動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革
動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革

イノベーターが
見ている未来

vol.14

確固たる世界観を持ち、新しい取り組みをしている「次世代リーダー」へのインタビュー。
その取り組みと背景、そして未来についての展望をうかがいます。

GARDEN

須崎勝己さん (age.50)

極論、「ガーデンブランド」がなくなっても構わない。
「どれだけすごい奴を未来に残したか」が大事。

東京・原宿に店舗面積200坪、セット面40面もの大型ヘアサロンをオープンした「GARDEN(ガーデン)」は今年で10周年に。これまでさまざまなコンセプトのヘアサロンを出店し、2014年にはアメリカ・ニューヨークへも進出。入れ替わりが激しい美容業界において、開業時の勢いが衰えることなく人気サロンであり続けています。スタッフ一丸となって進化を続ける秘訣とは?この10年間を振り返りながら、代表取締役・須崎さん流の「人材育成」についてうかがいます。

1966年生まれ。2006年、40歳のときに加藤敏行氏、森内雅樹氏と共に3人で代表を務めるヘアサロン「GARDEN(ガーデン)」を東京・原宿で開業。店舗面積200坪という大型サロンは、美容業界の話題を集めた。その後も銀座や表参道に店名もコンセプトもそれぞれに異なるヘアサロンを出店し、2014年にはアメリカ・ニューヨークに「GARDEN NEW YORK」をオープン。10周年を迎えた2016年は東京・表参道に「GARDEN omotesando」「LAiLY by GARDEN」の2店舗を同時オープンし、現在は計10店舗を運営している。
http://www.garden-hair.jp/

第1章この10年間、大切にしてきたこと

「スタッフが自分の個性を最大限に活かす。
そして長く美容人生を歩める“組織づくり”を。」

須崎さん、加藤さん、森内さんの3人で1号店を出店してから10周年、今年6月には10店舗目をオープンされました。今なお成長を続ける「ガーデン」を支えている、「人材育成」を中心にうかがえたらと思っています。

僕らが立ち上げ時から一貫して考えているのは、「個のよさ、強みを最大限に活かす」こと。そしてスタッフには「個の強みを武器にして、美容人生を送ってもらう」、そんな組織集団を目指したいということです。組織というのは大きくなると平均化しがちです。でも「ガーデン」が10店舗に増えるまで成長できたのは、トップ3人それぞれの個性があって、それがうまく花開いたから。それと同じように、スタッフにも、個性を活かした美容人生を歩んでほしいと思っています。

そもそも1号店を200坪という大きなスペースにしたのは、「学校」をイメージしてつくったから。スタッフ一人ひとりの「個性」を育てていって、「それぞれ違う世界観を花開けるように」っていう想いがあったんです。

「ガーデン」が運営するヘアサロンは、1店舗ずつ「店名」も「店構え」も違います。そこからも、個性を重視されていることが感じられますね。

女性が成熟して一人ひとり異なった嗜好をもつ現代において、画一的なチェーン展開は受け入れられないと思うんです。それよりは、飲食店でいったらビストロもあるし、和食、チャイニーズ、ダイニングバーもある。いろんなお店があって、お客さまの嗜好や気分で選んでもらえるようにする。で、「気づいてみたら全部“ガーデン”のお店だった」というのが理想です。

お客さまはどの店舗がいいかを決める際、「その背景まで感じとって、共感して」選んでいます。とってつけたような、うわべだけのコンセプトでは共感してもらえない。だから新しい店を立ち上げるとき大切なのは、その美容師自身が「やりたいこと」、つまり「自分らしさをしっかりと表現すること」だと考えています。

各サロンのトップを務める「スタッフの想い」を反映しているから、「ガーデン」のサロンはそれぞれ個性的なんですね。

そうですね。そして上に立つ者には「自分の世界観を大事にするだけでなく、下の子の世界観も認めて育むことが大切」だと伝えてきました。それぞれのスタッフが個性を活かしてステップアップしたように、後輩にもその道を歩めるようにすること。この考え方を理解できない人には、代表は任せられません。

代表が個性を活かした店舗づくりをする反面、働くスタッフが「自分の個性には合わないな」と感じる問題は起きませんか?

先ほど話したように、「自分の方向性と違うから」といって代表は相手を否定することはない。「個性を認める姿勢」があります。それにうちでは、「スタイリストデビューする店舗を自分で選ぶ」ことも可能です。これはグループならではの強みですね。先輩たちがさまざまなタイプの店を構えて道を広げると、後輩にとっては選択肢が増えることになる。そうした先輩たちの姿は「自分にも先輩みたいな未来があるんだ」と、イメージさせることにもつながっています。

  • 「ガーデン・ニューヨーク店」はオープン2年目に突入。軌道にのった現在、須崎さんは視察に行く頻度を減らして、スタッフに任せて見守っている

動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す