調査データの引用や
ご質問について

2017/03/01

美容消費係数

2016年10月~2016年12月 美容消費係数

■美容消費係数

美容の消費は、景気の変動や家計からどのような影響を受けるのでしょうか?
総務省の家計調査から、家計における美容の消費割合を定点的に観測し、ご報告します。

※美容消費係数とは、ホットペッパービューティーアカデミーが独自に算出した『世帯消費における美容消費の割合(総務省 家計調査)』のことを言います。
graph2015_1_3

美容消費内訳【モノ:サービス】
graph2015_10_12_15001

詳細データはこちら

■最新の美容消費係数からわかること(2016年10月~12月期)

①【美容消費係数】前四半期に引き継き過去最高ポイント

前年同時期と比べて、0.02ポイント増、前四半期からは横ばい。前四半期の最高ポイント2.73を継続してマークしました。

②【理美容用品(モノ):理美容サービス(サービス)】

(モノ)  2015年同時期と比べて36円(0.92%)増、前四半期からは344円(9.56%)増と、前年同時期、前四半期共に増加。第3四半期から第4四半期にかけて増加する傾向は例年通りです。

(サービス)前年同時期と比べて、8円(0.28%)増。前四半期から94円(3.36%)増と、例年通りの増加傾向であるものの、モノと比べて増加が少ない結果となりました。

■算出方法

美容消費係数の算出方法
美容消費係数=理美容サービス・用品費用(「理美容サービス*1」と「理美容用品*2」の合計)の消費支出に対する比率(%)
*1 理美容サービスとは!?
入浴・理容・美容に対するサービスに関するもの(理髪代・パーマネント代・カット代・エステなど)

*2 理美容用品とは!?
衛生・理容・美容に対する商品に関するもの
(せっけん・シャンプー・化粧品などの消耗品に加え、ドライヤーやヘアブラシなどの用品も含む)

○出典 総務省「家計調査」(美容消費係数は「家計調査」を元に、独自に計算したもの)

調査データの引用や
ご質問について