サロンで始める
訪問美容~実施マニュアル編~

訪問美容を始めたいオーナーの皆様に贈る全13シリーズ。
実例などを交えながら、訪問美容経営のために必要なノウハウをわかりやすくご紹介します。

vol.4

【経営・マネジメント編】事業計画を立てよう①

【経営・マネジメント編】

事業計画を立てよう①

基礎編、実例紹介(施設編個人宅編)に続き、全6回にわたって経営・マネジメント編をお届けします。サロンで訪問美容をはじめるために必要なノウハウを、やるべき順番に沿ってわかりやすくお伝えします。

アドバイザー:ふくりび 岩岡さん

アドバイザー:
ふくりび 岩岡さん

新しい店舗を始めるときと同じように、
「訪問美容」の準備をすることが大切。

 全6回にわたってご紹介する内容は右のイラストのとおり。必要な時間は、あくまでおおまかな目安です。
 新しい店舗をオープンするときは、最初に「開業の目的」と「目指すゴール」を明確にします。その後、予定地周辺のサロンやお客さまに関する情報などをリサーチし、事業計画を立てて実現していきます。
 訪問美容を始めるときも、新しい店舗や新規事業を手掛けるときのように進めることが成功の秘訣。今回は、目的を考える際のヒントや、事業計画を立てるために決めるべきことなどをご紹介しますので、下記のやることチェックリストと併せてご覧ください!

「訪問美容」スタートまでの6ステップ

1

訪問美容を行う目的と目指すゴールを決めましょう。

サロンがなりたい姿を思い描き、実現したいことを具体的にイメージ!

 「訪問美容」は、社会貢献できるだけでなく、スタッフの能力や売上を伸ばしたり、お客さまと一生のお付き合いができるなど、さまざまな目的に応えられる魅力を持っています。最初に訪問美容を通して「なりたいサロンの姿」を決めておくことで、途中で迷わないようにすることが大切です。下記を参考に目的を決定したら、「数値目標」や「獲得したいお客さまのイメージ」など、具体的なゴールを描いてみましょう。

【目的→ゴールの一例】
●キャリアパスを創出して、人材定着に努めたい。
 →離職率10%未満にする。
●ママスタッフの勤務時間帯を有効活用して、利益を高めたい。
 →サロン月商を1.5倍にする。
●サービスを拡大することで、地域密着型サロンになりたい。
 →顧客の祖父母や両親を訪問美容のお客さまにする。
●介護に興味がある新卒学生等の求人率をUPさせたい。
 →求人数を現在の1.5倍にしたい。

なりたい姿は?最初にどの道を進むか決めておくことが大切

【よくある質問】
訪問美容をはじめるために、届出は必要?必要なライセンスは?

 訪問美容は、理容師法(第六条の二)・美容師法(第七条)に該当する「理容所・美容所」に来ることができない人を対象に、施行令や条例で特例として認められています。ただし、都道府県によっては、条例で訪問美容の届出を義務化しているところも。条例は地域によってさまざまなので、必ず事前に確認しておきましょう。理容師・美容師資格があれば訪問美容に携われます。「介護職員初任者研修を修了したり、介護福祉士の資格を持っておくと、信頼を得やすく、より仕事もスムーズに進められるのでおすすめです(岩岡さん)」。

2

介護施設と個人宅。訪問先を決めましょう。

【STEP1.】施設を検討する際は、種類と特徴を知っておくことが大切。

 介護施設での訪問美容は、「まとまった人数を一度に施術できるので効率がいい」「安定した売上が見込める」などのメリットがあります。でも、介護施設の種類は多く、規模や特徴もさまざま。例えば、自治体などが運営する「特別養護老人ホーム(特養)」と、民間が経営する「有料老人ホーム」では、サービス内容や付加価値なども異なります。また、入居している方の要介護度もさまざまで、多くの場合、認知症に対する知識も必要になってきます。
 施設ごとで施術の際に必要な技術や知識などが異なるため、安易に訪問先を選ぶのは厳禁。まずは、介護施設の種類や特徴をしっかり理解しましょう。
list_care02★の数が多いほど、契約までのプロセスが複雑になる・契約に時間がかかるなど、難易度が高くなります。
2-1comment_format

【STEP2.】サービスの差別化が図れる個人宅への訪問。メリット・デメリットを知って検討を。

 平成25年3月末時点で介護サービスを利用した方のうち、実に7割にあたる338万人の方が自宅で暮らしています※。ですが、訪問美容を行うサロンや事業者のほとんどは、介護施設を中心にサービスを提供。個人宅を訪問先に選ぶことで、他の事業者とのサービスの差別化が図れます。また、サロンに長く通って下さっている既存顧客への案内から始めると、リスクも少なくスタートしやすいという利点もあります。例えば、地域一番店を目指す場合、個人宅への訪問美容は選択肢のひとつ。メリット・デメリットを理解したうえで、個人宅への訪問を検討しましょう。
※厚生労働省 平成24年度 介護保険事業状況報告より
list_advantage03
2-2comment_format

【よくある質問】
個人宅への訪問、ひとりで行っても大丈夫?

 特に女性スタッフが単独でお客さまの自宅を訪問する場合、さまざまな点で注意が必要になります。「ふくりびでは、基本的にご家族や介護者に立ち会っていただくようにしています(岩岡さん)」。スタッフの安全管理はとても大切。事故や事件に巻き込まれないよう、以下の工夫を行うなど、経営者として検討が必要です。

●ケアマネジャーからの紹介がない場合は訪問しない。
●家族に立会いを依頼。ひとり暮らしの方の場合は、ケアマネジャーやヘルパーの同席を依頼する。
●お客さまと同性のスタッフを訪問させる。

3

近隣のサロンや施設の情報を集め、訪問エリアを決めましょう。

介護施設や高齢者世帯が多いエリアは?移動時間もチェック。

 訪問先が決まったら、介護施設や訪問美容が必要な方のご自宅の数と移動時間を考えて、訪問エリアを決定します。近隣の施設情報を集める際は、厚生労働省が運営する介護サービス情報公表システムの活用がおすすめ。エリアで検索でき、リストと地図が一覧化されていて便利です。個人宅数のリサーチは、サロンのお客さまへのヒアリングのほか、エリアごとにあるケアマネジャー協会にお話を伺うとスムーズです。
 また、「訪問美容 エリア名」などで、近隣の訪問美容事業者を検索。各ホームページに書かれている訪問エリアなどをチェックしながら、訪問エリアを検討しましょう。

【よくある質問】
訪問可能エリア外の対応はどうする?

 車で約30分の範囲(関東の場合、自転車での移動も要検討)が、現実的に訪問可能なエリアですが、サロンによっては設定したエリア外に訪問先が数多くある場合も。下記の例を参考に、状況に合わせて対応策を検討しましょう。

●距離やエリアごとに出張費用を加算する方式で、遠くても訪問する。
●大型施設など、一度の訪問で大勢の入居者に施術できる場合は、エリア外でも訪問する。
●エリア別に従業員を雇用し、「最寄りの活動場所へ直行直帰」という形でエリアを広げる。

事業計画を立てよう①/やることチェックリスト

  • 「目的」と「目指すゴール」を具体的に決める。

  • 訪問美容の届出が必要かどうか、サロンがあるエリアの条例を確認する。

  • 介護施設の種類と特徴を理解する。

  • 介護施設と個人宅のメリット・デメリットを理解する。

  • 訪問美容を手掛ける近隣のサロンや事業者の訪問エリア(範囲)をリサーチする。

  • 訪問対象となる介護施設・個人宅の数や、そこまでの移動時間を考えながら、訪問エリアを決める。

お客さま目線とサロン目線を持って、計画を。

 訪問美容を行う目的や目指すゴールを決める際は、「お客さまからの目線」と「スタッフやサロン側の目線」の両方の目線でサロンの現状を見つめ、未来像を考えると、明確に描きやすくなります。
 遂に本格始動した訪問美容スタートへの道。ぜひ、実現に向けて今すぐ行動を!

次号では、事業計画を立てるうえで大切な、サービス内容と価格の決め方についてご紹介します。

監修NPO法人 全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)

理事長 赤木勝幸さん

理事長 赤木勝幸さん

「誰もがその人らしく美しく過ごせる社会の実現」を目指し、全国の「訪問理美容サービス」の質の向上、理美容師の育成や高齢者・介護者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上などに尽力する同協会を2007年に設立、理事長に就任。2008年社会貢献支援財団社会貢献賞受賞。著書に、「技術からマネジメントまで 訪問理美容スタートBOOK(女性モード社)」など。

事務局長 岩岡ひとみさん

事務局長 岩岡ひとみさん

同協会の事務局長。ヘルパー2級取得、美容師国家資格取得。2009年内閣府青年社会活動コアリーダー育成プログラム英国派遣団員。2010年東アジア地域国際シンポジウム招聘者。2012年内閣府女性のチャレンジ賞受賞。2013年シアトルiLeap SIFJ招聘者、第27回人間力大賞厚生労働大臣奨励賞受賞。2012年より愛知学院大学経営学部非常勤講師。

ふくりび http://www.fukuribi.jp/

「技術からマネジメントまで 訪問理美容スタートBOOK」

参考文献

「技術からマネジメントまで 訪問理美容スタートBOOK」

NPO法人 全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)編著/女性モード社
編集・取材・文
平尾祐子
撮影
松本幸子

※掲載されている情報は2016年01月07日現在のものです

全ての記事の一覧へ