ママのままで美容師に戻れる?復職準備 素朴な疑問Q&A 美容師への復職を思い立ったときに気になるあれこれについて、専門家や先輩ママなどに答えてもらいました!

連載ショートストーリー

  • マーコ

    マーコ

    4年間スタイリストとして活躍し、妊娠を機に退職。現在は専業主婦。31歳。IT企業に勤める夫と、2歳の長女と幸せに暮らしつつ、美容師に戻りたい気持ちが高まってきている。

  • マーコの夫

    マーコの夫

    マーコとは専門学校時代の同級生。元美容師。結婚を機に家族との時間をつくるために転職。IT企業で営業をしており収入はそこそこ。家族が一番大事な「気持ちはイクメン」。

  • マーコの長女

    マーコの長女

    2歳。元美容師夫婦の娘だけあって、キラキラしたものやキレイなものが大好き。ママに髪をかわいくしてもらうのが何よりうれしい。夢はパパのお嫁さんになること。

Question

働くならやりがいだけでなく
ある程度の収入もほしいけど
パートだと大して稼げないかな…

カテゴリ:

私たちがアドバイス!

ファイナンシャルプランナー

働き方は「今使える時間」から考えればいいと思います。

家計研究家
氏家祥美さん
ハートマネー代表。ファイナンシャルプランナー
ご自身も7年間の専業主婦期間を持つ2児の母

子育てをしながら働くには、収入からではなく、まずは「今、仕事のために使える時間がどれくらいあるか?」から考えましょう。まだお子さんが小さくて、それほど多くの時間を仕事に割けないのであれば、収入よりも育児と仕事の両立に慣れる時間と割り切るのもひとつの手です。また、収入が少ない場合は、ご主人の扶養の範囲で働けばいいと思います。
子どもの状態と、ご自身が無理なく両立できる自信がついたときに、働く時間を延ばしていけばよいのではないでしょうか。子どもの預け先が確保できたり、子どもが自分でお留守番できるほど成長するなど、仕事に使える時間に余裕ができれば、いつかはフルタイムに戻ることもできると思います。

サロンオーナー

みんながパートでも、売上を上げられるサロンであれば問題ありません

中嶋慎悟さん
Marry’s・京都
元銀行員として、業界の慣例を変えるべく奮闘するオーナー

私は、ブランクのある美容師を応援したくて、店長以外は全員ママの店舗をつくりました。そこではほとんどのスタッフがパート勤務です。パートでも望む収入を得られるように、サロンとして売上が上がる仕組みをつくっています。例えば、関西では月曜が定休日のサロンが主流なので、その店舗は第1月曜日以外は営業しています。すると他店に行けなかったお客さまを取り込めるのです。また「ママだけのサロン」を積極的にアピールすることで、子育て中のお客さまにたくさん来ていただけるようになりました。
全員がママであることで、融通しあってパートのシフトを組んだり、お互いの状況が理解し合えるので、育児情報の交換ができたりとメリットは大きいです。

中嶋さんのサロンの取り組みをもっと読む

サロンオーナー

パートでもがんばればトップになれる!

神谷幸代さん
SK Group・岐阜
サロン勤務時代はずっとパートだった、ご自身も2児のママ

私自身、結婚してから、独立するまでずっとパートとしてサロンで働いていました。子どもがふたりいたのでフルタイムは無理でしたから。それでも、当時ママスタイリストを雇ってくれるサロンは少なかったので、オーナーに恩返しがしたくて「パートでも一番になる!」とがんばりました。勤務時間が短い分、後輩の練習を見てあげることができない分、売上でサロンに貢献しようと思ったのです。負けず嫌いの性格もありましたが、短い時間でも努力すればお客さまからの指名はたくさん取れるので、売上は常にトップ3に入っていました。歩合給をつけてもらえれば、努力次第でパートでもフルタイム並やそれ以上の収入を得ることは可能ですよ。

神谷さんのサロンの取り組みをもっと読む

現在、募集中のサロンを見てみる