「訪問美容」を始めたオーナーが、
イチからがんばる奮闘記

足繁く施設に通ううちに、職員の方に顔を覚えてもらい始めた
みやもと君たち。施設の方からもらったアドバイスとは?



VOL.8/いいチラシになるように改良しよう!

VOL.8

いいチラシになるように
改良しよう!

話を聞いてくださる施設の方から「あんたたちイケメンなんだから、チラシに写真入れたら?」と言われた(笑)。「そーなのかなー」と思って試しに写真入りを作ってみたら、思わぬ好反応!人の好みはそれぞれなので、イラストや写真など、いろいろなチラシを作って試してみよう。何度も行くところには違うチラシを持って行こう!

好印象を与えるチラシとは?

VOL.5でもお伝えしましたが、チラシには最低限入れるべき、メニューや連絡先などの要素があります。その上で大切なのは、訪問美容業者を決める、職員の方やご家族の方に対する「安心感」。どんな人が来るのかイメージしやすいように、訪問スタッフの写真などを入れるのも手。目立つためにとあまり華美にするよりも、シンプルで上品なデザインも好まれるようです。WEBサイトを作る場合も、同様です。

この連載のモデル

宮本崇史さん(上)・高山亮さん(中)・江波戸隆夫さん(下)

この連載は、3名が歩んできた訪問美容への道のりを取材した内容に基づき、脚色を交えて構成しています。
訪問美容サービス名
美和【びわ】
訪問美容開始
2012年
訪問施設数
約50〜60施設(1回の訪問で5〜18名)
スタッフ数
訪問美容専任2名、サロン4名
サロン名
Allin【アリン】
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000312158/

全ての記事の一覧へ