関連リンク

ネイルサロン領域

2013.11.08

日本にネイルが普及していなかった1970年代。米国で年齢を重ねても華やかに装い、ネイルを楽しむ女性たちと出会ったことから、ネイルを日本で広めることを決意した仲宗根幸子さん。以来、日本におけるネイリストの先駆者として、ネイル教育の第一人者として活躍してきた仲宗根さんに、ネイル業界の現状と未来をうかがいました。

PROFILE

仲宗根幸子

仲宗根幸子 なかそね・さちこ
NSJネイルアカデミー院長、ネイルズ仲宗根株式会社代表取締役社長、NPO法人日本ネイリスト協会副理事長及び教育委員会委員長、公益法人日本ネイリスト検定試験センター理事
日本におけるネイリストの先駆者、育成歴は37年に及び、つねにネイル業界の第一線で教育一筋に活躍。1976~89年まで米国スーパーネイル日本校の代表講師として勤務。1989年NSJネイルアカデミーを創立。1996年ネイルズ仲宗根株式会社を設立。NPO法人日本ネイリスト協会では
15年間講師会会長を務め、認定講師の教育にあたる。
現在は、副理事長、教育委員会委員長ほか、コンテスト全国大会実行委員長も兼務。また、国内コンテストをはじめWINBA、IBSニューヨークなど米国ネイルコンテストの審査員や、国内9カ所で審査委員長(日本最多)も務めている。

|第1章|アメリカでのネイルとの出会い。当時のカルチャーショックが原点に

vol.31_page1_001-760x506

野嶋 今日は長年にわたってネイリストを育成されてきた仲宗根先生ならではの視点から、ネイル業界の現状やこれからのお話をうかがっていきたいと思います。まずは、先生がこの業界に入った原点、ネイルとの出会いからお願いします。

仲宗根 私は幼い頃から母や祖母と美容院へ行くのが大好きで、美容師さんの仕事をずっと見ているような子供だったんです。小学校3年生の頃に、近所のおばさんの髪を見よう見まねで結ってあげたら、すごく褒められて、お小遣いまでくれたんですね。おばさんがそのスタイルのまま美容院へ行くと、今度は美容師さんが私の結った髪を解きながら「この子、すごいね。私がピンを打つのと同じようにできてるよ。美容師になったら?」とおっしゃって。

野嶋 それがきっかけで美容師になろうと?

仲宗根 それから幼心にも高校を卒業したら美容師になろうかなあと思ってはいたんですけど、成長するうちに忘れてしまって。でも、学生時代にやっぱり美容師の勉強をしておこうと、通信教育で美容学校を受講して、国家資格を取りました。ただ、美容院で働くよりも、コマーシャルなどのヘアメイクの仕事がしたいと思って、広告代理店に就職したんです。

野嶋 ネイルとの出会いはその時に?

仲宗根 ええ。70年代の初頭に、撮影で米国の南カリフォルニアへ出張した時に、勉強になるかなと思ってネイルサロンに行ってみたんです。そうしたら、年配の女性がたくさんいらしたんですけど、その方たちの装いがとてもファッショナブルで、爪もピンクやオレンジ、シルバーメタリックと、すごくカラフルなんですね。彼女たちは仕事をリタイアした女性たちで、マリナ・デル・レイという世界でも有数のマリーナを周遊している観光船で食事に出かけるところだったようで、とても生き生きとしていました。年齢を重ねても色とりどりのファッションに身を包んで、サロンで爪も磨いてから、遊びを楽しむ。なんて素晴らしいんだろうと思いました。
というのも、渡米する前に眼精疲労で眼科を受診していたのですが、そこへ来ていた日本のおばあさんたちは、無彩色だったんですよね。髪の色は黒かグレーか白で、洋服も同じような色。話すことも病気の話ばかりで暗いんです。初めは自分の眼精疲労のせいで色がないように見えるのかと思いました。

野嶋 モノクロ映画のような世界に見えたのですね。

仲宗根 そうなの。そのあとに色彩豊かな米国の女性たちに出会ったものだから、本当に驚いてしまって。日本のおばあさんたちも、もっとカラフルに、オシャレや人生を楽しめるようになってほしいと思いましたね。
それにもうひとつ。私は4歳の頃に右手の人さし指をケガして、爪が真っすぐに生えてこないんです。伸ばすと先が分かれて、モノが引っかかってしまって痛いので、いつも短くしているんですけど、小学校に入学した時には「コブラの頭みたい」といわれて、ずっとコンプレックスになっていました。
それが、米国のネイルサロンで、おばあさんのシジミ貝みたいな爪が、スカルプチュアネイルで長さを出したらとてもエレガントになったのを見て、自分にもやってもらってみたんですよね。そうしたら、ずっと短くしていた爪が本物のように長くなって、長年のコンプレックスから解放されたんです。爪があるとモノがつまみやすく、それまでは不自由だったことにも気がつきました。

野嶋 先生にとっては2つの意味でカルチャーショックだったんですね。

仲宗根 ええ。さらに、私の爪をやってくれた方が60代だったことにも感心しました。お客様を美しく、幸せな気分にできる仕事が、60代になっても続けられるなんて、とても素敵なことですよね。
女性が長く楽しめるファッションであり、長く続けられる仕事でもあるネイルを、ぜひ日本にも広めたいと思いました。当時はまだ、アメリカンネイル自体がほとんど知られていませんでしたから、私が自分で広めて、ナンバーワンになろうと決めたんです。

野嶋 先生は負けん気が強いんですね。

仲宗根 そうですね。私は一番が大好きです。二番になったら「二番は負けの一番」だといっています(笑)。

vol.31_page1_002-760x506

トップインタビュー一覧