美容の未来のために、学びと調査・研究を

美容サロン経営を学ぶならホットペッパービューティーアカデミー

市場規模(業界別売上調査)

出典:美容センサス・人口推計(総務省統計局)

美容業界全体利用率はコロナ禍で大きく変動しており、各業界ごとの売上規模も様々な変動をしています。
カテゴリーごとの変動をリサーチしておりますので市場把握にぜひご利用ください。

サロン

  • ヘア
  • 理容
  • ネイル
  • エステ
  • リラク
  • アイ
ヘア

ヘア

1兆3,558億円

前年比0.8%

市場規模は0.8%と微増し、男性は1.1%増加。女性は0.7%の微増。男性は利用率(過去1年以内のサロン利用者の割合)や客単価の上昇により、前年からマーケットが拡大。パーマメニューの利用が上昇するなどメニューの多様化が進んでいる。

理容

理容

2,756億円

前年比-0.4%

市場は緩やかな減少傾向が続く。利用率(過去1年以内のサロン利用者の割合)は前年で底を打ったものの、客単価が過去4年で最も低い。

ネイル

ネイル

1,195億円

前年比6.9%

2020年以降減少していた市場規模が回復へ。女性の市場規模が増加。利用金額の増加や、サロンの来店頻度も高頻度層のシェアが増加。また規模は小さいながらも、男性は利用率(過去1年以内のサロン利用者の割合)の増加によって、市場規模が前年の1.5倍以上に増加。

エステ

エステ

3,384億円

前年比-14.8%

市場規模は大きく減少。女性の利用率(過去1年以内のサロン利用者の割合)、年間利用回数、客単価の減少が原因と考える。一方で、男性の市場規模は増加。フェイシャル、ボディ/痩身、脱毛それぞれ利用率が増加し、脱毛は客単価も上昇。男性のマーケットは前年から8.2%増加。脱毛では施術部位が「髭脱毛」以外に「ワキ」や「VIO」にも広がっている。

リラクゼーション

リラク

3,352億円

前年比2.9%

コロナ禍で大きく市場規模が減少していたが、2023年は2.9%増加。男性の市場規模の増加が影響。男性の利用率(過去1年以内のサロン利用者の割合)が「着衣の施術」・「脱衣の施術」とも上昇し、客単価もそれぞれ上昇した影響が大きい。

アイビューティー

アイ

915億円

前年比-2.9%

市場規模は前年から減少。女性の客単価や来店回数は増加するも、利用率(過去1年以内のサロン利用者の割合)が微減した影響で市場規模が減少。サロンでの「アイブロウ ・眉カット 」 の割合が増加している。

  • 全体
  • 女性
  • 男性

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

  • ◆市場規模推計(円)=人口(人)※1×サロン利用率(%)※2×1回あたり利用金額平均(円)※3×年間利用回数平均(回)※4
    ※1 人口データは人口推計(総務省統計局)を使用。年齢(5歳階級),男女別人口及び割合÷総人口(各年10月1日現在)。
  • 調査年の前年10月1日現在の人口を使用。2023年分は、確定値公表前のため概算値を使用
  • ※2~※4 ホットペッパービューティーアカデミー「美容センサス2023年上期」より各ジャンルごとの数値を使用
  • ◆15~69歳・男女合計(理容のみ15~69歳・男性合計)

ヘア業界に関連する記事

コスメ

  • 基礎化粧品
  • メイクアップ
  • 雑貨・ボディケア

基礎化粧品

1兆9,748億円

前年比3.3%

2022年以降、2年連続で増加し、1兆9,748億円(前年比3.3%増)。女性の市場規模は1兆5,193億円で、前年からほぼ横ばい、男性は4,554億円で前年比15.4%増。女性に比べると男性の基礎化粧品のマーケットサイズは3分の1弱だが、ほぼどのアイテムの市場規模も前年から2桁成長しており、市場の成長がうかがわれる。

メイクアップ

1兆596億円

前年比11.1%

2022年以降、2年連続で増加し、1兆596億円(前年比11.1%増)。女性の市場規模は7,763億円(前年比7.8%増)、男性は2,833億円(前年比21.5%増)。前年から最も市場規模が伸びたアイテムは、女性は「口紅・グロス」(前年差+91.7億円)、男性は「マスカラ」(前年差+96.5億円)。

雑貨・ボディケア

6,543億円

前年比18.4%

2022年以降、2年連続で増加し、前年比18.4%増。女性の市場規模は、前年比16.8%増、男性は20.4%増と男女とも2桁成長。前年から最も市場規模が伸びたアイテムは、男女とも「フレグランス」(女性:前年差+202.7億円、男性:前年差+123.8億円)。

  • 全体
  • 女性
  • 男性
  • アイテム別のデータを見る
  • アイテム別のデータを見る
  • アイテム別のデータを見る

基礎化粧品

基礎化粧品

メイクアップ

メイクアップ

雑貨・ボディケア

雑貨・ボディケア

  • ◆市場規模推計(円)=人口(人)※1×年間アイテム購入個数(%)※2×アイテム平均購入金額(円)※3
  • ※1 人口データは人口推計(総務省統計局)を使用。年齢(5歳階級)、男女別人口及び割合÷総人口(各年10月1日現在)。
  • 調査年の前年10月1日現在の人口を使用。2022年分は、確定値公表前のため概算値を使用>
  • ※2~※3 ホットペッパービューティーアカデミー「美容センサス2022年下期<美容意識・購買行動編>」
  • ◆15~69歳・男女合計

業界データ(美容・理容・その他美容サービス)

施設数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

新規開店数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

理美容師数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

新規免許登録人数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

平均年齢

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

平均勤続年数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

平均給与

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

専門学校数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

専門学校生徒数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

専門学校入学志願者数

グラフにタッチすると詳細な数字が見られます

※「企業規模(10~99人)」のデータを掲載

※その他美容は「美容師以外の美容サービス業」が集計対象

※「企業規模(10~99人)」のデータを掲載

※その他美容は「美容師以外の美容サービス業」が集計対象

※「企業規模(10~99人)」のデータを掲載

※所得税、社会保険料などを控除する前の月収。
基本給のほか、職務手当、精皆勤手当、通勤手当、家族手当などが含まれる
(調査項目の「きまって支給する現金給与額」が該当)

※その他美容は「美容師以外の美容サービス業」が集計対象

MOTサイクル(リピートを決める瞬間)

  • ヘア
  • 理容
  • ネイル
  • エステ
    • フェイシャル
    • ボディ/痩身
    • 脱毛
  • リラク
  • アイ
  • 女性
  • 男性
  • ※サロンを知る…サロンの情報をネットなどで事前に調べる

リンクをコピー

POINT

「コンビニの数よりも多い」美容室は、競争環境が激しくリピート客を増やすことが経営安定のカギになります。施術の良しあしは、リピートを決める重要な要素です。しかし、それ以外にもスタッフと接するさまざまな場面において、顧客が「満足」や「不満」を感じるポイントはたくさん存在し、施術が良いからといって必ずしもリピートに結びつくわけではありません。
リピートのポイントは、男女ともボリュームが大きいのが「仕上がり確認」「施術」「カウンセリング」です。さらに男性は、来店前の場面(「予約」、「サロンを知る」)の比重も高く、男性に向けては来店前の情報発信が重要であることが分かります。

  • 男性
  • ※理容室を知る…理容室の情報をネットなどで事前に調べる

リンクをコピー
  • 女性
  • 男性
  • ※サロンを知る…サロンの情報をネットなどで事前に調べる

リンクをコピー
  • 女性
  • 男性
  • ※サロンを知る…サロンの情報をネットなどで事前に調べる

リンクをコピー
  • 女性
  • 男性
  • ※サロンを知る…サロンの情報をネットなどで事前に調べる

リンクをコピー
  • 女性
  • 男性
  • ※サロンを知る…サロンの情報をネットなどで事前に調べる

リンクをコピー
  • 女性
  • 男性
  • ※サロンを知る…サロンの情報をネットなどで事前に調べる

リンクをコピー
  • 女性
  • 男性
  • ※サロンを知る…サロンの情報をネットなどで事前に調べる

リンクをコピー
  • 女性
  • 男性
  • ※サロンを知る…サロンの情報をネットなどで事前に調べる

リンクをコピー

美容トレンドデータ

美容には毎月いくら使っている?
総務省の「家計調査」から、毎月の美容アイテムの消費動向をお伝えします。

理美容サービス

  • 理美容
    サービス 計
  • カット代
  • パーマ
    ネント代

※値は、各世帯ごとの平均(利用者ではない人も母数に含みます)

  • 金額
  • 前年同月比

202433,485

前月比233

前年比187+5.7

  • 金額
  • 前年同月比

20243635

前月比59

前年比19+3.1

  • 金額
  • 前年同月比

20243209

前月比12

前年比-3-1.4

  • ※総務省「家計調査」の「品目分類」をもとに、ホットペッパービューティーアカデミー作成
  • ※ふたり以上世帯の月別消費

POINT

3月も前年増が続き、8月以降、8か月連続で前年増。カット代は前年から19円増加。カット代以外にも、カラー・トリートメントなどの付加価値サービスやエステティックなどによる消費額増の影響が考えられる。

理美容用品

  • 理美容
    用品 計
  • 基礎
    化粧品
  • ファンデーション
  • 口紅

※値は、各世帯ごとの平均(利用者ではない人も母数に含みます)

  • 金額
  • 前年同月比

202435,146

前月比426

前年比402+8.5

  • 金額
  • 前年同月比

20243933

前月比86

前年比43+4.8

  • 金額
  • 前年同月比

20243205

前月比26

前年比10+5.1

  • 金額
  • 前年同月比

2024384

前月比28

前年比14+20

  • ※総務省「家計調査」の「品目分類」をもとに、ホットペッパービューティーアカデミー作成
  • ※ふたり以上世帯の月別消費
  • ※【理美容用品】基礎化粧品は、「化粧クリーム」「化粧水」「乳液」の合計

POINT

前年増が6月以降続いている。3月も前月に次いで、前年からの伸び幅が大きい(前年比8.5%増)。品目別には特に口紅の伸び率が大きい。

調査カテゴリ

ホットペッパービューティーアカデミーに
会員登録をして、
美容サロン経営に役立つ動画
を見よう!