提案力UP!メンズ攻略法提案力UP!メンズ攻略法
提案力UP!メンズ攻略法提案力UP!メンズ攻略法

先輩女性インタビュー

サロンで働く先輩女性たち

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのかインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.118

新たな時短制度を提案。道を切り開くママアイデザイナー。

高い技術力と丁寧なカウンセリングが評判のまつげエクステサロン「EYELA(アイラ)」。新越谷店と池袋店をかけ持ちで勤務する美里彩さんは、ふたりのお子さんを育てるママアイデザイナーです。2度の育休を経てサロンへ復帰し、2年前には仕事と育児を両立するための新たな時短勤務制度「朝EYELA」を会社へ提案しました。現在はその制度を利用して、充実した毎日を過ごしているといいます。課題解決のために積極的に動き、前を向き続ける美里さんの、仕事観とこれまでの歩みを取材しました。

Staff Data

美里 彩さん 34歳

アイドレッサー(アイデザイナー)。EYELA新越谷店(埼玉県越谷市)、池袋店(東京都豊島区)勤務。
アイドレッサー歴9年。6歳の男の子と3歳の女の子のママ。
9:00~16:00出勤の短時間正社員。土日休み。

美里さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 20

    美容学校を卒業後、ヘアサロンに就職。美容師として5年間勤務する。

  • 25

    美容師の経験を活かして別の仕事に挑戦してみたくなり、まつげエクステスタッフへの転職を決意。社会保険を完備し、研修制度が充実している「EYELA」に魅力を感じて入社する。

  • 26

    研修期間には実技試験の他、苦手な学科試験も複数あり、必死で勉強に取り組む。20日間の研修後、入客試験に合格し、池袋店にて「アイドレッサー」としてデビュー。

  • 27

    結婚。池袋店の副店長に就任する。

  • 28

    妊娠が判明。同時期に病気の治療が始まり、出勤日を月10日に減らして体調を見ながら勤務を続ける。

  • 29

    ★妊娠9カ月目で産休に入り、長男を出産。

  • 30

    1年半の育休期間を経て、子どもが保育園に入園したタイミングで仕事復帰する。土日祝を除く週5日、11:00~17:00までの時短勤務をスタート。

  • 31

    長女を出産。

  • 32

    1年半の育休を取り、保育園入園を機に仕事復帰。「朝EYELA」制度が導入され、勤務時間が9:00~16:00に変わる。

  • 34歳~

    現在の目標は店長になること。いずれは独立を目指して仕事と育児に励む日々。

  • 長男・遥希(はるき)くんの七五三での家族写真。長女の咲希(さき)ちゃんも着物姿でにっこり

  • 全スタッフが集まる共有会は、毎年2回開催。社長を囲み、新越谷店のスタッフみんなで記念の1枚

  • 毎年恒例で行われる会社主催のバーベキュー大会は、家族も参加OK!

美里さんへのインタビュー

「育休復帰後は技術を取り戻すことに苦労しました」と美里さん。2週間の技術研修を受け、徐々に慣らしていったという

Q. 妊娠中に病気の治療もされていたそうですね。仕事を続けるのは大変だったのでは?

A. 体調を見ながら出勤させてもらったので、続けることができました。

長男の妊娠がわかる直前に病気が見つかって、治療を始めたんです。妊娠中に手術を行うことになり、10日ほどお休みしたのですが、復帰した後も体調が不安で…。仕事を辞めたいという気持ちはなかったので、本部長に働き方を相談しました。すると「体調と相談しながらの出勤でいいよ」と言っていただき、視界が開けた気分に。それからは体調がよくない時はお休みさせていただいて、月に10日ほどの勤務を妊娠9カ月目まで続けました。出産後ももちろん仕事を続けていくつもりだったので、「子どもが保育園に入園したら戻ってきます」と宣言して産休入りしました。

仕事人生のターニングポイントは長男の出産。「子どものことを第一にしながら、無理なく働き続けるための方法を考えるようになりました」

Q. 母親になって、仕事への向き合い方に変化はありましたか?

A. 仕事のやりがいが、「お給料アップ」から「お客さまとの時間」に変わりました。

出産前までは、「お給料を上げること」をモチベーションにして働いていました。昇進試験に合格したり、指名のお客さまを増やすことでお給料がアップするので、営業終了後や遅番シフトの日の出勤時間前などに、モデルを呼んで練習に励んでいたんです。子どもが生まれてからは練習のための時間を作ることが難しくなり、以前と同じモチベーションではいられなくなりました。時間のない中でも、やりがいを持って働くにはどうしたらいいかを考え、「日々、お客さまと楽しく過ごすこと」を大切にするようになったんです。接客はもとから大好きなので、毎日楽しく働けています。

「会社やサロンの仲間たちの理解と協力には、心から感謝しています」と美里さん

Q. ふたりのお子さんの育児と仕事をどのように両立されていますか?

A. 夫と保育園、サロンの仲間たちの協力があって両立できています。

夫の仕事がシフト制なので、平日が休みの時には夫が保育園へ子どもを送ってくれています。お迎えはいつも私の担当ですが、保育園が子どもを預かってくれているおかげで、日中は問題なく仕事ができています。でも長男が小さい時には発熱が多く、急な休みを余儀なくされて困ることもありました。その当時は対応策として、私が担当する分の予約を当日まで受け付けないようにしてもらっていたんです。毎日出勤したらWEB予約の受付をオープンにして、当日予約のお客さまや、店長や副店長が担当する予定だった指名のないお客さまを施術させてもらっていました。3歳を過ぎると長男の体調も安定してきたので、通常の予約体制に戻りましたが、周りのスタッフには迷惑をかけてしまったと思います。

「朝EYELA」は2018年に導入され、現在は美里さんを含む3名のママスタッフが利用している

Q. 「朝EYELA」とはどんな制度ですか?

A. 通常より早い朝9:00から、希望の時間まで働ける時短勤務制度です。

「朝EYELA」は、サロンのオープン時間を通常より1~2時間早めて働ける時短勤務制度です。ふたり目の子どもの育休復帰後に会社へ提案して、採用していただきました。当時私が勤務していた池袋店のオープン時間は11:00で、保育園の最終登園時間は9:00。子どもを預けてそのまま出社すると、9:30にはサロンに到着してしまい、オープンまでの時間を持て余す状況に。そこで、営業時間を早めてもらえないかと会社に相談したんです。すぐに検討していただけて、池袋店のオープンは9:00になり、私の勤務時間は9:00~16:00に変わりました。それによって朝の時間を有効活用できるようになったのはもちろん、退勤から保育園のお迎えまでに時間の余裕が生まれ、接客に今まで以上に集中できるようになりました。今は新越谷店と池袋店をかけ持ちして、「朝EYELA」で勤務しています。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

「仕事だから仕方ない」という気持ちで働いていると、仕事が嫌になってしまうことがありますよね。好きで始めた美容の仕事なのだから、楽しいと思いながら働くのが一番。毎日の接客を楽しんでいれば、長く続けることができると思います。また、子どもを産んだ後も仕事を続けたいなら、うちの会社のように、女性が働きやすい環境を考えてくれる会社を選ぶことが大事。出産前にある程度のキャリアを積んでおいた方が、復帰しやすいようにも思います。自分の時間があるうちに、練習や勉強を頑張ってください!

Salon Data

EYELA【アイラ】新越谷店

アクセス
東武スカイツリーライン新越谷駅から徒歩2分
創業年
2007年
店舗数
33店舗
設備
4席
スタッフ数
4名
URL
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000364764/
提案力UP!メンズ攻略法提案力UP!メンズ攻略法

関連キーワード

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す