美容の未来のために、学びと調査・研究を

美容サロン経営を学ぶならホットペッパービューティーアカデミー

メイクに使う1カ月あたりの費用が女性を上回る!

男女のメイクに使う1カ月あたりの費用を見ると、15歳~40代までの年代すべてで、男性が女性を上回っているのです!

もっとも高いのは20代男性の5,692円!20代女性と比べると、1.6倍にも。メイクをする男性の美容投資の高さには驚きですね!

もちろん女性に比べると、男性のメイクアイテム購入率はまだ低いです。このため購入が美容意識の高い男性に集中しているため金額も上振れすると考えられます。

男性のメイクアイテムは「ジェンダーレス」な利用が5割!

最後に男性のメイクアイテム「男性用」を使うのか?「女性用」を使っているのか?という質問です。

基礎化粧品については、「男性用」の利用が約7割。コンビニやドラッグストアでも「メンズ用」という表示のある洗顔料や化粧水を見ることはもはや当たり前になってきています。

一方で、メイクアイテムは「男性用」は5割で、「女性用」「(女性用と男性用の)両方」を使うといった「ジェンダーレス」な利用が残りの5割を占めています。

メイクアイテムはまだ男性用に特化したものが少ない、と言った背景もありそうですが、肌質などをそれほど考慮しなくても良い点もあるでしょう。流行の韓流メイクのような「印象的な目元」使いには女性用のメイクアイテムにも使える色味が多そうです。

Z世代の男性では「彼女とシェア」といった使い方も。特にZ世代は学校教育でもSDGsの授業を受けており、「ジェンダーレス」の意識も高いのも影響しているのでしょう。

EDITORIAL NOTE

メンズメイクはコロナ禍も注目を集めています。新たにメンズのメイクアップラインをスタートする企業も。
関連記事:「バルクオム」メンズ向けメイクアップラインをスタート

新しいプレイヤーも増えることで、よりマーケットが盛り上がりそうです。若年層がメイクを「身だしなみの一部」として自然に取り入れる日も近そうです。

————————————————————————————————————————–

動画でも解説!3分でメンズメイクのポイントが分かる

1 2

文責

  • 田中公子

    田中公子(たなかきみこ)

    ホットペッパービューティーアカデミー研究員

    前職は経営コンサルティングファームでIT業界の業務改善に携わる。リクルート入社後、ホットペッパービューティーの事業企画を経て、2012年から現職。

    調査研究員として、「美容センサス」をはじめとした美容サロン利用調査や、美容消費の兆しを発信。セミナー講演、業界誌・一般誌・テレビなど取材多数。

    ◎共著
    『美容師が知っておきたい50の数字』『美容師が知っておきたい54の真実』(女性モード社)、『データで見るエステティックの今とこれから』(フレグランスジャーナル社)

研究員コラム一覧へ

調査カテゴリ

ホットペッパービューティーアカデミーに
会員登録をして、
美容サロン経営に役立つ動画
を見よう!