Search

美容業界調査・研究・アンケート

半年に1回実施しているサロンの利用実態調査「美容センサス」をはじめ、
様々な調査・分析、そこから見えた業界の兆しを発信しています。

2014/12/17

2014年下期

美容センサス2014年下期トピックス

ビューティ総研では2014年12月4日に、美容センサス2014年下期を発表いたしました。

ハロウィン、同窓会にママ会も!?イベントに合わせた「きっかけ使い」

お客さまのサロン利用は減少しているものの、イベントに合わせてサロンに行く「きっかけ使い」が活発になっていることが垣間見えました。サロンでも様々なイベントを取り入れたキャンペーンなどの発信ができそうです。

オトナ女子が牽引!「ご褒美使い」

利用頻度が減っているにも関わらず、一部ジャンルでは1回あたりの単価が増加しました。
これはオトナ女性が「ご褒美使い」を牽引していったのが要因のよう。日頃がんばっているオトナ女性に「料金UPの言い訳」を作ってあげることで消費へのハードルが下がるでしょう。

もはやジョーシキ!スマホでサロン予約

スマホ保有率を年代別にみてみると、10、20代は7割、30、40代は約半数という数字に。
スマホ予約は今後あらゆる年代でスタンダードになっていくことが予想されます。

まとめレポートはこちら

↓美容センサス2014年下期 発表資料はこちら↓

【美容室編】 【エステサロン編】 【ネイルサロン編】 【アイビューティー編】 【リラクゼーションサロン編】

調査データの引用やご質問について

掲載しているデータや情報にかかる、著作権などの一切の権利は、株式会社リクルートに帰属します。引用をご希望の場合は以下をご覧ください。

メディアの方
  • ここでの「メディア」は、一般メディア/業界誌を指しています。オウンドメディアの方は「それ以外の方」へのご案内をご確認ください。
それ以外の方
  • これらのデータや情報を表示、複製、掲載、印刷など自由に利用することができますが、数字や調査項目名、調査の質問文言など、掲載されている、一切の情報そのものを改変することは認められません。
  • 出典として【株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー】を必ず明記いただく必要があります。