美容の未来のために、学びと調査・研究を

美容サロン経営を学ぶならホットペッパービューティーアカデミー

アカデミー活用サロン

成長しているサロンが
始めたこと

サロン課題に応じたラインナップをそろえた、ホットペッパービューティーアカデミーのセミナー。
受講後、課題解決に向けた取り組みを始めたサロンの事例をご紹介します。

vol.19BEAUTY LINE 横浜店(神奈川県横浜市)

目標設定&振り返りを毎月繰り返すことで
スタッフが着実にレベルアップ!

2017年10月にオープンした「BEAUTY LINE 横浜店」は、ネイルとまつげエクステのメニューを用意した美容サロン。20代を中心にした女性スタッフがはつらつと働き、「雰囲気、居心地がいい」という口コミが多数寄せられています。お客さまの心をがっちりつかむ接客は、教育の成果といえるでしょう。どんな取り組みをしているのか、うかがってみました。

当初のサロンのお悩み

「スタッフを育てる」ってどうすればいいの…?
チーフとしてお店を任されるようになった安藤さん。ネイリストとして自分ががんばればよかった立場から、スタッフを監督する役割になってみると戸惑うことがしばしば。どう伝えたらいいのか?自発的に動いてもらうには…?スタッフの育成術について悩んでいた。

始めた取り組み

その1目標を定めたらスタッフの意識・行動が変化!

どんな取り組みを始めたのでしょう。
以前は気になることがあったときに行っていた個人面談を、月1回の定例にしました。面談では悩みやがんばりたいことなどを話し合い、毎月の個人目標を決めます。そして翌月は前回決めた目標の進捗状況を振り返り、今後どうしていくかを決めるという流れです。
取り組みを始めて、変化は感じますか?
明確な目標を定めたところ、スタッフたちは自分がやるべきことを意識するように。日々の考え方や行動も、目標に応じたものへと変わりました。そして一つの目標をクリアしたら新たな目標を立てて進むので、どんどん目標が高くなり、スタッフがレベルアップしていると感じます。
スタッフの方の反応はいかがでしょう。
以前は定期面談がなかったので、ちょっとした悩みならばわざわざ相談しないままにしていたと思います。でもいまは少なくとも月1回は話し合う機会があるので、スタッフが悩みや疑問を抱え込まずに伝えてくれるようになりました。

面談にかける時間は1時間前後で相手によって調整。雑談として話を聞くのではなく面談の機会を設けたことで、スタッフとのちょうどいい距離感がつかめたそう

話し合って決めた目標、翌月の振り返りと対策は専用シートに書き込んでファイリング。スタッフ各自が保管して見直すことで改善意識が向上していく

その2朝礼を見直した結果、雰囲気がよくなりお客さまの反響も上々。

朝礼で変更したことを教えてください。
一つはその日の予定ややるべきことを伝えて、書き出すようにしました。これは受講した際、「作業効率を上げるためにやることリストを作ろう」と教わったことをヒントに始めたこと。毎日必ずやることではなくて、月初めの発注に備えて今日はパーツの在庫チェックをするとか、今日はAさんと面談をする、など日替わりのリストを用意しています。 もう一つは、業務連絡に加えて「休日に何をしたか」「最近嬉しかったこと」などテーマを決めて、みんなに発表してもらうことにしました。そして発表が終わったら、聞き手は拍手。これも講座を参考に始めたことです。
そうした取り組みを始めて、変化はありましたか?
日々のやることを朝礼で話す前は、業務途中の空き時間を見て「月末だから在庫チェックしてね」などと伝えていました。朝一番に伝えるようにしてからは、スタッフが自分で時間配分を考えて効率よく働くようになりました。 朝礼で業務連絡だけしていると固い雰囲気になりがちですが、話題を決めて発表タイムを設けてからは笑いもおきて、場が和らぎました。その雰囲気のまま開店するので、お客さまを明るく迎え入れられるように。お客さまにも伝わるようで、「スタッフさんたちの仲がよさそう」とか「居心地がいいお店だね」と言っていただくことが増えました。

朝礼のときはマイナスの言葉を使わず、プラスの楽しい話をして朝一番の雰囲気づくり。朝礼の発表を通じて新人スタッフが仲間と打ち解けたり、業務に関する提案などスタッフからの発言が増えたりという効果も

シンプルなネイルからデコラティブなアート、スカルプまで多彩なネイル&ボリュームアップできるまつげエクステのメニューが揃う。要望をくみ取った提案、わかりやすい料金開示もお客さまから支持されている

NextChallenge!

 スタッフをどう育てたらいいのか悩んでいたので、講座はとても参考になりました。おかげでみんなの成長を実感していますが、スタッフがもっているいい面をもっと伸ばすサポートができるようになることが課題。
 たとえばお客さまと楽しく話すのが得意だけど言葉遣いに気をつけてほしい場合、話し方の改善に気をとられると緊張して会話が弾まなくなったりするでしょう。いい面を伸ばしつつ足りない点も補うのは難しいですが、みんなの個性を伸ばせるようになれたらと思います。

チーフ・安藤梨奈さん

Salon Data

BEAUTY LINE 横浜店【ビューティーライン】

アクセス
JR横浜駅西口から徒歩3分
創業年
2008年 ※横浜店は2017年
店舗数
4店舗
設備
7席 ※横浜店
スタッフ数
7名 ※横浜店
URL
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000395611/
アカデミー活用サロンの記事一覧へ

おすすめの記事

注目の動画

連載記事ARTICLE

受付中のセミナーSEMINAR

動画ランキングMOVIE

ホットペッパービューティーアカデミーに
会員登録をして、
美容サロン経営に役立つ動画
を見よう!