先輩女性インタビュー100人

サロンで働く女子 
100の生き方

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのか、100人にインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.49

店長に復帰後、時短のまま月200万を達成!
女性スタッフ85名に寄り添う「相談役」とは?

広々とした癒し空間で受けられる丁寧な技術と接客が、多くのお客さまからの支持を集めている「serio anjo」。そこで働く人気ママ美容師の塚田さんは、25歳で店長に就任し、スタッフを教育しながらサロンの売上をけん引。2児のママとして復帰後も月200万の売上を達成し、現在はグループに在籍する女性スタッフ85名の相談役「キャリアメンター」に。入社してからの18年間、華々しいキャリアを積み重ねてきました。「大きな失敗もしたし、今でも壁にぶつかったりしていますが、この仕事は楽しい!」と笑顔で語ってくれた塚田さん。失敗から学んだことやママになったときの想いなど、これまでの歩みを詳しく伺いました。

Staff Data

塚田美由貴(つかだみゆき)さん 37歳

スタイリスト。serio anjo勤務(愛知県安城市)
スタイリスト歴16年、「serio」グループに在籍する全女性スタッフの相談役「キャリアメンター」も兼任。既婚、10歳の女の子と、7歳の男の子のママ。現在、週5日(日・月休み)&平日9:00~16:30、土祝は8:30~16:30の時短にて勤務中。

塚田さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 19

    専門学校卒業後、スタッフや店舗の雰囲気に惹かれ、お客として通っていた「serio」に入社。
    閉店後に先輩のマンツーマンによる指導の元、カリキュラムをこなす毎日。

  • 21

    スタイリストデビュー。
    デビュー直後に、カウンセリングのミスが原因で、お客さまから怒鳴られるほどの失敗を犯す。

  • 22

    デビューして1年弱で100万円/月の売上を達成。その後も、100万円以上の売上をキープし続ける。この頃からずっとお付き合いが続いているお客さまも多数。

  • 24

    同期や後輩とともに、サロン主催のヘアショーに参加。3カ月間、寝る間も惜しんで準備した日々は大変だったが、今では同僚たちとのいい思い出に。

  • 25

    店長に就任。代表から話をいただいたときはプレッシャーで思わず涙が。実際やってみると皆が支えてくれ「受けて良かった」と実感。
    170万~200万円/月の売上をコンスタントに上げるなど、いちスタイリストとしても活躍。

  • 26

    会社員の彼と4年間の交際を経て結婚。
    翌年1月に妊娠がわかり、代表に報告。復職を迷っていたが、代表が皆を集め、「店長が産休に入る」と報告。「続けたい」との本音をくみ取ってくださったその言葉を受け、産休育休取得&復職することに。

  • 27

    ★9月に長女を出産。約7カ月間の育休後、代表に週4日&9:00~17:00の時短で働くことを了承してもらい、復帰。育児との両立のため、店長職は辞退した。初めての働き方や子育てに戸惑いながらも、家族の協力で乗り切った。

  • 30

    第二子妊娠。出産予定日の1カ月前から産休取得。7月に長男を出産し、7カ月間の育休後、復帰。
    ふたりの子どもの面倒を見てくれる母の存在なしでは働き続けられなかった。

  • 33

    週5日&9:00~16:30までの働き方に変更。
    代表の任命で店長職に復帰。育児との両立に悩んで円形脱毛症になるなど、一番大変な時期だった。
    そんな中、12月に200万円/月の売上を達成。

  • 35

    店長職を後輩に譲り、全店舗の女性スタッフの相談役である「キャリアメンター」に就任。

  • 37歳~

    ママとなってからの10年間、お客さまにご迷惑をお掛けしないよう、一度も欠勤はなし。これからも、ママをウリにするのではなく、いちスペシャリストとして現場に立ち続けたいと考えている。

  • アシスタント時代から、仕事への前向きな気持ちは変わっていない

  • 「Serio」一筋で美容師を続けられたのは同僚に恵まれたからこそ

塚田さんへのインタビュー

「デビュー直後の失敗を通して、お客さまとのコミュニケーションがいかに大切かを学びました」と塚田さん

Q. スタイリストデビュー直後の大失敗とは?

A. カットの翌日、「仕上がりが不満」とお客さまが激怒。
あの経験が、スタイリストとして成長するきっかけに。

 カットを手掛けた女性のお客さまがその日は満足して帰られたのに、次の日、大変お怒りの様子でお店にいらしたんです。理由は、旦那さんに「全然似合っていないと言われた」から。あまりに理不尽に思えて謝ることができず、怒鳴り声を前に、ただ立ちすくんでしまいました。そのとき、店長と副店長が、私の代わりに必死に頭を下げて謝ってくれて。その姿を見て、「お客さまが気に入らなければ私が悪い。お客さまを担当するということはそういうことなんだ」と気づき、プロ意識の足りなさを痛感。似合わせなどを考えずただ言われたままにカットしたことで、逆にお客さまに嫌な想いをさせてしまったことを、心から反省しました。
 それからは、カット後の印象の変化を丁寧に説明するなど、細やかなカウンセリングを心がけるようになりました。すると突然、売上も伸び始めたんです。
 あのとき、私を頭ごなしに叱ることなく、ただお客さまに頭を下げてくれた先輩たちがいなければ、何も気づくことができなかったと思います。心から感謝しています。

「先輩ママが身近にいれば、あの頃、あんなめちゃくちゃな働き方はしなかったかも(笑)」と塚田さん。自身の経験が、ママとなるスタッフたちの働きやすさに少しでも役立てられればと考えているそう

Q. 仕事と育児の両立で大変だったことは?

A. 大好きな仕事を頑張るために、
家族に負担をかけたことが精神的に辛かった。

 「serio」は、ママが無理なく働ける短時間勤務制度を作ってくれていて、スタッフみんなも協力的。子育ても、母が仕事を辞めてまでふたりを見てくれていたので、環境面では本当に恵まれていたと思います。ただ、そのような中でも、2児のママとして時短で働きながら店長職に復帰した時期は大変でしたね。
 元々、子どもを理由に予約のお客さまにご迷惑を掛けたくなくて、欠勤したことがなかったのですが、それは家族の協力があってこそ。なのに、閉店後の会議にも進んで出席。ますます家族に負担をかけ、子どもたちに寂しい思いをさせてしまって。「ママという立場に甘えることなく働きたい」と頑張る一方、ママ業がままならない状態になっていることが、精神的に辛かったです。でも、夫や母が笑顔で引き受けてくれたおかげで、大変な時期を乗り切ることができました。そして、それらの経験は今「キャリアメンター」の場面で、少なからず生かせていると思います。

サロンのスタッフたちと。美容師の仕事が心から楽しいと思えるのも、先輩や後輩、お客さまに恵まれているおかげ

Q. 18年間、「serio」一筋で働けている理由は何でしょうか?

A. 「人」にも「環境」にも恵まれたサロンであることが、
今まで続けてこられた一番の理由。

 これまで美容師を続けてこられたのは、「serio」に入社できたからこそと思っています。若手の頃は、技術を丁寧に教えてくれる先輩や、私の代わりに頭を下げてくれる先輩が近くにいてくれました。また、復帰後は、後輩や同僚が育児と両立できるよう支えてくれています。そのうえ、出産後に復帰できる環境、店長や「キャリアメンター」などに挑戦できる環境も与えていただけて。本当にありがたいと思っています。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

 悩み事があったら、身近な人に相談してから答えを出してほしいと思います。相談相手は、先輩でも家族でも、後輩でもいい。第三者に話すことで、今まで見えなかったものが見えたり、気持ちを整理できたりすると思うんです。それに、あなたはきっと、お客さまやサロンにとって必要な人。だから、言葉にすれば、きっと周りがなんとかしてくれる。助けてもらえるはずです。壁はその都度、ついてきます。でも、振り返ると、意外と「なんてことはなかった」ということも多いもの。自分で選んだ仕事なら、きっと乗り越えられます!

Salon Data

serio anjo【セリオ アンジョウ】

アクセス
名鉄名古屋本線 新安城駅から徒歩9分
創業年
1969年
店舗数
10店舗
設備
12席 ※serio anjo
スタッフ数
15名(うちスタイリスト7名、アシスタント8名)※serio anjo
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000171956/

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す