだ。対してカラーリストの勉強は、教材を読み込むことが第一。場所を選ばずに自宅でも学べるというところが大きな魅力だ。ずっと続けて行ける専門職でもあり、サロン復帰を目指すママスタッフにとって、心強い選択肢になっている。
 「導入したばかりの頃は、お客さまはもちろんサロンのメンバーに対しても、カラーリストという職種を認知してもらうのが大変でした」と今泉さん。「カットより需要の高い、カラーに強いサロンにしていきたい。そこを皮切りにネイルやアイラッシュなどトータルビューティーを展開していきたい」と、将来の目標をスタッフに伝え続けたという。そして実際に「ヘアークリアー 春日部」でカラーを軸にして月2500人の集客をカウント。その実績から、スタッフたちの理解も得られるようになった。

「ヘアークリアー 春日部」で働く千葉さんは、専任カラーリストの第1期生。子育てしながらスタイリスト修行に励んでいた千葉さんに、当時店長だった今泉さんが新しい道を提案し、現在の彼女の活躍へとつながった

「ヘアークリアー 春日部」で働く千葉さんは、専任カラーリストの第1期生。子育てしながらスタイリスト修行に励んでいた千葉さんに、当時店長だった今泉さんが新しい道を提案し、現在の彼女の活躍へとつながった

3取り組み

女性スタッフが話をしやすい本部の女性社員と、店長、社長の連携体制で、問題解決をサポート。

どういう取り組み?

 サロン内で問題が生じた時には、店長から社長へ報告・相談をするのが原則。しかし店長も多忙な時期には目が行き届かないこともあり、特に男性店長の場合、女性スタッフの訴える悩みの深さに気付けないことが多いという。そこで、経理や人事を担当する本部の女性社員たちが、各店舗を定期的に訪問。現場スタッフたちにヒアリングを行い、社長へレポートを提出する仕組みをつくった。

メリットは?

 本部の女性社員も、子育てと仕事の両立をがんばるママたち。女性ならではの細やかな視点で現場をチェックし、ママスタッフたちが抱える問題にもいち早く気付くことができている。また、現場のママスタッフも女性には相談がしやすいため、人間関係や勤務時間についての悩みなどを、積極的に話してくれるという。
 小さな問題でも、放っておけば大事なスタッフを失いかねない。この仕組みで一つひとつ問題解決していくことが離職防止につながり、会社とスタッフ、双方にメリットをもたらしている。

「独身の頃は理解できない部分も多かったママスタッフの苦労が、自分に子どもができたことで、しっかりと共感できるようになりました。さらに子どもの話題を通じて、信頼関係が築きやすくなったと感じます」と今泉さん

「独身の頃は理解できない部分も多かったママスタッフの苦労が、自分に子どもができたことで、しっかりと共感できるようになりました。さらに子どもの話題を通じて、信頼関係が築きやすくなったと感じます」と今泉さん

社長インタビュー

代表取締役社長の今泉佑太さん。 新卒で株式会社ニューロードに入社し、20代から店長を経験。「ヘアークリアー」全店のカットインストラクター、総合技術教育管理責任者を歴任。2店舗のフランチャイズ経営者を経て、2012年より現職に就任。3児のパパで、奥様は「ヘアークリアー」の元スタイリスト。

Q. 20人のロールモデルをつくってきた中で、成功だったと思える取り組みは他にもありますか?

A. 失客対策の指導と歩合制給与が、ママスタッフ活躍の一助になりました。

 産休・育休中の失客フォローには気を付けていました。出産を控えたスタッフに指導していたのは、「自分が休む間にお客さまを任せられる右腕を、責任をもって自分でつくること」。そして、「お客さまには引き継ぐスタッフをきちんと紹介して、自分がまた戻ってくることを伝えておくように」と。また、売上100万円を達成したスタッフは、歩合制給与も選べるようにしています。短い時間でも頑張った分だけ還元してあげることができ、それがママスタッフたちにとって働きやすい環境づくりの1つになっているのだと思います。

Q. 今後、女性活躍のために取り組みたいことは?

A. 働くママさんの交流会と、ブランクを埋める教育機関づくりを予定。

 今計画しているのが、働くママさんの交流会です。子育て中のスタッフは夜のミーティングに出られないし、会社がどういう方向に進んでいるかを知る機会が持てないので、日中に開催して私から直接話をしたい。そして一人ひとりから、会社に対する希望を聞ければいいなあ、と。女性の力を失いたくないので、ママスタッフたちが繋がりを感じられるような組織を、ここでひとつ作っておきたいですね。
 その他に、ブランクのあるスタッフに向けた教育機関を設けたいとも考えています。正社員を美容師に育てる教育カリキュラムに自信があるので、それを応用して、パートや時短勤務などブランクのあるスタッフをフォローアップできるカリキュラムを構築していきたい。国の支援も受けながら、上手に進めていきたいですね。

Salon Data

ヘアークリアー 春日部(株式会社ニューロード)

アクセス
春日部駅東口から徒歩5分
創業年
1993年
店舗数
12店舗※株式会社ニューロード
設備
29席
スタッフ数
35名(スタイリスト5名、カラーリスト4名、アシスタント10名、他)
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000181634/
無料で学べる動画セミナー デキる店長(2)スタッフ育成無料で学べる動画セミナー デキる店長(2)スタッフ育成

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す