「訪問美容」を始めたオーナーが、
イチからがんばる奮闘記

サロンとの施術の違いで壁にぶつかったり紆余曲折しながらも、
みやもと君たちは自分たちのやりがいを見出してきたようです。




VOL.14/利用者さまの「ありがとう」が僕たちのモチベーション!

VOL.14

利用者さまの「ありがとう」が
僕たちのモチベーション!

今日施術させていただいた利用者の方が「久しぶりにさっぱりしたよ、本当にありがとう」と。社交辞令ではなく、純粋に喜んでくださっているのが伝わってきて、涙が出そうになった。施術中にご自身の人生のお話を聞かせてくれて人としても勉強になる。尊敬できる方々の施術をして感謝されるなんて、本当に訪問美容をやってよかった!

サロンワークとは違う、それぞれのやりがいがある。

訪問美容を目指す動機は、ビジネスチャンスとして参入する場合や、スタッフの新たなキャリアステップ、お客さまを生涯顧客と捉える、福祉的な仕事がしたいなど、人それぞれ。その数だけやりがいもさまざまです。サロンに行けなくなった要介護の方々は、美しいカットを求める枯渇感がサロンを訪れるお客さまより強く、その分だけみやもと君のようなやりがいにつながることもあるようです。

この連載のモデル

宮本崇史さん(上)・高山亮さん(中)・江波戸隆夫さん(下)

この連載は、3名が歩んできた訪問美容への道のりを取材した内容に基づき、脚色を交えて構成しています。
訪問美容サービス名
美和【びわ】
訪問美容開始
2012年
訪問施設数
約50〜60施設(1回の訪問で5〜18名)
スタッフ数
訪問美容専任2名、サロン4名
サロン名
Allin【アリン】
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000312158/

全ての記事の一覧へ