先輩女性インタビュー100人

サロンで働く女子 
100の生き方

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのか、100人にインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.41

「辞めたい」を卒業し、店長、そして取締役に!
時短で働くママのチャンスのつかみ方とは?

宇都宮市内で17店舗を展開する「ビューティアトリエ」グループに入社後、23歳で店長に就任。25歳でサロン全体を統括するエデュケーターに昇進するなど、軽やかにステップアップを重ねてきた鈴木さん。その後、役職を保持したまま復帰するママ第1号として、フルタイムで勤務。時短勤務となった今も、取締役としてマネジメントに携わるなど、出産後も変わることなく輝き続けています。そんな彼女の成長するための原動力とは?母になったときの想いとは?お話を伺いました。

Staff Data

鈴木純子(すずきじゅんこ)さん 40歳

スタイリスト。アトリエ cocoanne勤務(栃木県宇都宮市)
スタイリスト歴19年。既婚、一児のママ。スタイリストとして現場に立ちつつ、取締役としてマネジメント業務にも携わっている。短時間正社員制度を活用し、週5日(日曜日と定休日の火曜日休み)&9:00~17:00までの時短にて勤務中。

鈴木さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 18

    専門学校卒業後、同グループの「アトリエ manipari」に、初の新人アシスタントとして入社。
    先輩に追いつけるよう、カリキュラムと自主練習を日々重ねる。幼い頃から憧れの仕事だったが、学生の友人たちが楽しそうに見えて、「辞めたい」と思ったことが何度もあった。

  • 21

    スタイリストデビュー。
    デビューしてからもたびたび「辞めたい」という気持ちに。同じサロンで働く先輩だった現オーナーに相談したところ、海外講習への参加を薦められ、悩んだ末に参加。新たな技術などに触れ、帰国後、気持ちが変化。月100万円の売上目標を自身で立てるなど、仕事に前向きに取り組めるように。

  • 23

    新店舗「アトリエ deco-r」の店長の話をいただく。年上のスタッフをマネジメントすることになるため悩んだが、いただいたチャンスを大切にしたいと考えて受けることに。

  • 25

    エデュケーターに昇進。店長を含め、サロン全体をマネジメントする立場となる。

  • 28

    美容師の彼と4月に結婚。夫の協力もあり、働き方はこれまでと変わらず。

  • 29

    妊娠がわかり、育休後の働き方をオーナーに相談。役職を離れて復帰することも考えたが、オーナーから「やってみないとわからないのでは?」とのアドバイスを受け、同役職のまま戻ることを決意。

  • 30

    ★9月に出産。半年間の育休後、エデュケーターの役職のまま復帰&「アトリエ cocoanne」に異動。子育てを母に協力してもらいながら、フルタイムで働く。
    数店舗のマネジメントを行うエリアマネージャーに昇進。

  • 37

    娘が小学校1年生になったのを機に、短時間正社員制度を活用。学童保育の迎えの時間に合わせ、9:00~17:00までの時短勤務に。また、娘と一緒に過ごせるよう、日曜日を休みに変更。
    サロンに貢献できるよう、効率をより意識して働くように。

  • 39

    エリアを管轄する取締役 第一事業部の部長に昇進。

  • 40歳~

    サロンワークをこなしながら、取締役としてマネジメントにも携わる日々。これからもサロンの成長に携わりながら、自身も美容師として成長していきたいと考えている。

  • お休みの日曜日は、小学生の娘と一緒に過ごせる大切な時間

  • スタッフと誕生日会を。支えてくれる同僚はかけがえのない存在

鈴木さんへのインタビュー

「同じ働くママであるオーナーは、私の目標です」と鈴木さん。22年間美容師を続けてこられたのはオーナーのおかげと感謝しているそう

Q. これまで壁にぶつかったことは?どう乗り越えましたか?

A. オーナーの温かなアドバイスのおかげで
どんな困難も前向きな気持ちで乗り越えられました。

 実は、スタイリストデビューしたての頃、同じサロンで働く先輩であった現オーナーに、「環境についていけないので辞めたい」と相談したことがあるんです。そのとき、私のマイナスな考え方を変えてあげたいとの想いからでしょうか。海外講習への参加を薦めてくれて。悩みつつも参加したことで、この仕事の魅力を再確認でき、「続けよう」と思い直すことができました。
 出産後に復帰する際、「役職を降りることなく、これまで通りフルタイムで働こう」と決心できたのも、オーナーのアドバイスがあったからこそ。オーナーは、決して「がんばれ」「こうしろ」とは言わない。「だめならそのとき考えればいい。まずはやってみれば?」とおっしゃってくれるんです。今の私があるのは、悩むたびに掛けていただいたその言葉のおかげ。肩の力を抜くことができ、前向きな気持ちで仕事と向き合えたことで、これまで続けることができたのだと思います。

Q. 出産後、フルタイムで働くことを選んだ理由は?
その後、時短勤務となって働き方などに変化はありましたか?

A. 役職を全うしたいとの想いからフルタイム勤務を選択。
時短の今は時間を無駄にしないよう、効率重視の働き方に。

 役職を保持したまま復帰するグループ初のママということもあり、「役を全うしたい」との想いから、土日も休まずフルタイムで働くことを選びました。正直、子育ては母に頼ることが多く、「仕事と育児を両立できていないのでは」という葛藤は常にありました。でも、それ以上に、今でもお付き合いが続いているお客さまや現在のキャリアなど得られたものは多く、「あのときがんばってよかった」と思っています。
 その後、娘が小学生になったのを機にフルタイムから時短に切り替え。日曜日休みの時短勤務に働き方を変えたことで、娘との時間も取り戻せている気がします。当初、早く帰ることがとても申し訳なく思えたのですが、みんなからいただいた時間を有効に使わなくては失礼ですよね。今はこの状況をポジティブにとらえ、大切な時間を無駄にしないよう、仕事もより効率を追求するようになりました。

「チャンスはつかまないと逃げていくもの。どんなこともできないと思いこまず、挑戦するよう、後輩たちにもアドバイスしています」と鈴木さん

Q. 美容師を続けていくうえで、大切にしていることは何ですか?

A. がんばり、成長し続けるために、
「感謝」と「チャンス」を大切にしています。

 一番大切にしていることは、「感謝の気持ち」ですね。復帰後、フルタイムで働くことができたのは、支えてくれた家族やスタッフ、応援してくれたお客さまなど、周りの方々のおかげ。そして、支えてくれた方々に感謝し、みなさんの気持ちに応えたいという想いが原動力となってがんばることができました。感謝の気持ちはがんばる力、物事をプラスにとらえる力を与えてくれると思います。
 それに、「チャンスをつかむ」ことも大切。正直、チャンスとなるものは、「やりたくないな」と思うものなんです。でも、そういうものこそ、自分にとってプラスになる=チャンスになることが多い。だから、「大変そう」ではなく「チャンスがきた」と前向きにとらえて挑戦することが、成長し続けるうえで大切だと考えています。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

 私は悩んだときは、あえて自分の考えとは逆の見方・考え方をするよう心がけています。例えば、「嫌だ、やりたくない」と思ったら、「楽しそう、やってみよう」に変換する。そうすると、不思議と前向きな気持ちに切り替わり、できないと思っていたことができたり、良い結果につながったりするんですよね。悩んでも、その時間が何か得になるかというと、何もならないことが多い。マイナスな気持ちになったときは、現状から抜け出すためにも、一度考え方をプラスに変えてみてください。きっと、違う景色を見ることができますよ!

Salon Data

アトリエ cocoanne【アトリエ ココアネ】

アクセス
宇都宮インターパーク、カトレアガーデン内
創業年
1963年
店舗数
17店舗
設備
12席 ※アトリエ cocoanne
スタッフ数
8名(うちスタイリスト5名、スタイリスト兼ネイリスト1名、ケアリスト2名)※アトリエ cocoanne

全ての記事の一覧へ