提案力UP!メンズ攻略法提案力UP!メンズ攻略法
提案力UP!メンズ攻略法提案力UP!メンズ攻略法

イノベーターが
見ている未来

vol.50

確固たる世界観を持ち、新しい取り組みをしている「次世代リーダー」へのインタビュー。
その取り組みと背景、そして未来についての展望をうかがいます。

QUQU

オーナー 内田聡一郎さん (age.40) 代表 浦さやかさん (age.40)

始動!内田聡一郎×浦さやか。
“真逆な2人”の化学反応。

それぞれに人気サロンのトップスタイリストとして名を馳せてきた、内田さんと浦さん。独立後に渋谷に自身のサロン「LECO」をオープンしていた内田さんの呼びかけで、浦さんを代表とするヘアサロン「QUQU」が始動。新サロンに込めた想いとは?

内田聡一郎●1979年、神奈川県生まれ。サロンワークをはじめ一般誌から業界誌、セミナー、数々のミュージシャンやアイドルのヘアメイクなどで幅広く活躍するほか、プライベートではDJ活動も。2018年3月にヘアサロン「LECO(レコ)」をオープン。
https://leco.tokyo/

浦さやか●1979年、長崎県生まれ。「FLOWERS」、「otope」を経て、この4月1日に内田さんと共に立ち上げたヘアサロン「QUQU(クク)」代表に就任。独特の感性を活かした斬新なデザインを得意とし、サロンワークを中心に、一般誌や業界誌の撮影も手掛ける。
https://ququ.tokyo/

第1章2人の出会い

「第一印象?“浦さんは変人”。
“内田さんは性格悪そう(笑)”。」

(※取材は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された4月7日に、ビデオ通話にて実施)今回は内田さんと浦さんがタッグを組んで新サロン「クク」を4月1日にオープンされる、ということでインタビューをお願いしていました。が、大変な状況になってしまい…。発令される前の段階で、「レコ」とともに4/8~当面の間、臨時休業を発表されていましたね。

内田●この状況では休業もやむを得ないなと。お客さん、スタッフの安全面を考えると、決断するしかないと考えました。刻一刻と状況が変わっているので、現時点ではいつまで休業するか期間は決めていませんが。

そんな時に取材することになり恐縮です。今日は「クク」のオープンに至った背景と、今後についてうかがえればと思います。内田さんと浦さんは「テンサイズ」というクリエイティブユニットを2019年に結成されていましたが、どのくらい前からお付き合いが?

内田●仕事でからむようになってから10年くらいですね。昔は東京の美容師同士って、サロンを超えた横のつながりがあまりなかったんです。同じサロン・同じ流派のコミュニティを出ない、みたいな。でも僕らくらいの世代から、「美容師が、サロンの垣根を超えて一緒に業界におもしろいことを仕掛けていこう」って流れができて。僕が30歳くらいの時ですね。美容雑誌もそういう「スタイリストの対決企画」とかでオファーをくれて、そこでも接点ができたりって感じです。

例えばどんなことを?

内田●最初はサロンの流派を超えてどんどん学びを深めていこう、という考えで交流が始まったのかな。それで切ったことのない切り方を、お互いに学んだり。お互いの技術をインプットした後に一緒にセミナーや、対決企画をするようになって。僕らはデザイン、クリエイティブ系でコラボする比重が多かったけど、赤文字系サロン(※おもに20代前半の「モテ系・愛され系」ファッションの女性がターゲット)の人も商材開発をしたり勉強会を開いたり、いろんなサロンがいろんなコラボをして、美容の価値を高めていこうって動きがありました。

2010年頃だとSNSとかネットが一般化し始めて、情報がいろいろと入ってくるようになったくらいですね。

内田●いろんな情報にふれ始めると、自分は「井の中の蛙」だなと。この先に生き残るために新しいことを始めようってことで、美容師同士の交流も始まっていきました。そこへシフトできた人は10年経ったいまも生き残っていますね。浦さんとはフィールドも近かったので、第三者が「おもしろいことをやりたいね」って企画した時に一緒にブッキングされることも多くて、交流するようになりました。

お互いの第一印象は?

浦●うーん、最初は内面とか知らなかったから、「性格悪いのかなぁ」って思ってました(笑)。当時から「おしゃれキング」(※メンズヘア・ファッション誌『CHOKi CHOKi』のコーナー)とかに出てて、そういうイケイケ系のスカした感じなのかなと。だけど話してみたら意外と社交的で。だから第一印象は「意外と性格悪くなさそうだな」ですかね。

内田●僕の浦さんに対する第一印象は「変人」でしたね。見た目から強烈な個性があるし、「ただものじゃないな」って感じがあるでしょう。実際に創り出すものも他者とは一線を画している。プレイヤーとして興味があった、でも変な人だな、という感じ(笑)。それは今も変わらないですけどね。

提案力UP!メンズ攻略法提案力UP!メンズ攻略法

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す