動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革
動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革

先輩女性インタビュー100人

サロンで働く女子 
100の生き方

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのか、100人にインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.71

妊娠2カ月の急な休職からブランク2年。
復帰半年で指名客100人超えのワケとは?

上質な空間と丁寧なカウンセリングでゲストをもてなすヘアサロン「REGINA 」。その3号店「REGINA Tri'or」で活躍する鈴木さんは、サロンで初めてのママスタッフです。つわりによる急な休職から産休・育休と、2年ものブランクを経て復帰したのが1年前。失客に落ち込んだ時期も乗り越えて、「今が一番充実している!」と断言できるほどに復活。その前向きな気持ちの源と、ママスタッフ第1号としての心構えについて、お話を伺いました。

Staff Data

鈴木康子(すずきやすこ)さん 34歳

スタイリスト。REGINA Tri’or勤務(埼玉県)
スタイリスト歴10年、既婚、2歳の女の子のママ。
水・日曜は休み、10:00~17:00の正社員時短勤務。

鈴木さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 20

    美容専門学校を卒業後、埼玉県内のサロンに就職。人気スタイリストのアシスタントを務め、ランチの時間も惜しんで働く日々。忙しかったが、お客さまが笑顔で帰るのを見るのが楽しかった。

  • 23

    ビラ配りの作業が多くなりモチベーションがダウン。慕っていたマネージャーが店を去ったのを機に退職し、別のサロンに再就職する。

  • 24

    最初のサロンでお世話になったマネージャーが、新規サロン「REGINA」を設立。呼びかけに応じて転職する。

  • 25

    スタイリストに昇格。プレッシャーに悩んだ時期もあったが、同日デビューのスタッフの存在が張り合いになり、乗り越えられた。

  • 27

    チーフに就任。スタッフを指導する立場になり、部下からの視線を考えて行動するように。振る舞いや伝え方などを変えていくことで、自分自身も成長できたように感じた。

  • 28

    結婚。夫は夜勤の仕事で1カ月間顔が見られないこともあったため、自分の勤務時間を変更。10:00~18:00の時短勤務にして、家族の時間をつくった。

  • 31

    妊娠2カ月目でつわりがひどくなり休職する。「早く復帰しなければ」と葛藤するも体調が戻らず、そのまま産休・育休へ。

  • 33歳~

    ★女の子を出産後、1年5カ月の育休を経て職場復帰。サロンで初のママスタッフとなる。
    仕事と育児の両立は大変だが、出産を経験して「何でも我慢できる!」と気持ちが前向きに。妊娠中のお客さまの相談にのったり、出産後の髪のケアのアドバイスもできるようになり、お客さまとの会話の幅が広がった。

  • 3年に1回のペースで開催される社員旅行。ハワイで仲間たちとの絆を深めた

  • 「娘のために何でも頑張れる。仕事を終えて帰る間にも、娘に会えると思うと気持ちが上がります」と鈴木さん

  • サポートしてくれるサロンの仲間たちには、感謝の気持ちでいっぱい!

鈴木さんへのインタビュー

ゼネラルマネージャーの井田さんとは、最初のサロンでアシスタントについてから、14年来の長いおつきあい

Q. つわりによる急な休職期間入り。会社にはどのように相談しましたか?

A. 家へ来てくれたマネージャーに相談し、復帰の土台をつくってもらいました。

 引き継ぎもできないまま長期間お休みすることになってしまい、本当に心苦しかったです。そんな中、ゼネラルマネージャーの井田さんが何度も家まで来て、今後の相談にのってくれました。「仕事を続けたい。でもお客さまとの信頼関係を取り戻せるかどうか」と、ひとりで悩んでいたことを受け入れていただき、気持ちが楽になったのを覚えています。
 うちのサロンにはこれまでママスタッフがいなかったので、私が初めての産後復帰モデルです。前例がない中でさまざまな工夫をし、復帰しやすい環境を用意してくれたのも井田さん。例えば、復帰の半年前から月2回の慣らし出勤をさせてくれたり、復帰を告知するPOPを店内に貼りだしてくれたり。前に勤めたサロンでは妊娠したら退職するのが当たり前でしたが、産休・育休も導入していただき感謝しています。

「サロンに来る時には仕事スイッチ、家へ帰る時には家族スイッチが、頭の中で勝手に切り替わります」と鈴木さん

Q. 復帰後に苦労したことは?

A. 長い休職による大幅な失客です。仲間に助けられ、半年で半数を取り戻しました。

 2年という長いブランクが空いたため、技術にも接客にも不安はいっぱいでした。それを払拭すべく、カットの見直し本を読み、友人に練習台になってもらうなど、できる限りの努力をしました。するとハサミの感覚は割と早く戻り、慣らし出勤2回目からカットを担当できるくらいに。
 また復帰直後には、大幅なお客さまの減少に落ち込んだこともありました。その時にサポートしてくれたのは、仲間のスタッフたち。接客しながら、私の復帰と出勤時間をお客さまへ広めてくれたのです。おかげで半年後には指名のお客さまが100人を超え、以前の半数を取り戻しました。

鈴木さんがママスタイリストの最初のロールモデルとなり、後に続く後輩も出てきている

Q. 美容師を長く続けてきたことで得られたものと、これからの目標は?

A. 頼りになる仲間ができました。今後は後輩育成にも力を注ぎたいです。

 復帰後の辛い時にフォローしてくれる、素晴らしい仲間ができたことが一番の収穫です。恩返しの意味も込めて、今後はアシスタントの教育にも力を注いでいきたい。時短勤務なので以前のようにチーフは務められませんが、先輩として指導できることはたくさんあります。お店に出ている短い時間内に、後輩スタッフにできるだけ多くのことを教えて、一人前に育てていければと思います。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

出産後の復帰を考えた時、育休でブランクが空くことによる失客、技術の低下など、心配になることはたくさんあります。育児と仕事を両立できるかどうか不安にもなるでしょう。でも、やってみれば意外とできないことはありません。悲観的に考えずに、前向きな気持ちでどんどん子どもを産んで、どんどん仕事をしてほしいです。子どもという、守らなければいけないものができると、不思議とパワーが湧いてくるものですよ。

Salon Data

REGINA Tri'or【レジーナ トリドール】

アクセス
JR川口駅から徒歩1分
創業年
2006年
店舗数
3店舗
設備
16席 ※REGINA Tri'or
スタッフ数
13名 ※REGINA Tri'or
URL
URL:http://beauty.hotpepper.jp/slnH000348590/
動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す