先輩女性インタビュー

サロンで働く先輩女性たち

長く活躍しているさまざまな女性スタッフに、どんなキャリアを歩んできたのかインタビューしていきます。
自分なりの「なりたい私」を見つけてください!

vol.17

地元サロンから大型店、そしてまた地元サロンへ。
転職3回で見つけた「理想の働き方」とは?

地元サロンでの毎日に不安や物足りなさを感じて、全国展開する大型サロンへ転職。でも、新たな経験の連続の中で見つけた答えは、「長く深くお客さまとお付き合いできる地元サロンが好き」という気持ちでした。現在は、地元にある「Dilla 西川口店」で、仲良しのお客さまに囲まれながら売り上げにも貢献するママスタイリストとして活躍中。そんな森さんに、これまでの歩みやそのときどきで感じた想い、現在の働き方などをお聞きしました。

Staff Data

森朋子(もりともこ)さん 36歳

スタイリスト。
Dilla 西川口店勤務(埼玉県川口市)
スタイリスト歴13年。現在4歳の娘を持つママである森さん。18時のお迎え厳守・日曜日休みの保育園にあわせて、10時~17時の時短勤務&日曜日休みの働き方を選択。育児と仕事を両立させている。

森さんのLife History

★…ターニングポイント

  • 18

    幼い頃からヘアアレンジが好きで、中学生の頃から手に職をつけたいと考えていたこともあり、美容師になることを決意。

  • 20

    専門学校卒業後、地元のサロンに就職。
    実家通いだったため金銭的には恵まれていたが、叱られ続けて精神的につらい毎日。
    資格試験に落ちたことで自分の甘さを痛感。「文句がいえる立場じゃない」と心を入れ替え、夜遅くまで自主練に励むように。
    2度目の試験で無事合格、資格を取得。
    今のサロンのオーナー鈴木さんとは、このサロンで出会う。

  • 23

    念願のスタイリストデビュー。
    この仕事に華やかなイメージを抱いていたこともあり、地元で働いていることが地味に思えて悩む。

  • 24

    都内サロンへの転職も考えたが、オープニングスタッフとしての経験が積める貴重な機会と思い、サロンの店長の独立先で働くことを決意。鈴木さんとともに退職。
    地元にある同サロンで、尊敬する先輩たちと働ける楽しさ、指名客が増えていくうれしさを感じながら5年間過ごす。

  • 28

    約3年間の交際期間を経て、会社員である同い年の彼と結婚。仕事に対して理解のある彼だったので、働き方は特に変化なし。

  • 29

    ★出産を考えるようになり、ママスタッフのいないサロンで働き続けることが不安に。移るなら子どものいない今と思い退職。違う経験ができてしっかりしていそうな、全国展開の大型サロンに就職。
    新たな働き方を通して、スタイリストとしての経験値を高める。
    離れてみて、地元サロンならではの魅力に気づけたのもこの時期。

  • 32

    帰宅が遅くなることも多く、夫婦関係も体力も不安に。そんな時、地元で独立予定の鈴木さんからお誘いが。受けようと思った矢先に妊娠が発覚。相談したところ、「ママとして働ける環境を整えるよ」と、うれしい返答が。5月に「Dilla 西川口店」がオープン。出産予定日の10日前である10月中旬まで働き、産休へ。

  • 33

    1月に保育園が決まり、4月から職場に復帰。育児と仕事が両立できる方法を鈴木さんから提案されて感激。10時~17時の時短&日曜日休みで働き始める。

  • 36歳~

    時短ながら、月100万円の売り上げをコンスタントに達成できるように。
    お客さまを大切に、サロンに貢献できるよう数字も意識しながら、子育てと仕事を楽しみ続けたいと考えている。

  • Dillaに入社。シフト相談OKなど、産休前から気遣ってもらえた

森さんへのインタビュー

「大型サロンでの毎日は、カルチャーショックの連続。技術以外の部分もたくさん学ぶことができました」と森さん

Q. 29歳のターニングポイントについて、詳しく教えてください。

A. 初めての経験と発見の連続。
「この先どうしたいか」に気づけた年でした。

 大型サロンでは、本当に初めての経験をたくさんさせていただけました。地元以外の場所で働くのも、毎日売り上げの数字を追う働き方も初めて。がむしゃらに働いているのに結果が出せず、初めて挫折も味わいましたし。でも何より、忙しく仕事をこなしていく中で、お客さまと深く長くお付き合いできる、地元サロンならではの魅力に初めて気づけたことが大きかったですね。
 環境を変えることはなかなか大変ですが、行動して本当に良かった。お客さまとじっくりお付き合いしたいという想いが自分にあること、自分を伸ばすことができる数字は意識すべきということ。新たな経験を通して、これからのスタイリスト人生の糧となるさまざまな気づきに触れることができました。

「家族が一番」という働き方も認めてくれるサロン。恩返しのためにも、売り上げに貢献したいと考えているそう

Q. ママスタイリストとして復帰して、大変なことは?

A. 全然ない!むしろありがたいと思うことばかりです。

 大変だなと思えるのは、年々体力の衰えを感じるようになってきたことくらいでしょうか。地元で働けているおかげで、実家の家族に育児面でたくさん助けてもらえていますし、スタッフもみんな温かい。家族を第一に考える私を受け入れ、サポートしてもらえて、とてもありがたく思っています。サロンは同年代のお客さまが多く、応援してくれたり、子育ての話を通して仲良くさせていただけているお客さまもたくさんできました。マイペースで働けて、ずっと大切にしたいお客さまたちとも出会うことができて、本当に幸せです。

若手女性スタッフへ、メッセージをお願いします!

 復帰前日は、「6カ月も休んで、前のようにできるのかしら?」とハラハラドキドキ、不安で眠れませんでした。でも、体は覚えているんですよね。2カ月くらい経つと、以前のように不安なく働くことができました。身につけた資格はなくならないし、たたきこんだ技術は体に染みこんでいるもの。だから、無理だと思ったら、一度休憩する道を選んでもいいと思います。私も休んだり、働く場所や働き方をいろいろ変えましたが、自分にとっても仕事にとっても、プラスになっていると思います。悩んだ時は立ち止まらずに、気持ちに正直に行動してみてください。

Salon Data

Dilla(ディラ) 西川口店

アクセス
JR京浜東北根岸線 西川口駅から徒歩5分
創業年
2011年
店舗数
2店舗
設備
7席
スタッフ数
6名(うちスタイリスト4名、アシスタント2名)※Dilla 西川口店
URL
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000195948/

すべての連載記事一覧へ

連載記事カテゴリから探す