美容の未来のために、学びと調査・研究を

美容サロン経営を学ぶならホットペッパービューティーアカデミー

受賞サロンのカギ 受賞サロンのカギ

お客さまに支持されたサロンを表彰する日本最大級のアワード、「HOT PEPPER Beauty AWARD」。「GOLD Prize」「SILVER Prize」受賞サロン、または「注目サロン」に選出されたサロンへのインタビュー。取り組みや受賞の秘訣をうかがいます。

卓越したセンスは、どう育むのか。
無償の愛で!?2年連続GOLD Prize!

rostar 【ロスター】

HOT PEPPER Beauty AWARD 2022 GOLD Prize

6~9席

北海道・札幌の大通に店舗を構える「 rostar 」。2017年創業でありながら、HOT PEPPER Beauty AWARDにて2019年・2021年・2022年の計3回、GOLD Prizeを受賞している。ターゲットである、ファッション感度の高い20代女性を集客できているのは、内装・ヘアスタイル・スタイリスト&アシスタントすべて、卓越したおしゃれさがあること。そのセンスの育み方とは?

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000383558/

CONCEPT

デザインカラー・ブリーチが得意な、トレンド発信サロン。流行りに敏感な人たちを飽きさせない、デザインの幅広さに定評あり。

INITIATIVES

AWARD受賞・
売上アップに向けた
取り組み

01.

「お客さまが憧れる」スタイリストになる

02.

「スタイル写真」も、rostarらしく!

03.

「動画教育」で技術レベルの統一&効率化

01.

「お客さまが憧れる」スタイリストになる

HOT PEPPER Beautyの口コミでは、内装・ヘアスタイル・そしてスタイリストを評する際にも「おしゃれ」という言葉が頻繁に並ぶ。

「おしゃれな人しか、採用しない?」その疑問をぶつけると、代表・藤山さんからは、こんな答えが。

『入社当初は、おしゃれじゃなくても、うちに入ったら1年でめちゃくちゃ変わる。 rostarは、全スタッフが女性ということもあり、メイク・ファッションについて、お互いにハッキリ言います。ダサい時は“ダサいよ”と。店舗全体がおしゃれなので、そうでないと逆に浮いてしまう。 rostarに立つということは、そういうこと。みんな、自分を素敵にみせることに手を抜かないんです。』

rostarは、代表の藤山さんを除いて、スタイリスト・アシスタントともにすべて女性!

02.

「スタイル写真」も、rostarらしく!

月に2回、各スタイリストが2スタイルずつ撮影する決まりがある。モデルの服・ヘアメイクは各スタッフが担当し、“自分のセンスを見せる場”でもあるという。

撮影は、カメラを独学で学んだという代表・藤山さんが、当初は基本を教えていた。現在は、スタイリストそれぞれが勉強して、自分のものにしている。また、それを先輩から後輩へと引き継いでいるという。

各人の裁量に任せながらも、不思議と「rostarらしい世界観」で統一されている。後輩は先輩を参考にしているので、自然と似てくるのだとか。

スタイリッシュなモデル揃いだが、実はほとんどrostarに通っているお客さまだという。「ファッション感度の高い人」という狙ったターゲットに、きちんと届いている証だ

03.

「動画教育」で技術レベルの統一&効率化

スタッフ数が増えたことに比例して、先輩が後輩に技術を教える時間も増大。また「技術・基礎の統一」の狙いもあって、2022年9月から「動画教育アプリ」を導入。基礎の部分は自社撮影した動画で学び、わからなかったら先輩に聞く、という体制に。

また、美容学校2年生になり内定が出ると、希望者はアルバイトとして週1~サロンに入ってもらう。リアルな現場を知ることで入社後のギャップがなくなる、というのが利点のひとつ。また、スタイリストとコミュニケーションをとることで関係性が深まり、離職率が下がったという。

アルバイトを経験した内定者は、入社と同時に即戦力に!1年でカラーリスト・2年でスタイリストと、デビューも早期化した。

代表インタビュー

藤山 将太さん

1988年生まれ。美容学校を卒業後、札幌の美容室に勤務。すぐに売上1位&そのサロンでHOT PEPPER Beauty担当になり、GOLD Prize受賞という実績を残す。28歳のときに1店舗目である「rostar 」を出店。現在は、札幌市内に4店舗展開。

ー内装もポップで素敵ですね。

お客さまには、サロンに入った瞬間「非日常の世界」を感じてほしいので、内装には力を入れています。

現在4店舗ありますが、それぞれサロン名もコンセプトもターゲット層も変えて、すべてをその世界観に合ったものにしています。

「rostar 」は、“かっこいい女性像”がテーマ。内装だけでなく、スタイルもそれに合った発信に

ー流行感度の高いお客さまに「飽きられないように」気をつけているとのことですが?

HOT PEPPER Beautyのクーポンやメニューも、定期的に変えています。 「特集」も意識して、それに合った写真をセレクトしたり。

あとは、「お客さまに迷わせない」ということも大事に。クーポン数があまりにも多いと迷わせてしまうので。数はあまり多くしません。また文言で「所要時間」「補修レベル」「一番人気」などをつけて、選びやすい工夫も。

HOT PEPPER Beautyの「こだわり」ページにも工夫あり。お客さまのなかには、おしゃれなサロンに、気後れしてしまうことも…。そこで、カウンセリング~スタイリングまでの流れを丁寧に説明。女性スタッフならではの提案・気遣いが伝わる内容に

ースタッフのみなさんも、おしゃれですね。ただ、「ダサい時はハッキリ言う」とのことですが?

僕とスタッフ、またスタッフ間でも、信頼関係があるから大丈夫なんだと思います。

ー藤山さんは、スタッフの方に対して、日頃どんなことを心がけていますか?

一言でいうと「無償の愛とお金をたくさん払う」ことですかね(笑)。売上が高い子だと、月60~70万円。北海道では、比較的高い給与だと思います。

僕は、感謝の気持ちは言葉だけではなく、わかりやすく形にします。ごはんをごちそうしたり、プレゼントを買ったり…。

ーボーナスなどもあるとのことですが、それとは別に?

そうです。新人の子だったらアップルウォッチとか。仕事でも使えますしね。あとは、その子に合ったブランドのバッグや靴とか。

ー下世話で恐縮ですが、ブランドものは、おいくらくらいの…?

高いものだと、数十万円することもあります。

ーなんと!それは、驚きです。

利益が出たら、ぜんぶスタッフに還元したい。かけた時間とお金のぶんだけ、成長したら“想い”で返ってくると思うので。10月にも、スタッフ28名全員で、沖縄旅行に行ってきました。

ースタッフ間の良好な関係性は、どのように?

動画教育を導入したとはいえ、うちは先輩が後輩の練習をみる時間が多いですね。
また先輩が後輩を、ごはんに連れていくことも、よくあります。そういった場で、“人としての会話”をすることで、関係性が深まっているのでは?

僕はよく「美容師の前に、“人”として付き合おう」と伝えています。その想いが、先輩から後輩にも、受け継がれているように思いますね。

ー最後に。次のHOT PEPPER Beauty AWARDでも、GOLD Prizeを狙いますか?

もちろんです。マストで取らないといけない。“一番”でないと意味がないと思っています。

おかげさまで、集客はずっと順調。求人にも困っていない。ただ、「教育」に関しては、さらなる高みを目指して取り組んでいきます。もっと強いサロンにしないといけないんで。

取材レポート

オーナーが、スタッフにモノをプレゼントする…。 一般的には、女性のプレゼント選びは難しいとされます。 何より、一人ひとり違うものを選んでいたら、 時間と手間もかかるでしょう。

スタッフのみなさんが、藤山さんからのプレゼントを本気で喜んでくれるのは、 藤山さん自身がとにかくおしゃれで、かつ各人の志向も完璧に理解しているから。

そして、そのウラにある、 藤山さんからの“無償の愛”を感じ取っているからに、ほかなりません。

SALON DATA

rostar 【ロスター】

アクセス
北海道札幌市中央区南1条西5丁目16番地 
創業年
2017年
店舗数
4店舗
設備
セット面8席
スタッフ数
スタイリスト6名/アシスタント4名
URL
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000383558/
HOT PEPPER Beauty AWARD 受賞サロンの記事一覧へ

おすすめの記事

注目の動画

連載記事ARTICLE

受付中のセミナーSEMINAR

動画ランキングMOVIE

ホットペッパービューティーアカデミーに
会員登録をして、
美容サロン経営に役立つ動画
を見よう!