関連リンク

ヘアサロン領域

2014.02.26

現在スタッフは全員女性のスプラッシュ。以前は離職が多かったサロンですが、今はとても良いサロンづくりができているとのこと。スタッフが定着しなかった昔と今。いったい何が変わったのか。オーナーの小林さんと店長のtomoneさんに伺いました。

PROFILE

小林 誠 × tomone

小林 誠
都内数店舗を経て2001年、代々木八幡に美容室スプラッシュをオープン。近年は自サロンのみならず、他サロンの幹部会議や研修会にもゲストスピーカーとして参加。「小さな心の勉強会」と称して人材育成やモチベーションアップなどの話をしている。

tomone
国際文化理容美容専門学校卒業後、2006年にスプラッシュに入店。2013年よりスプラッシュの店長に。スタッフのマネジメントを引き受ける。サロンワーク以外では、小林と一緒に定休日を利用したキッズカットのボランティアやベーシックカットの講師をしている。

|第2章|一人でできる仕事を仲間とやる一緒のわくわく列車に乗るように

030_031_P1150631

小林 目の前にいるお客さまに精一杯感謝する。数字のことは気にしなくていいよ。そう言うようになってから、明らかにスタッフが生き生きしてきたのを感じました。サロンの雰囲気もがらりと変わりました。

tomone 毎日怒られていたときは、びくびくして自分のことしか考えられなかった。でもお客さまのことを考えるのは本当に楽しいんですよね。「これをやって喜んでもらえた」「もっと喜んでもらいたい」。その気持ちがどんどん大きくなっていくんです。みんなも同じ気持ちだったと思う。

小林 以前は毎日数字を気にしていましたが、いまは月に一度給料の計算のときだけしか見なくなりましたね(笑)。それでも売り上げはどんどんあがっていく。不思議なものですね。
 
tomone 「お客さまのため」って思うと、自分の担当の方だけじゃなくて誰のお客さまでも大切になる。「ここのスタッフは全員で迎えてくれる。みんな顔を覚えてくれる」とお客さまにいっていただけるのも、常にお客さまが何を喜ばれるかを考えているから。

小林 美容師の仕事って、一人で全うできる仕事かもしれない。でもみんなで一つの方向に向うともっと個人が光る。ゆるやかな共有と共感をしながら、同じ「わくわく列車」に乗っていられるといいなと思います。

ウーマンインタビュー一覧