ママのままで美容師に戻れる?復職準備 素朴な疑問Q&A 美容師への復職を思い立ったときに気になるあれこれについて、専門家や先輩ママなどに答えてもらいました!

連載ショートストーリー

  • マーコ

    マーコ

    4年間スタイリストとして活躍し、妊娠を機に退職。現在は専業主婦。31歳。IT企業に勤める夫と、2歳の長女と幸せに暮らしつつ、美容師に戻りたい気持ちが高まってきている。

  • マーコの夫

    マーコの夫

    マーコとは専門学校時代の同級生。元美容師。結婚を機に家族との時間をつくるために転職。IT企業で営業をしており収入はそこそこ。家族が一番大事な「気持ちはイクメン」。

  • マーコの長女

    マーコの長女

    2歳。元美容師夫婦の娘だけあって、キラキラしたものやキレイなものが大好き。ママに髪をかわいくしてもらうのが何よりうれしい。夢はパパのお嫁さんになること。

Question

働くとなると保育園が必須。
待機は覚悟しないとダメ?
入れなかったら働けないの?

カテゴリ:

私たちがアドバイス!

先輩ママ美容師

地域に住んでいる先輩ママなどから情報収集しました

大石暁子さん
Marry’s・京都
2児のママで現在育休中

2児の子育て中で、現在下の子の保育園が決まるまでの待機中です。住んでいる地域が保育園激戦区なので、希望の4月に入れるかどうか自治体からの返事を待っている段階です。
上の子のときもしばらく待機期間があり、入れたのは1歳過ぎてからでした。上の子のときは近所に住んでいる親戚や先輩ママなどに「こうしたらいいよ」などアドバイスをもらいました。入りたい保育園の行事に参加したり、認可保育園に入るには認可外保育園に預けておいた方がいいと聞いたこともありました。それでしばらく長男を認可外保育園に預けたりしましたが、それが認可保育園に入る得点につながったかは実のところはわかりません。自治体によって保育園事情は異なると思いますが、その地域に住んでいる方々から情報を得るといいと思います。

大石さんが勤務するサロンの取り組みをもっと読む

先輩ママ美容師

「就労証明書」のために、家族の力を借りて入園前に働き始めました

MOK大阪梅田店勤務 エリアマネジャー
徳永愛実さん
ブランク2年・大阪

私の住む地域も待機児童が多く、保育園に入るには「就労証明書」が必要と聞いていたので、保育園が決まる前にとりあえず仕事に復帰しました。それができたのは、近くに義弟夫婦が住んでいて、お互いに子どもを預け合うことができたからです。復帰当初は週3日の勤務からスタートさせてもらって、私の勤務日にはうちの子たちを義弟夫婦に預かってもらい、休みの日には甥っ子たちの面倒を私が見ていました。その生活を続けて復帰から8カ月後に、第1希望だった認可保育園に入園できました。
希望の保育園に入れなかったまわりのママ友に聞くと、入園前に仕事を始めていたのは私だけだったので、「就労証明書」の存在は大きかったのかもと思っています。
私のように近くに身内がいれば手を貸してもらったり、そうでない場合は、とりあえず認可外保育園に預ける手もあると思います。復帰後ずっと働きたいと思うなら、できれば認可保育園に入れた方が費用的にも安心なので、入れるための情報収集や努力は必要かもしれませんね。

徳永さんの体験談をもっと読む

先輩ママ美容師

幼稚園でも長時間預かってくれるところはあります

SK Original勤務
鎌倉玲子さん
ブランク7年・岐阜

私は子どもが3人いますが、全員私立の幼稚園に入れました。上の子2人のときは専業主婦だったので、保育園という選択肢を考えていませんでした。けれど、娘たちが通っている幼稚園は通常は9:00〜15:00なのですが、朝は7:30から、夕方は18:00まで延長して預かってくれるのです。夏休みも保育園並にお盆期間以外は預かってくれるため、とても助かっています。なので仕事復帰後に3人目を生んだときも、迷わず同じ幼稚園に入れました。
もし保育園が待機状態などで難しい場合は、こうした私立の幼稚園も視野に入れて、幅広い選択肢で探してみるといいかもしれません。

鎌倉さんの体験談をもっと読む

サロンオーナー

キッズルームを設けているサロンも増えつつあります

LUKE free 
福本貴子さん
ご自身も4年間のブランク歴をもつ1児のママ

私自身が子育てしながら仕事をしてきましたので、ママスタイリストの活躍の場を広げたくて今のサロンをつくりました。保育園不足は全国的な問題なので、仕事に復帰したいと思っている方がすぐに子どもを預けられるとは限りませんよね。保育園が見つかるまでの間は、スタッフが子連れで出社できるようにしたかったのです。
そこで、蒲郡の店舗をオープンするときにキッズルームをつくって、スタッフやお客さまが子連れで来ることができるようにしたのです。ママスタッフが接客中は、他のスタッフが子どもを見ていて、みんなで子育てするいいムードがサロンにできました。うちのようにキッズルームをつくったり、保育士さんのいる託児室を設けているサロンも徐々に全国で増えているようですよ。

福本さんのサロンの取り組みをもっと読む

現在、募集中のサロンを見てみる