女性が活躍するサロン100

女性スタッフが辞めない
サロンの秘訣

結婚・出産を経ても女性スタッフが長く活躍している、さまざまなサロンの取り組みや職場づくりを、100サロン紹介していきます。

vol.32短時間勤務でも稼げる、急な休みに対応・・・
「ママの幸せ」を応援する店舗経営とは?

CUORE 【クオーレ】

神戸市中央区

2008年のオープン以来、神戸・元町でトレンドを発信し続ける「CUORE」。「かわいい!」が叶うアットホームなプライベートサロンとして人気を集め、現在はグループ店舗「felice」、「LIRA by CUORE」が増え、元町に3店舗を展開しています。笑顔で働くスタッフの中には、姉妹のママスタイリストも。「心からの幸せと豊かさをみんなで掴む」という経営理念を大切にしているオーナー中村さんに、女性に働き続けてもらうための取り組みと掛ける想いを伺いました。

1取り組み

プレッシャーは厳禁! 育休期間はフレキシブルに対応。

どんな取り組み?

 産休・育休は基本的には法定通りで、育休は1年間、保育園に入園できない場合などは1年半まで延長できる。だが、スタッフが少ない店舗の場合、「1年間休んでいい」と言っても、スタッフ本人が「はやく復帰しないと」と思いがちなもの。そんなプレッシャーを感じることなく育休を取得できるように、家庭の事情や本人の希望を重視するよう伝えている。

取り組みの背景は?

 自身も3児の父であり、「子供が生まれてはじめて自分がどう子育てをしたいか、どんなライフスタイルで過ごしたいのかが分かった」というオーナー。自身の経験から、スタッフの気持ちを大事にしたいと考えてはじめた取り組みだ。
 現在、産休・育休を取得したスタッフは2名。1名は出産後10カ月で復帰。もう1名は第1子、第2子と続いたため、約3年後に復帰している。「柔軟に対応ができる」と伝えることが、復帰へのハードルを下げ、ママスタッフの活躍へとつながっている。

約3年間の産休・育休を経て復帰した寺岡恵子さん。2児を持つママスタイリストとして「CUORE」で活躍中

約3年間の産休・育休を経て復帰した寺岡恵子さん。2児を持つママスタイリストとして「CUORE」で活躍中

グループ店舗「felice」で働くママスタイリスト寺岡ひとみさんは、「CUORE」の寺岡さんのお姉さん。平日3日と土曜日の週4日、時短勤務でがんばっている

グループ店舗「felice」で働くママスタイリスト寺岡ひとみさんは、「CUORE」の寺岡さんのお姉さん。平日3日と土曜日の週4日、時短勤務でがんばっている

2取り組み

パートの場合は指名売上額に応じ、歩合率をアップ。
短時間勤務でも稼げるシステムに。

どんな制度?

 育休後に復帰する際は、スタッフ本人の希望により、正社員とパートの2つから雇用形態を選べる。パートを選んだ場合は時給制となるが、指名による売上が一定の金額を超えると、社員と同様に歩合をプラス。指名売上の金額が上がると、歩合率も上がっていくため、成果に応じて月収が上がっていく仕組みになっている。

目的は?

 美容師は短時間でも、お客さまの指名でその時間が埋まればしっかりと稼げる職業。時給だけでなく、指名売上額に応じて歩合を上げていくことで、短時間で稼ぐことができる給与システムをつくっている。現在、短時間勤務でも社員と同等の保障が得られる「準社員制度」を準備中。短い時間でもがんばっているスタッフを応援する取り組みが進められている。

3取り組み

事前の準備で、ママスタッフの急な休みに対応。
「仲間の幸せ」への思いを共有し、協力できる店づくりを。

どんな取り組み?

 ママスタッフにとって、子どもの熱などによる急な欠勤は避けられないもの。その場合に備え、ママスタッフが担当しているお客さまと連絡が取れるように、自宅の電話番号ではなく日中に繋がる携帯電話番号を聞くなど、連絡先の確認をしている。そのため、急な欠勤でもほかのスタッフがお客さまにスムーズに連絡を取ることが可能。日程変更や代わりの担当スタイリストの提案などを行い、フォローすることができる。

スタッフの理解を得るためには?

 同サロンの経営理念には、「お客さまの幸せと同じく、仲間の幸せも大事にすること」が掲げられている。日頃から「心からの幸せと豊かさをみんなでつかむ」、「仲間の幸せを考え、お客さまを幸せにする」といった理念をスタッフと共有。オーナー自らも実践することが、スタッフの理解へとつながっている。

経営理念をメモしていつも持ち歩いているというオーナー。自分の言動がずれていないか、日々チェックしている

経営理念をメモしていつも持ち歩いているというオーナー。自分の言動がずれていないか、日々チェックしている

オーナーインタビュー

オーナー中村宗明(としひろ)さん。大阪など複数のサロンを経て、2008年に独立。現在は元町に3店舗を経営しながら、トップスタイリストとしても活躍中

Q. ママスタッフのための制度を考え始めたきっかけは?

A. 女性美容師と働く中で、がんばっている彼女たちが楽しく働き続けられる環境をつくりたいと思ったんです。

 以前働いていたサロンの同僚で、とにかくどんなときも返事や挨拶を元気にしてくれる女性美容師がいたんです。彼女は「CUORE」のオープンニングから参加してもらって、今でも働いてくれていますが、美容師として「一緒に働きたい」と思える人でした。「いつかは結婚したい」と言う彼女と話すうちに、「女性が結婚や出産をしても、美容師を続けられる環境をつくりたい」と思うようになったんです。
 美容師という職業の良い点は、男女平等なこと。男女問わず、自分がやった分だけ結果が出せる仕事だと思っています。一方で、美容師は数字の世界。男性と比べ、産休や育休で休まなくてはいけない女性は、どうしても不利な点が出てしまいます。そう考えたときに、そのマイナスをフォローできるようなシステムをつくりたいと思ったんです。

Q. 中村さんが目指すサロンの姿は?

A. 一生懸命にがんばる姿を応援できる店に。労働環境の整備なくしては目指せません。

 美容師の仕事は勤務時間が長いなど、他の仕事と比べると大変な面もありますが、がんばり次第で結果を出せる仕事。それは美容師の魅力のひとつですが、お店としては売上だけでなく、レッスンや片付け、掃除などをきちんとする人を評価したい。技術だけでなく、人としての成長も大切にしたいと思っています。
 目指すのは、「このお店にいて良かった」とスタッフが思えるようなサロン。ときに厳しいことを言うこともありますが、スタッフが成長できることが大事だと思っています。そのためにも、社会保険や勤務形態、給与システムなどの整備を進めて、しっかりと応援できる体制をつくっていきます。

Salon Data

CUORE 【クオーレ】

アクセス
JR元町駅東口より徒歩1分
創業年
2008年
店舗数
3店舗
設備
5席 ※CUORE
スタッフ数
6名(うちスタイリスト3名、アシスタント3名)※CUORE
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000097940/

全ての記事の一覧へ