アカデミー活用サロン事例

成長しているサロンが
始めたこと

サロン課題に応じたラインナップをそろえた、ホットペッパービューティーアカデミーの講座。
受講後、課題解決に向けた取り組みを始めたサロンの事例をご紹介します。

vol.9Tink 港南台(神奈川県横浜市)

メンズの客単価が1000円アップ。
オプション利用を増やした対策に迫る!

住宅街に佇む「Tink 港南台」は経験豊富なスタイリストが揃うヘアサロン。高い技術力に加え、各席で映画が楽しめる映像モニター、キッズルームといった充実のおもてなしを用意しながらも、料金設定がリーズナブルなためリピーターを多く抱えています。その立地から近隣に住む男性にも利用されていますが、女性のお客さまに比べると客単価が低めなことが悩みでした。そこでマネージャー・中村さんがメンズ客向けの講座を受講。その学びを活かした結果、見事に客単価アップを成功させたという取り組みをうかがいました。

当初のサロンのお悩み

メンズ市場の重要性をわかりやすくスタッフに伝えたい。

 2割ほどを占める男性客の満足度アップやさらなる集客を狙いたいが、美容業界におけるメンズ市場の情報を把握できていない。スタッフにメンズ市場の重要性を伝えるためにも、需要が高まっている現状や効果的なメンズ向け対策を学びたい。

どうしても低くなりがちな男性客の客単価をアップさせられないか…?

 男性客がよく利用するのはシャンプー・カットの3240円。スパメニューなども用意しているが、利用されるお客さまは少数。スタッフからご提案することもできていなかったため、何か対策をとっていきたい。

参考になった講座

【本気で始めるメンズ客戦略】

 男性向け美容マーケットは近年、注目が高まっており、サロンにとっても収益の柱となる大きな可能性を秘めている。一方で、「男性客は単価が上がらない、上げられない…」という悩みも聞こえてくる。男性の心を動かすポイントは、女性とは異なるもの。サロンの雰囲気、カウンセリング、メニューなど、データや成功事例を交えながら、男性客の満足度向上・売上アップにつながるヒントを学んでいく。

この講座の開催エリア・日程はコチラ

始めた取り組み

その1勉強会を通じて、男性客に対するモチベーションがアップ。

始めた取り組みを教えてください。

 講座では男性美容マーケットの需要が高まっていることや、男性客の嗜好や美容の悩み、効果的な対応策、男性集客に成功しているサロン事例などを知ることができました。受講後はさっそく、学んだ内容をスタッフと共有するために勉強会を開きました。

勉強会を開いてみて、スタッフの反応は?

 当店は業務委託のスタッフが多く、彼らの報酬は売り上げに左右されます。そのため客単価が低い男性客への意欲が低くなりがちだったのですが、勉強会によってみんなのモチベーションがアップしたことが大きな成果でした。ホットペッパービューティーによる調査データに裏付けられたメンズ市場の現状を伝えることができたので、スタッフも納得感をもって受け入れられたのだと思います。

新たに男性客対策を始めるにあたり、まずは「なぜ始めるのか」をスタッフに説明。そこで納得・共感してもらえたことで、モチベーション高く対策に臨んでもらうことができた

その2新メニューの提案を始めた結果、平均客単価が約1000円アップ!

具体的にはどういったことを始めたのでしょう。

 ヘアカット、カラー、パーマ以外にも当店では眉カットやヘッドスパもメニューにはあったのですが、「カット+眉カット」や「カット+眉カット+ヘッドスパ」などのセットメニューを作りました。そしてお客さまへ伝わりやすく、スタッフも提案しやすいようにメニュー表や、施術内容を紹介した説明シートも作成。また、お客さまに応じた提案ができるよう、カウンセリングシートも用意しました。

お客さまの要望を探るカウンセリングシートと、セットメニューの内容がわかるグッズを用意。スムーズに提案ができる体制に

取り組みによる変化はありましたか?

 これまではほとんどお客さまへのご提案ができていなかったのですが、始めてみたところオプションメニューを注文されるお客さまが増加。取り組みを始めてすぐに平均客単価を1000円ほどアップさせることができました。

オプションのご提案を始めてみて、お客さまの反応は?

 こちらからの説明を、みなさん興味をもって聞いてくださいますよ。新たに作成したメニュー表を見ても施術内容がわかるため、くどくどと説明しなくても伝えることができています。講座では「男性は施術内容のメリットが明確にわかるほうが納得する」と学んだので、ヘッドスパによるリラックス効果や血行促進といった説明を添えたのも効果的でした
 実際にオプションメニューを頼まれるかどうかはお客さま次第ですが、ひとまずご説明・ご提案をすることは大切なんだなと感じています。カウンセリング時のほか、常連さんならカット中の雑談に織り交ぜてみたり、お客さまとの関係性や相手の反応に合わせて、押しつけがましくないようにお伝えしています。

ご提案を新たに始めることに対し、スタッフはとまどいませんでしたか。

 取り組みを始めるにあたっては、お客さまへのご提案方法の練習、スパメニューの技術講習会なども実施したのでスムーズにスタートできました。いきなり「やるぞ」といっても、スタッフが対応できなければ意味がありませんからね。メニュー表などの説明用グッズを用意したことも役立ったと思います。

お客さま役・スタッフ役にわかれて新メニューをご提案するロールプレイングも実施。本番でとまどわないようにしっかり準備!

頭皮のべたつきや薄毛に悩む人が多い男性客向けに、新たなヘッドスパメニューを用意。きちんと施術できるよう講習会も行った

NextChallenge!

 男性客への取り組みを始めてからすぐにオプションメニューのオーダーが増え、きちんと対策をとれば成果が出るんだなと感じています。いまはとてもいい流れにありますが、今後もしっかり継続していきたいですね。
 今回の取り組みを通じて、カウンセリングシートで髪や頭皮、お肌の状態や悩みといったパーソナルな情報を把握したうえでご提案すると、効果が高いことも実感。これを足掛かりにして、今後は男性客だけでなく世代別だったり主婦層向けだったりと、さまざまなお客さまに応じたサービスを発展させていきたいと思っています。

マネージャー・中村友紀さん

【ウレカタ】本気で始めるメンズ客戦略

編集・取材・文
大西智与
撮影
森若匡

※掲載されている情報は2016年06月01日現在のものです

Salon Data

Tink 港南台 【ティンク】

アクセス
JR港南台駅から徒歩5分
創業年
2015年 ※Tink 港南台
店舗数
7店舗
設備
17席 ※Tink 港南台
スタッフ数
12名
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000319516/

全ての記事の一覧へ