JONIOR TOKYO 2 2018.10.02 TUE @SHIBUYA TSUTAYA O-EAST EVENT REPORT
JONIOR TOKYO 2 2018.10.02 TUE @SHIBUYA TSUTAYA O-EAST EVENT REPORT

アシスタントによるヘアショー
JUNIOR TOKYO 2 」開催!

昨年、好評を博した理美容師のアシスタントたちによるヘアショー「JUNIOR TOKYO」が今年も開催されました。
東京・渋谷で開催したこのヘアショーは、次代の美容業界を担う理美容師に夢とチャレンジを与えることが目的。
今回は前回よりも多い12ブランドのトップサロンから若き精鋭が参加し、2部制で行われました。
1部・2部合計で1600名超の観客を魅了した、イベントの様子をご紹介します!

各サロン10分間ほどの持ち時間を使って、
それぞれのテーマに沿ったショーを展開。
まずは6組のサロンによる第1部が
歓声とともにスタート!

No.01 Ash テーマ「カガクハンノウ」
No.01 Ash テーマ「カガクハンノウ」

触覚のようなエクステンションや異星人風のメイクなど自由な発想

No.02 HEAVENS テーマ「THE CORE」
No.02 HEAVENS テーマ「THE CORE」

演出を抑え淡々としつつも、気づけば登場時とヘアスタイルが大きく変化

No.03 Twiggy テーマ「光と影」
No.03 Twiggy テーマ「光と影」

幕に映るダンサーのシルエットと舞台上のモデル。光と影がいつしか混ざり合う

No.04 LIM テーマ「reflect」
No.04 LIM テーマ「reflect」

黒いウィッグを外して金髪をスタイリング。完成したら黒い衣装を脱ぎ捨て、真っ白な姿に

No.05 HONDA PREMIER HAIR テーマ「The BlitZ Kids」
No.05 HONDA PREMIER HAIR テーマ「The BlitZ Kids」

モンロー風のセクシーな女性と道化師が狂言回しを務め、多彩な人が入り乱れる混沌とした世界

No.06 DaB テーマ「Mixture Punk」
No.06 DaB テーマ「Mixture Punk」

照明の暗転・点灯とともにモデルが移動し、5人の技術者の様子がまんべんなく楽しめる構成

第1部終了後、1時間の幕間を挟んで
第2部が開幕!
観客入れ替え制・全席スタンディング形式でしたが第1部・2部ともに会場は来場者で埋め尽くされました。

No.07 MINX テーマ「TOKYO BABY GIRL GRUNGE」
No.07 MINX テーマ「TOKYO BABY GIRL GRUNGE」

女の子たちが街角で撮影される様子を観客がのぞき見しているような演出

No.08 DADA CuBiC テーマ「OK,Coogle」
No.08 DADA CuBiC テーマ「OK,Coogle」

「デザインのヒントはサロンワークにある」などのメッセージを背景に9人のモデルをスタイリング

No.09 KENJÉ テーマ「OVER LAP」
No.09 KENJÉ テーマ「OVER LAP」

モデルも技術者も音楽にノリノリ。舞台上でインスタライブの自撮りも

No.10 ABBEY テーマ「ABBEY」
No.10 ABBEY テーマ「ABBEY」

しゃぼん玉やラメの紙吹雪が舞う華やかな舞台。最後はモデルと技術者が一緒にウオーキング

No.11 TONI&GUY テーマ「ICONIC」
No.11 TONI&GUY テーマ「ICONIC」

テイストもさまざまなヘアはもちろん衣装にも凝っていてファッショナブル

No.12 uka テーマ「ボブ・カーリー」
No.12 uka テーマ「ボブ・カーリー」

ボブマーリーの曲とともに始まり、ストレート「ボブ」にカット。
ムースをつけた頭をシェイク…すると「カーリー」ヘアに!

Finale

計12組によるショーが
興奮冷めやらぬまま閉幕

アシスタント理美容師が情熱を注ぎ、日ごろの鍛錬の成果を短い持ち時間内にぎゅぎゅっとつめたショータイム。
サロンごとに違った個性が感じられ、いずれもこれからの活躍に期待が高まるクオリティでした。
昨年よりも参加サロンが増え、時間も拡大して2部制で開催された「JUNIOR TOKYO 2」は
早くも次回の開催が楽しみになるような、大成功のうちに幕を閉じました。

編集・取材・文/大西智与 撮影/久保田敦