本音を引き出す「聴く」技術本音を引き出す「聴く」技術
本音を引き出す「聴く」技術本音を引き出す「聴く」技術

先輩女性インタビュー100人

サロンで働く女子 
100の生き方

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのか、100人にインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.54

美容学生で妊娠。アシスタント時代に既にママ!
100万稼ぐ時短カラーリストになるまでの歩みとは

ヘアー、トリートメント、ヘッドスパ、カラーなど各メニューに専任がいる「ヘアークリアー」。千葉好未さんは、埼玉県内に7店舗あるうちの1つ「春日部店」に勤務しています。
スタイリスト修行中でのカラーリストへの転向は、「子育てと仕事を両立するチャンスだった!」と語る2児のママ、千葉さん。その選択で得られたものや、モチベーション高く日々イキイキと働ける理由について伺いました。

Staff Data

千葉好未(ちばよしみ)さん 28歳

カラーリスト
ヘアークリアー 春日部勤務(埼玉県春日部市)
カラーリスト歴4年。既婚。6歳の男の子と2歳の女の子のママ。
現在は週5~6日、9:30~18:00のパート勤務中。

千葉さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 18

    高校卒業後、埼玉県のヘアサロンに就職。働きながら通信制の美容学校で学ぶ。

  • 20

    美容学校で同級生だった今の夫との間に妊娠が発覚。「それでも国家試験は受けておきたい」と、臨月に実技試験にのぞむ。

  • 21

    男の子を出産し、サロンを退職。産後半年で筆記試験を受け、無事に国家資格を取得する。

  • 22

    生後8カ月の長男を群馬の実家へあずけ、「ヘアークリアー 春日部」にアシスタントとして就職。柔軟に働けるパート勤務を選び、スタイリストデビューに向けて特訓を重ねる。

  • 23

    会社から専任のカラーリストという道を提案され、快諾。技術を学び、デビューを果たす。この頃、長男は群馬から戻り、夫の実家と保育園へあずけるように。

  • 24

    ★カラーリストとしてスキルを上げたいが、仕事も家事も中途半端になり悩む。そんな時、オーナーから「今は中途半端でいい時期。時間内でできることを一生懸命やればいい」と言われ、気持ちが楽に。

  • 25

    ★長女を妊娠・出産。臨月まで働いて生後3カ月で復帰。以前より責任あるポジションになり、給与も上がって、会社へ恩返しをしたいという気持ちが芽生える。

  • 28歳~

    今後の目標は、今いるメンバーでサロンの売り上げをもっと伸ばしていくこと。後輩育成にも励んでいる。

  • 第2子には女の子を待ち望んでいたご主人。お嬢さんが生まれてからは驚くほどにイクメン化して大助かりだとか

  • パートでありながらサロンメンバーと出場した「EX!2014コンテスト」で見事入賞

  • 毎月服装のテーマがあり、日曜はスタッフみんながテーマに合わせた服を着て営業している。ハロウィーンにはマリオの仮装でお客さまを迎えた

千葉さんへのインタビュー

「お客さまの目指すイメージをしっかり汲み取って、カラーリストとしてプロの仕上がりを提供し続けたい」と千葉さん

Q. カラーリストへの転向を打診されたとき、「チャンス!」と思った理由は?

A. 場所を選ばずに学べるため、子育てと両立できると思ったからです。

 お話をいただいた時期は、事情があって群馬の両親のサポートが受けられなくなった頃でした。息子が家に戻ってきて、これまで勤務時間外に続けてきたサロンでの練習の時間がとりづらい状況に。
 カラーリストの勉強は場所を選ばないため、家で息子を見ながらでもできます。講習も「都合がつく時に参加すればよいから」と言っていただき、「これなら子育てと両立できる!」と道が開けた思いでした。当時はカラーリストという専門職が知られ始めたばかり。これから教育制度が整っていくというタイミングだったので、最短距離で挑戦できたこともラッキーだったと思います。
 デビュー後しばらくは、プロとして質の高い仕事をしなければ、とプレッシャーの中で試行錯誤していました。でもある日、お客さまに「カラーリストさんだと仕上がりが違うよね」と言っていただけてからは、楽しく仕事ができています。

「サロンの仲間や家族の協力なくして今の自分はいない。みんなに心から感謝しています」。千葉さんのこの謙虚さが、働きやすい環境を生み出しているのかも

Q. ママスタッフの多いサロンですが、それにより働きやすいと思えることや、逆に気を付けていることはありますか?

A. 理解のあるスタッフたちへの感謝の気持ちを忘れません。

 会社が積極的にママスタッフを採用していることもあり、うちの店舗では10名のママが子育てをしながら働いています。
 そのため、子どもの病気などアクシデントがあった時に、話が通じやすくて助かることは多いです。上手にシフトを譲り合えているのも、同じママの立場だからこそ。そしてありがたいことに、サロン全体のママへの理解も高まってきていると感じます。
 だからこそ、子育てを言い訳にして甘え過ぎないようにしたい。先端でがんばるフルタイム勤務のスタッフたちの話を聞いて、みんなのためにできることを探し、行動するように心がけています。

最近は、育児も家事もすべてを完璧にできなくても「子どもが元気ならいいかな」と、力の抜き方がわかってきたそう

Q. 千葉さんはお仕事がとても楽しそうですね。育児や家事と両立しながらも、モチベーション高く働き続けるためのコツは?

A. 「がんばるほどに稼げる」歩合制の給与が大きなやりがいになっています。

 カラーリストデビューをして月100万円の売り上げを超えた時に、「歩合制に切り替えないか?」と打診をいただきました。「子どもを育てていくのに、収入は多い方がよいだろう」と。
 アドバイス通り歩合制に変えたところ、想像以上に生活が潤い、時短勤務でこんなにもらっていいのだろうかと恐縮する気持ちに。
 ふたり目出産での復帰後には、責任が増えた分さらにお給与も増え、それに見合うだけの貢献をしなければと思うようになりました。
 仕事自体が好きなのでやりがいはいろいろありますが、「がんばれば、がんばった分だけ稼げる」という歩合給のシステムが、モチベーションに最も響いている気がしています。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

妊娠・出産などで仕事の転機を迎えた時には、まず、あきらめないことが大切。周りにも負担をかけてしまいますが、継続して働き続けることで、スタッフやお客さまとの間に貴重な絆が得られるはずです。そしてもう1つ、人のせいにしないことも大事。「子どもがいるから」「仕事があるから」と言い訳するのではなく、「産んだのも自分」「仕事を続けると決めたのも自分」。そう心に言い聞かせれば、周りでフォローしてくれる人たちへ感謝の気持ちが芽生えて、自分にできることを一生懸命がんばろうと思えます。私の場合は、子どもをあずかってくれる両親に感謝することで、以前より関係性がよくなりましたよ。

Salon Data

ヘアークリアー 春日部

アクセス
春日部駅東口から徒歩5分
創業年
1993年
店舗数
12店舗※株式会社ニューロード
設備
29席
スタッフ数
35名(スタイリスト5名、カラーリスト4名、アシスタント10名、他)
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000181634/
本音を引き出す「聴く」技術本音を引き出す「聴く」技術

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す