[今月のこの1本!]

サロン経営やスタッフ育成などで常に忙しい皆さんに、たまにはホッと一息ついていただきたい。
そんな思いでこの連載がスタート!
国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のリコメンド映画を、
テーマに合わせて隔週でお届けしていきます。ぜひお楽しみくださいね。

the THEMEモチベーションUP

プラダを着た悪魔

2006年
アメリカ
出演:アン・ハサウェイ ほか

プラダを着た悪魔<特別編>
DVD発売中
1,419円+税
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

あらすじ

田舎から出てきたジャーナリスト志望のアンドレアは、無謀にもNYの一流ファッション誌の面接試験へ。カリスマ編集長ミランダのアシスタントとして働けることに。しかし、翌朝から24時間、ミランダの理不尽な要求に振り回される悪夢の日々が始まった…。「この会社で、このままでいいの!?」「私って本当は何をしたいんだっけ!?」 働く女性を中心に、世界中で共感と感動を呼んだサクセス・ストーリー。

ここが見どころ

映画好きには、言わずと知れた名作。見どころは、メリル・ストリープ演じるカリスマ(鬼!!)編集長と、アン・ハサウェイ演じる初々しいアシスタントの掛け合いです。舞台は、NYの一流雑誌の編集部。思わず、「ここはブラック企業か!?」と感じざるを得ないほど、目まぐるしくハードな現場です。しかし、その過酷さの裏にある、編集長ミランダが求める仕事のレベルの高さ、鬼気迫るプロフェッショナルの流儀こそがこの映画のエッセンス。シビれます。そして、そのレベルに追いつこうと、夢をあきらめずに努力するアンドレアの姿。映画を観終える頃には「彼女たちのように明日から頑張ろう!」と素直に思える。それがこの映画のスゴいところであり、名作たる所以。男性が観ても然りです! 2017年も年末の繁忙期。ラストまで自分らしく仕事をまっとうしたふたりから、元気と刺激をもらってみてはいかがでしょうか。

Check the points!

このセリフとポイントをチェック!

  • 「この仕事をできるのは私しかいない」

    奪われそうになった編集長の座を守ったミランダが、アンドレアに言ったひと言です。仕事に対する絶対的な自信と誇りを感じる、力強いコトバですね。他にも、本作には気持ちを高めてくれる名言がたくさん出てきます。

  • カリスマ編集長にはモデルが実在する

    実は、編集長ミランダにはモデルとされている女性がいます。その人物とは、世界的ファッション誌の米『VOGUE』の編集長アナ・ウィンター。実際に分刻みで仕事をこなすという彼女の情熱と決断力が、本作にも息づいているのかもしれませんね。

  • 映画好きが認める、やる気が出る映画No.1

    本作は、Filmarksに登録されている映画作品約7万本の中で、「元気」「やる気」「モチベーション」というコトバが最も多くレビューで使われている映画なんです。そして「何回観ても好き」というコメントも多数。初めての方も、すでに観た方も、この機会にぜひ!

Filmarksの斉藤さんが推薦

斉藤 聖さん

株式会社つみき ライター/プランナー

1984年生まれ。ヘアスタイルについては20年間無頓着。一転、社会人1年目、当時の上司の「ダサい」「アカ抜けろ」の一言で22歳にして金髪デビュー。それ以来10年以上、美容師が提案してくれるカット・カラーを試すのが毎度楽しみに。好きな映画は『バッファロー’66』『たんぽぽ』。現在、映画レビューサービス「Filmarks」の広報・PRを担当。

Filmarks(フィルマークス)

Filmarks(フィルマークス)とは

Filmarksは、4,000万件以上の映画の感想・レビューが集まる国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単に投稿・閲覧できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンから人気を集める。アプリのダウンロードも無料。

https://filmarks.com/

関連キーワード

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す