先輩女性インタビュー100人

サロンで働く女子 
100の生き方

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのか、100人にインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.75

3度の出産、2度の育児専念期間を経験。
20年のママ美容師人生で見えた景色とは。

ヘアを主軸にアイラッシュ、ネイルなどトータルビューティーを展開する「ex-fa」。その1店舗が一昨年、ママさん美容師サロン「ex-fa hair origin」としてリニューアルオープンしました。育児中のスタッフが揃うこの店で、最も経験豊富なスタイリストが山野さん。3人のお子さんを育てながらお店に立ち、着付を学んでコンテストに出場するなど、ご自身の成長も止めません。「家族にも、会社の仲間にも感謝しています」。そう語る山野さんに、約20年間のスタイリスト人生で得られた気付きと、美容の仕事の醍醐味を伺いました。

Staff Data

山野未知(やまのみち)さん 46歳

美容師

スタイリスト。ex-fa hair origin勤務(滋賀県草津市)
スタイリスト歴25年。既婚。22歳と17歳の男の子と、20歳の女の子のママ。
現在は月曜定休で週5~6日、9:00~17:00の時短勤務。

山野さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 17

    サロンで美容部員として働いていた母を見て育ち、美容師を志す。高校生の時に地元のサロンでアルバイトを開始。

  • 18

    高校3年生で通信制の美容学校に入学。アルバイトをしていたサロンにそのまま就職する。婚礼支度も行う昔ながらのサロンで指導は厳しかったが、学べることが多かった。

  • 21

    スタイリストデビュー。お客さまから「ありがとう」「次もお願いね」と声をかけてもらえるようになり、仕事がさらに楽しくなる。

  • 22

    結婚。引っ越しをして、京都のサロンに入社する。

  • 24

    妊娠初期に切迫流産の症状で入院し、2カ月間休職する。その後、無事に職場復帰して長男を出産。育休に入る。

  • 26

    長男の育休中に長女を妊娠し、出産。

  • 28

    合計約4年間の産休・育休を経て仕事に復帰。夫や母に協力してもらい、週末だけ出勤する。

  • 29

    次男を出産。サロンを退社し、再び育児専念期間へ。

  • 32

    引っ越しで滋賀へ戻る。長男8歳、長女6歳、次男3歳の時に「ex-fa」にパートスタッフとして入社。

  • 33

    ★社内の新人研修で講師を担当。初めて教える立場を経験したことで、自分自身の成長を感じることができた。

  • 34

    会社のサポートを受けて、長い間独学だった着付の勉強を本格的にスタートさせる。

  • 38

    ★「SPC JAPAN全日本理美容選手権全国大会」の振袖ヘア&メイク&着付部門で全国3位に入賞する。自分の得意とすることに客観的な評価が得られ、やりがいがアップ。コンテストは年に2回ほどあるが、大会の前には毎回、当時の社長が連日深夜までつきっきりで指導してくれた。

  • 44歳~

    会社発祥の店舗をリニューアルした、ママさん美容師サロン「ex-fa hair origin」の配属に。3名のママスタッフたちと協力しながら、育児と仕事の両立に励んでいる。
    今後も美容師として、生涯現役で働き続けることが目標。

  • 「24時間ずっと一緒にいるよりも、仕事に出かけることで、逆に子どもとの心の距離が近くなった気がしています」と山野さん

  • 「SPC JAPAN全日本理美容選手権全国大会」で受賞後の1枚。コンテストにチャレンジしたことで、美容の仕事の楽しさを再認識できた

  • 会社主催で毎年夏に開催されるバーベキュー大会。家族も一緒に参加できて、毎回大賑わい

  • 年2回開催の「女子会」は、女性スタッフたちの懇親と情報交換の場。男性スタッフが集う「男子会」もある

山野さんへのインタビュー

山野さん含むママスタイリストたちとパパ店長の他、レセプションの女性も2歳のママ。さらに、現在育休中のママスタイリストも1名在籍する

Q. 「ex-fa hair origin」はママさん美容師のサロンですが、子育て中のスタッフが集まっていることで、便利な点はありますか?

A. みんな同じ境遇だからこそ協力し合える。とても働きやすい環境です。

 うちの店舗は2年前にリニューアルして、ママ美容師だけのサロンになりました。店長は男性ですが、2児のパパです。みんな同じ子育て中という立場なので、協力し合えるし、育児の悩みや楽しさを分かち合えます。誰かの子どもに急なお迎えが発生した時にも、「私がこの場を代わるから、お迎えに行ってあげて」と、前向きに送り出せる。それぞれの子どもの年齢が、小学生、中学生、高校生とさまざまなので、行事が被ることも少なく、休日もうまく調整できています。みんなでカバーし合える、よい信頼関係がスタッフ同士で築けていると思います。

支えてくれている人たちへ感謝の気持ちは尽きない。「ありがとうという言葉を、なるべく伝えるようにしています」と山野さん

Q. 3人のお子さんがまだ小さい時期、仕事をする上ではどんなことが大変でしたか?

A. 忙しくて、子どもの体調の変化に気付けなかったことも。
理解ある社長や店の仲間たちにたくさん助けられました。

 当時はとにかく必死でした。夜の会議がある日には、夕方に子どもを迎えに行って夕食をとらせて、その後で子ども3人を連れて出社することも。忙しい毎日だったので、子どもの体調の微妙な変化に気を配ることもできませんでした。やはり仕事と育児の両立は大変です。でも自分で決めた道だから、中途半端にならないように頑張らねばと。
 そんな中でも、働く環境には恵まれていたと思います。現社長のお母さまである当時の社長も、子育てしながら店に出ていたので、ママスタッフに対して理解がありました。「家庭がうまくいけば、仕事もうまくいく」というお考えで、「まずは旦那さんと子どものお世話を重視しなさい」と言ってくださった。おかげで気持ちが楽になったのを覚えています。
 予約の遅れなどで保育園のお迎えに間に合わない時に、店の仲間が子どもを迎えに行ってくれたこともしばしば。私を待つ子どもたちと、スタッフルームで遊んでくれたりもしていました。帰り際に、「1品持って帰りなさい」と前社長から惣菜をもらったことも。さまざまなフォローをしていただいたからこそ、「自分のやるべきことはちゃんとやりたい」という気持ちに。強い責任感をもって、走り続けることができたのだと思います。

山野さんの心の中には、「いつか町家風の建物で、美容サロンとカフェを融合したお店ができたら楽しそう」という密かな夢も

Q. 美容師を長く続けてきたことで、得られたものは?

A. 視野が狭まることなく、常に人として成長させてもらっていると思います。

 スタッフのやりたいことを応援してくれる、この会社だからこそかも知れませんが、人として成長させてもらっています。着付の勉強やコンテストへの出場、そして日々お客さまをおもてなしするという新鮮な環境が常にある。当たり前のことかも知れませんが、育休期間を経験したことで、よりその有難さを感じられるようになりました。家にこもっていると視野が狭くなりがちですが、お店に立つことで常識的なことをたくさん学ばせていただける。美容の仕事を通して、自分自身も輝ける場を得られていることに感謝しています。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

子育てと仕事の両立は簡単ではありませんが、せっかく習得した美容の技術を、長い目で見て生かしていってほしいです。そのためには、出産後に仕事復帰のチャンスを自分で見出すことが大切。育児は大変で、他のことをする余裕のない時期もあるでしょう。でも、気持ちを仕事モードに切り替えられる時が必ずやってきます。私の場合は、長男が下の子の面倒を見てくれるようになったことが復帰のきっかけになりました。早ければよいというわけではなく、自分にとってベストなタイミングを見計らって、仕事を再開してほしい。せっかくの技術職です。続けていくことが、自分を輝かせることにつながるのではないでしょうか。

Salon Data

ex-fa hair origin【エクファ ヘア オリジン】

アクセス
JR南草津駅から車で5分
創業年
1997年
店舗数
5店舗
設備
5席 ※ex-fa hair origin
スタッフ数
4名 ※ex-fa hair origin
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000120567/

全ての記事の一覧へ