先輩女性インタビュー100人

サロンで働く女子 
100の生き方

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのか、100人にインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.26

2度の退職、2度の復職。育休のたびに
スキルアップしたママスタッフの輝く秘訣とは?

広々とした店内で、ヘア、エステ、ネイル、まつげエクステと、トータルビューティーを提供する「Beauty Resort BEECX」。新卒で同店に入社した梅村さんは、トータルビューティーが提供できる技術者を目指しながらも、結婚、出産で実は2度も退職したことがあるそう。その度にオーナーから復帰を請われ、現在はパート勤務ながら後輩の育成指導も任されています。「今が一番充実している!」と語る梅村さんの、仕事への想いをうかがいました。

Staff Data

梅村美希さん 35歳

スタイリスト/ネイリスト/まつげエクステスタッフ/着付けスタッフ。
「Beauty Resort BEECX 」勤務(群馬県高崎市)
スタイリスト歴13年。既婚。8歳と5歳の男の子のママ。
現在、週4日、9:00〜15:30のパート勤務で働きながら、後輩の育成も任されています。

梅村さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 20

    専門学校時代から将来はトータルビューティーができる施術者を目指していた。
    卒業後、「BEECX上並榎店」に入社。

  • 22

    2年間のアシスタント時代を経て、スタイリストデビュー。

  • 24

    結婚を機に一旦退職する。
    当時は結婚して続けている先輩がおらず、家庭と仕事の両立ができないと思い込んでいた。
    専業主婦をしながら、ネイルと着付けの勉強を始めてネイルの資格を取得。

  • 25

    ★「BEECX」に顔を出したときに、オーナーの中嶋さんが「遊んでるなら戻っておいでよ」と声をかけてくれた。
    そのときに、パート制度があることを知って、10:00〜17:00勤務のパートとして復帰する。

  • 27

    長男出産のために産休と8カ月間の育休を取得。
    長男が保育園に入園したタイミングで、週4日、10:00〜17:00の勤務で復帰。

  • 30

    第二子を妊娠。出産のときに、2児の育児をしながら復帰できる時期が読めず、一旦退職する。
    この期間に、まつげエクステの勉強をして資格を取得。

  • 32

    次男が1歳半のときに、またオーナーが声をかけてくれて復帰を決意。週4日、10:00〜15:30で勤務。

  • 33歳~

    「Beauty Resort BEECX」開店と同時に異動。
    現在は、ヘア、ネイル、まつげエクステ、着付けをこなすトータルビューティースタッフとして、お客さまの施術と後輩の育成に当たっている。

  • 美容に関わるすべてをしたいと入社したころ

  • 長男を出産後は、翌年4月から保育園に預けて復帰

  • 現在5歳の次男と。今もおたふく風邪などで急に休むこともある

  • 学生時代からの目標だったトータルビューティーができて充実の日々

梅村さんへのインタビュー

「趣味が仕事になっていることがしあわせです」とイキイキと語る

Q. 今まで仕事を続けてきたなかでどんな壁を経験し、
どう乗り越えましたか?

A. ママ友の言葉で仕事への想いがよみがえった。

専門学校時代からトータルビューティーがやりたくて、この仕事は趣味だと思えるくらい大好きだったんです。でも、出産後は子ども中心の生活になり、復帰した頃は育児と仕事が忙しすぎて体力的にも精神的にも大変で、大好きな仕事を義務のように感じたこともありました。そんなときに、ママ友のカットをやらせていただき、「すごく仕事が好きそうだね」と言われたんです。その言葉で「あ、私はこの仕事が大好きだったはず」と思い出せて、楽しんでやらなきゃと気持ちを切り替えることができました。
今はパート勤務で働く時間は短いけれど、ネイルやまつげエクステなどの後輩の指導もオーナーから任されて、毎日が本当に充実しています。仕事の充実は長時間働くことではなく、中味なんですよね。

2児の子育ての経験で、「たいていのことはなんとかなる」と今は思えるそう

Q. 育児と仕事の両立で大変なことはどんなことですか?

A. 家のことはなんとかなる。お客さまに迷惑がかかることが心理的な負担。

主人の帰宅が毎日深夜なので、育児も家事も私の仕事。子どもが小さいうちは熱をしょっちゅうだすし、保育園から呼び出しがあって早退することもしばしば。ひどいときは月に半分くらい出社できなかったりで、お客さまに迷惑をおかけすることが精神的に辛かったです。そんなとき、実家の母やママ友が「大変なのは今だけ。子どもは成長すれば強くなるから」と励ましてくれました。お客さまも理解がある方ばかりで、オーナーや同僚もフォローしてくれて、まわりの方々に支えられましたね。8年も母をやっていると要領もわかってきて、「家や子どものことはなんとかなる」と思えますが、今でも急な発熱などでお客さまに迷惑をかけてしまうときは、やっぱり申し訳ない気持ちになりますね。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

 私は「BEECX」を2度辞めて、その都度オーナーから声をかけてもらって復帰しましたが、それは子どもができるまでにがんばっていた実績を認めてもらえたからだと思います。子どもができるとどうしても仕事にかけられる時間が限られるので、ひとりで働ける若いうちが大事。けれど無理しすぎると好きな仕事が嫌いになってしまうこともあるので、がんばれるときにがんばることと、無理しすぎない自分なりのバランスを見つけてください!

Salon Data

Beauty Resort BEECX 【ビークス】

住所
群馬県高崎市新保町34
創業年
1996年
店舗数
3店舗
設備
ヘア8席のほかに、ヘッドスパ専用ルーム、エステ専用ルーム、シャワールーム、まつげエクステ専用ルーム、ネイル専用ルームあり
スタッフ数
21名
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000263962/

全ての記事の一覧へ