動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革
動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革

アカデミー活用サロン事例

成長しているサロンが
始めたこと

サロン課題に応じたラインナップをそろえた、ホットペッパービューティーアカデミーの講座。
受講後、課題解決に向けた取り組みを始めたサロンの事例をご紹介します。

vol.21Prima Stella(東京都江戸川区)

店長の役割を認識して実行した結果、
スタッフがいきいきと動き出し売上倍増!

静かな住宅街の一角にたたずむヘアサロン「Prima Stella」は2018年3月にオープンしたばかり。店長を任されたのは美容師歴5年という25歳の若きリーダー、町田さんです。スタイリストとしての売上には実績がある彼にとっても、マネジメントは新たな挑戦。そこで店長向けのアカデミー講座を受講したそうです。どんな学びがあったのか、うかがってきました。

当初のサロンのお悩み

年上のお客さまにも信頼してもらえるように、店長としてしっかりしたい

 サロンの立地柄ご近所の方がターゲット層で、40代以上の女性も多く来店するはず。25歳と若く店長経験が浅い自分でも、お客さまから信頼されるふるまい、店舗経営ができるように勉強をしたい。

スタイリスト時代は後輩教育を重視していなかったけど、このままじゃよくないよな…

 以前の店舗ではプレイヤーとして売上や指名の結果を出すのは得意だったけど、後輩教育は不慣れで「見て学べ」という姿勢。だけど店長になるからには、自分を変える必要があるはず。どうしたらいいのだろう?

参考になった講座

スタッフと店が変わる 店長の意識改革

 スタッフもいきいきと働き、継続して結果を出し続ける店長と、そうではない店長には、どのような違いがあるのだろう?当セミナーでは、ケーススタディやワークを中心にしながら、店長として持つべき意識やスタンスについて、一緒に考えていく。また自分自身にどういった特徴があるのか、セルフチェックも実施。スタッフにとっても、お客さまにとっても、よりよい店長になるための原理原則を学びたい。

この講座の開催エリア・日程はコチラ

始めた取り組み

その1自分のタイプを認識したことで、スタッフにも好影響!

受講して学びになったなと思う点は?

 講座の中で、店長が陥りがちな行動パターンの解説がありました。それを聞いて、自分はスタッフに任せられない「オレオレ病」で、しかも自分のやり方を押し付けがちな「やれやれ病」なんだなって気づかされました。

受講後、どんな取り組みを始めたのでしょう。

 自分の行動パターンがわかったので、改善すべき点も定めることができました。そこで、自分でやってしまわずに「任せてみる」、技術を教えるときや業務も一方的にやらせるのではなく「相手に考えさせる」、「スタッフの意見を尊重する」。これらのことに取り組みました。

取り組みを始めて、手ごたえは感じましたか?

 すぐに変化を感じました。何でも自分でやってしまっていたときよりも任せたほうが、スタッフの経験値が増えて技術力も行動力もアップしたんですよ。
 僕もスタッフも系列店にヘルプに行くことがあるのですが、うちのスタッフの働きぶりを見た系列店のスタッフからも「あの子は自分の意見を積極的に言えるようになったね」と驚かれました。

つい自分のやり方を押し付けたくなる気持ちをグッとこらえ「どうするといいと思う?」と考えを引き出しながら指導することを心がけているそう

店販商品のPOPもスタッフの発案。「やらせる」のではなく相手を尊重して「任せる」「一緒に取り組む」方針にしたことで、みるみる変化を感じたという

店舗経営の面で、具体的なメリットはありましたか?

 スタッフが自発的に動き出したことで、お客さま対応にも変化が起きました。ヘッドスパなどのオプションメニューや店販商品も、お客さまの悩みに応じておすすめできるようになったため、スタッフの売上が倍になりました。

スタッフがそこまで成長できたのは、何がよかったと思いますか。

 任せるといっても一方的に押し付けるのではなく、スタッフの意見を尊重して「じゃあこうしようか」と一緒に取り組むようにしたからだと思います。講座では店長に求められる意識のひとつに「協働志向」があると教わりましたが、まさにこれですよね。
 「やれやれ病」で押し付けちゃうと、スタッフは「やらされ感」をもってしまうでしょう。そうではなくて、スタッフと向き合って、意識をひとつにできたのがよかったと思います。

どちらかというと消極的だったスタッフも、意見を受け入れられる環境に身を置いたことで積極的に変化。町田店長は「話を聞くときは否定しない」ことに注意している

NextChallenge!

 この店がオープンして店長になった直後に受講したので、店長としての自分がどうすべきかを考えるきっかけになり、とても役立ちました。受講時にもらった配布物を読み返しながら、学んだことを実践しています。ついクセで自分がやりたくなってしまうときもありますが、講座の内容を思い出して「それじゃダメだ」と気を付けています。
 まだ店長として未熟ですが、僕に任せてくれた社長の気持ちに応えるためにも、今後もセミナーや書籍で学んでいきたいと思っています。

店長・町田裕希さん

スタッフと店が変わる 店長の意識改革

編集・取材・文
大西智与
撮影
森若匡

※掲載されている情報は2018年05月31日現在のものです

Salon Data

Prima Stella【プリマ ステラ】

アクセス
JR小岩駅から車13分
創業年
2018年
設備
4席
スタッフ数
2名(うちスタイリスト1名、アシスタント1名)
URL
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000415505/
動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革動画で学ぶ!店長が持つべき5つの意識とは 店長の意識改革

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す