美容の未来のために、学びと調査・研究を

美容サロン経営を学ぶならホットペッパービューティーアカデミー

2店舗目準備編③ 2店舗目の融資、どこで借りるべき?

立地もある程度決まりそうなので、そろそろ追加融資のための書面作成に取り掛かるサロスケくん。1店舗目の時には、日本政策金融公庫で借りたけど、2店舗目も同じところから借りるべきなのでしょうか?

POINT

2店舗目の融資はどこから借りる?

サロスケくん

先生、2店舗目も日本政策金融公庫から借りたほうがいいのでしょうか?

 中嶋先生

 

公庫でも、開業から2期を終えると「一般貸付」という制度が使えるのでさらに融資枠が広がり、追加融資は可能となります。ただ、創業時に公庫での融資を受けたのなら、次は民間銀行からの融資も選択肢に入れることをおすすめしています。

え?なんでですか?

解説!

今後、さらなる店舗拡大、新業態へのチャレンジを考えている場合、

  • 日本政策金融公庫での融資枠を超えて融資が必要となるケースが発生
  • より有利な条件で融資を受けるために銀行を比較する

といった必要がでてくることも。そのために公庫以外にも、金融機関での信頼(=その銀行での融資をしっかり返した実績)を作っていく必要があります。

 

信頼が付いてくると、金利面の優遇や、かつては無理だと思われた金額の融資が受けられたり、法人の場合には、将来的には代表者保証を付けなくても融資を受けられる可能性も出てきます。

 

 

ほえー‥‥信頼かぁ。

今後もっとサロンを大きくしていきたいなら、複数の金融機関とのお付き合いが必要になってきますからね。

その金融機関の見定めってどうすればいいのでしょうか?

まずは自分のお店の近くにある地元密着型の金融機関である地域銀行、信用金庫、信用組合がおすすめです。ATMが全国どこにでもある大手銀行も良さそうに思うかもしれませんが、現金を扱う商売ですのでお金の出し入れがすぐ出来る近くの金融機関が望ましいです。

 

 

まとめ

借りたお金を返済することで信頼を築くことができますが、それだけではなく、日ごろから金融機関の担当者と関係性を築いておくことも大切です。
お金を借りる時だけ銀行に顔を出すのは虫がいいと思いませんか?
相手も人間です。この銀行とは関係性を作っておきたい!と思ったら、求められていなくても月次決算の資料を定期的に渡すのも良いですよ!

 

 

【監修】なかしま税務労務事務所 税理士 中嶋政雄先生

プロフィール:
「美容サロン」のオーナーが税理士に求めていることを徹底研究。
「美容業界専門」税理士として活動中。
開業・サロン経営!お金のキホンの記事一覧へ

おすすめの記事

注目の動画

連載記事ARTICLE

受付中のセミナーSEMINAR

動画ランキングMOVIE

ホットペッパービューティーアカデミーに
会員登録をして、
美容サロン経営に役立つ動画
を見よう!