EVENT REPORT for MAMA stylists
EVENT REPORT for MAMA stylists

元美容師ママの背中を押す
再スタートへのステージ。

子育てママを応援するイベント
「ハッピーママフェスタ名古屋2018(以下、『ハピママ』」が、
ナゴヤドームで開催されました。

そこで無料ヘアアレンジサービスを提供したのが、
ホットペッパービューティーアカデミーが協賛する
『国際総合ビューティスト協会(以下、IBA)』と元美容師ママたち。

ブランクを越えて仕事復帰を目指すママ美容師の活躍とその想いをレポートします。

01

ママ美容師たちがつくる
素敵スタイルに大満足!

IBA「ハピママビューティーサロン」は、来場者に無料でヘアアレンジをする毎年人気のブース。オープンと同時に大勢の親子連れが集まり、一時は2時間半待ちの行列ができたほど。アレンジを担当するのは、お休み中や現役のママ美容師たち。さすがの手さばきで次々とおしゃれなヘアスタイルをつくりあげていました。

  • ブースは親子連れでいっぱいに。期間中は1日200〜250名ものお客さまがあるそう

  • ママ美容師さんのやさしい対応に子どもたちもリラックス。変身する自分の姿にワクワクです

  • 親子でお揃いアレンジをしてもらって幸せそう!笑顔で記念写真をパチリ

02

国際総合ビューティスト協会(IBA)とは?

IBAは、「美容師の一生を支える」をビジョンとして設立された一般社団法人。
美容師の発掘から育成という観点で、さまざまなキャリアや年齢に応じたサポート活動を行っています。
国際総合ビューティスト協会 代表理事 日比谷美奈子さん

「復職を希望するママ美容師のために技術指導やセミナー、ママ同士の情報交換会などを実施。スタイリスト経験のあるママ美容師が、ブランクを経ても休職前と変わらず価値ある形で戻れるようサポート。選択肢を広げることを目的に活動しています。」

03

お休み中の美容師が、
一歩を踏み出す後押しに。

IBAが毎回「ハピママ」に参加する目的は、ママ美容師が活躍する姿を通じて協会の活動を広く知ってもらうこと。ブースには、IBAの復帰支援を説明するパネルが展示され、相談窓口も開設されています。「昨日は『休職2年で今すぐ現場に戻りたい』『アシスタントで辞めたが復職は可能か』『子どもを預けて働けるサロンを探している』などの内容で相談に来られた方もいました」と代表理事の日比谷美奈子さん。

また、ヘアアレンジを担当する元美容師ママにとっても、このイベントは新たな一歩を踏み出すきっかけになるといいます。「最初は、ブランクがある私でもできますか?と言ってきた人も、この活動で輝きを取り戻しています。家族が見に来て『ママは素敵な仕事をしていたんだね!』と言われることも、自信になるようですね」(日比谷さん)。

  • ブースには、IBAが運営するママ美容師のコミュニティ「ママスタ®」の活動内容を展示。今までにありそうでなかった、ママ美容師の復職をワンストップでサポートするこの取り組みは、ビジネスモデル特許を出願中

  • 「ママ美容師相談窓口」では、復帰に関する疑問や悩みにスタッフが答えていました

美容業界全体でママ美容師の復帰を歓迎!

ハピママビューティーサロンには、ホットペッパービューティーアカデミーやママ美容師歓迎の地元サロンの他に、大手のメーカー、ディーラーといった美容業界のさまざまな企業が協賛。業界全体で元美容師ママたちの復帰を応援しています。

協賛企業 タカラベルモント株式会社 
理美容事業部 安田忠司さん

私の妻も美容師で、子育てが一段落してパートで働いています。
ブランクが長く最初は不安そうでしたが、一生懸命練習して復帰できました。みなさんも怖がらずにスタートしてください!

04

夢に向かって輝くママを
インタビュー。

この日ヘアアレンジを担当したママ美容師は計8名。その多くはIBAが運営するコミュニティに参加しながら、仕事への復帰を目指している人たちです。それぞれの未来に向かって歩き出した3名の方にお話をうかがいました。結婚や出産によるブランクがあっても美容への情熱を持ち、自分らしく輝き続けようとするみなさんはとてもイキイキとしていました。


伊藤美穂さん

「3年前に出産退職して、今は2人の子育て中。新聞で『ハピママ』のスタッフ募集を知り、希望して去年から参加しています。久しぶりの接客はたくさんのお客さまとお話しできて本当に楽しかった!以前のサロンワークを思い出し、美容師に戻りたい気持ちが強くなりました。春からは一旦違う仕事に就き、働きながら託児付きのサロンを探していくつもりです。ここに来るまで、ブランクのある自分が美容師に戻れるとは思っていなかったので、こんなに早く復職を目指すこともなかったと思います」


桧山恵里子さん

「育児中も美容業界と繋がるために、髪飾りの製作や撮影のヘアセットを少しずつ続けてきました。このイベントもそれがきっかけで参加。最初は『私にできるかな』と不安もありましたが、場数をこなすことで自信が付き、励みになりました。近い将来、家を建てて自宅にサロンが持てることになったので、美容師への本格復帰を目指して出張美容専門の会社に入りました。子どもがまだ小さいため休みも多いですが、理解がある職場なので楽しく働けています」


近藤あゆ美さん

「6年前にアシスタントで結婚退職して、しばらく専業主婦に。昨年に元先輩美容師に誘われて、夜のヘアセットサロンと土日の結婚式場で働き始めました。子どもがまだ小さいので最初は家族に反対されましたが、今は応援してくれています。特に結婚式場ではお客さま層に近い年齢の私が重宝されているのを感じ、ブランクがあっても活躍できるという自信が湧いてきました。将来はまたサロンで働きたいので、アシスタントからもう一度学べる環境を探して頑張ります」

「ハピママ」は名古屋のほかに川崎、札幌でも開催されており、いずれのイベントでもIBAはヘアアレンジブースを出しています。アレンジを担当するママ美容師も募集中。美容師の仕事をお休みしている人、少しでも復帰を考えている人は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

編集・取材・文/鈴木恵美子、撮影/鈴木暁彦

※掲載されている情報は2018年2月24日現在のものです