提案力UP!メンズ攻略法提案力UP!メンズ攻略法
提案力UP!メンズ攻略法提案力UP!メンズ攻略法

JUNIOR TOKYO への想いJUNIOR TOKYO への想い

アシスタント応援記事

年に1回開催されるアシスタントによる
ヘアショー「JUNIOR TOKYO」。
理美容師の担い手が減少するなか、
若い世代に夢とチャレンジを
与えることを目的としています。
参加した12サロンのアシスタントたちに、
その熱い想いをうかがいました。

先ほどまでカットしていた技術者がピアノの生演奏をしたり、セットされた髪をモデルがぐしゃぐしゃに崩したり…。「TWIGGY.」の舞台は淡々と技術を見せるのとは違った、見ていてつい引き込まれるような演出が印象的でした。

SHOW THEME

黙す

FEELING

アシスタントたちの想い

自分たちの想いとお客さまの想いの
セッションを舞台で奏でるために。
想いを表現する術を追求。

「“JUNIOR TOKYO”には入社1年目から参加させてもらいました。1年目は先輩の期待に応えなきゃという想いが強く、2年目は前回よりもいいものにしよう!と臨みました。3年目の今回は、自分が伝えたいものをどう表現したら観客に伝わるのかを考えるように。“技術がすごいでしょ”と自己満足を見せつけるのではなく、ショーとして楽しんでもらえるように、どのような表現に落とし込んでいくかを重視しました。
僕たちが舞台で表現するのは、自分たちの想いとお客さまの想いのセッション。みんなで話し合いを重ねて、本番を迎えることができました」(石垣奏太さん)

MEMBER

石垣奏太さん(3年目)、杉本ひかるさん(3年目)、タカキヨウさん(3年目)、菱沼侑衣さん(1年目)

MESSAGE
代表よりメッセージ
サロンワークで得たことをショーで発揮しつつ、
サロンワークでは得られないものを感じてほしい。

このショーの経験を通じて、サロンワークとは違う「クリエイション」の意味と意義を感じてほしい。そして「ヘアスタイル」を決めるための本来の意味としてのディレクション力、一人のお客さまを長い目で「育てる」ためのディレクション力を身に付けるために、ショーの経験を活かしてもらいたいと思っています。
参加メンバーは、サロンワークで日々見ていること、やっていることのすべてがショーの中で役に立つ、と実感したことでしょう。また、ショー出演後のアシスタントは撮影の仕事に付いて来ても、「気付く」ポイントが違ってきたなと感じています。

オーナースタイリスト
松浦美穂さん

「JUNIOR TOKYO」
公式インスタもCHECK!
FOLLOW US!!
「ホットペッパービューティーアカデミー」
WEBサイト
「JUNIOR TOKYO 3」
イベントレポートはコチラ
編集・取材・文
大西智与
撮影
久保田敦

※掲載されている情報は2019年12月16日現在のものです

提案力UP!メンズ攻略法提案力UP!メンズ攻略法

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す