美容の未来のために、学びと調査・研究を

美容サロン経営を学ぶならホットペッパービューティーアカデミー

市場規模

出典:美容センサス・人口推計(総務省統計局)

サロン

  • ヘア
  • 理容
  • ネイル
  • エステ
  • リラク
  • アイ
ヘア

コロナ禍で大きく減少した前年から、2022年は前年比104.1%に。男女の客単価が増加し、特に女性は若年層(15~19歳、20代)の「ブリーチ」「インナーカラー」など高単価なカラーによる単価アップの影響が大きそう。店販も好調。

理容

市場は緩やかに減少傾向が続く。利用率(過去1年以内のサロン利用者の割合)減少の影響が大きい。年代別には、40代のサロン利用率が4年間で10ポイント以上減少(54.5%→41.0%)していることが影響か。

ネイル

2022年は前年比96.5%。コロナ禍では、結婚式等での「イベントづかい」が減り、利用率(過去1年以内のサロン利用者の割合)が減少傾向にある。
その結果、ロイヤルユーザーの比率が高まり、平均客単価は上昇している。

エステティック

2021年に大きく落ち込んだが、2022年は前年比106.2%に。マーケットで最も大きいのは「脱毛」(1,790億円)次に「フェイシャル」(1,338億円)、「ボディ/痩身」(843億円)が続く。
男性マーケットが伸びており、「脱毛」は2016年と比べると2022年は2倍以上に伸びている。

リラクゼーション

2022年は前年比97.4%。男女ともに利用率(過去1年以内のサロン利用者の割合)が下がっている。リラクゼーションサロンでは、他の美容サロンと異なり、女性よりも男性のほうがサロンの利用回数(来店頻度)が高いのが特徴的。

アイビューティー

2022年にここ5年で最も高い市場規模に。利用率(過去1年以内のサロン利用者の割合)が高まり、利用者のすそ野が広がっている影響が大きい。
コロナ禍では「マスクから見えるパーツ」として目元の美容に対する重要性が高まっていることもマーケットが成長する理由と考える。

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

  • ※市場規模推計(円)=人口(人)×サロン利用率(%)×1回あたり利用金額平均(円)×年間利用回数平均(回)
  • ※人口データは人口推計(総務省統計局)を使用。年齢(5歳階級),男女別人口及び割合÷総人口(各年10月1日現在)。
    調査年の前年10月1日現在の人口を使用。2022年分は、確定値公表前のため概算値を使用
  • ※15~69歳・男女合計(理容のみ15~69歳・男性合計)

ヘア業界に関連する記事

コスメ

  • 詳細を見る

  • 詳細を見る

  • 詳細を見る

基礎化粧品

基礎化粧品

メイクアップ

メイクアップ

雑貨・ボディケア

雑貨・ボディケア

  • ※市場規模推計(円)=人口(人)×アイテム別利用金額平均(円)×年間購入個数(個)
  • ※人口データは人口推計(総務省統計局)を使用。年齢(5歳階級),男女別人口及び割合÷総人口(各年10月1日現在)。
    調査年の前年10月1日現在の人口を使用。2021年分は、確定値公表前のため概算値を使用
  • ※15~69歳・男女合計
  • ※掲載している金額は小数第一位を四捨五入しているため、各アイテムの計が合計と一致しない場合があります。

閉じる

業界データ

(美容・理容・その他美容サービス)

施設数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

新規開店数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

理美容師数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

新規免許登録人数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

平均年齢

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

平均勤続年数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

平均給与

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

専門学校数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

専門学校生徒数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

専門学校入学志願者数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

※「企業規模(10~99人)」のデータを掲載

※その他美容は「美容師以外の美容サービス業」が集計対象

※「企業規模(10~99人)」のデータを掲載

※その他美容は「美容師以外の美容サービス業」が集計対象

※「企業規模(10~99人)」のデータを掲載

※所得税、社会保険料などを控除する前の月収。
基本給のほか、職務手当、精皆勤手当、通勤手当、家族手当などが含まれる
(調査項目の「きまって支給する現金給与額」が該当)

※その他美容は「美容師以外の美容サービス業」が集計対象

美容トレンドデータ

美容には毎月いくら使っている?
総務省の「家計調査」から、毎月の美容アイテムの消費動向をお伝えします。

理美容サービス

  • 理美容
    サービス 計
  • カット代
  • パーマ
    ネント代

※値は、各世帯ごとの平均(利用者ではない人も母数に含みます)

  • 金額
  • 前年同月比

202283,086

前月比-110

前年比300+10.8

  • 金額
  • 前年同月比

20228558

前月比-16

前年比50+9.8

  • 金額
  • 前年同月比

20228156

前月比-71

前年比-18-10.3

  • ※総務省「家計調査」の「品目分類」をもとに、ホットペッパービューティーアカデミー作成
  • ※2人以上世帯の月別消費

POINT

前年比300円増の3,086円で、6月以降2カ月連続で前年比増が続いている。行動規制がなくなったことでサロン消費の弾みになっていると考えられる。

理美容用品

  • 理美容
    用品 計
  • 基礎
    化粧品
  • ファンデーション
  • 口紅

※値は、各世帯ごとの平均(利用者ではない人も母数に含みます)

  • 金額
  • 前年同月比

202284,796

前月比-192

前年比259+5.7

  • 金額
  • 前年同月比

20228834

前月比29

前年比108+14.9

  • 金額
  • 前年同月比

20228139

前月比-35

前年比-16-10.3

  • 金額
  • 前年同月比

2022837

前月比4

前年比-1-2.6

  • ※総務省「家計調査」の「品目分類」をもとに、ホットペッパービューティーアカデミー作成
  • ※2人以上世帯の月別消費
  • ※【理美容用品】基礎化粧品は、「化粧クリーム」「化粧水」「乳液」の合計

POINT

前年比259円増の4,796円で、4月以降4カ月連続で前年比増が続いている。今月は基礎化粧品の前年からの伸びが大きく、行動規制がなくなったことで日焼け止め等の消費がのびている可能性も。

調査カテゴリ

ホットペッパービューティーアカデミーに
会員登録をして、
美容サロン経営に役立つ動画
を見よう!