美容の未来のために、学びと調査・研究を

美容サロン経営を学ぶならホットペッパービューティーアカデミー

経営編④税務調査が入ったら?知っておきたい基礎知識

いつ入るかわからない「税務調査」。ですが、しっかりと管理をしておけば、恐れることは全くありません!

一般的に税務調査が入ると言われているケースと、その対策について学んでいきます。

POINT

税務調査は必要以上に心配する必要はなし!

サロスケくん
先生、聞いたところによると、税務調査が入る可能性もあるんですよね…?怖いです…。
 中嶋先生

 

サロスケくん、税務調査はそんなに恐れる必要はないんですよ。
え?そうなんですか?

解説!

税務調査は一般的に法人:3年に一度/個人:10年に一度の頻度で行われると言われていますが、あくまで「一般的に」なので、一度も来たことのない人もいたりします。

税務調査のきっかけとは?

  • 一定年数の経過(3年、10年、法人化)
  • 土地や建物の購入
  • 年度比較による異常な数値の変動
  • 推測される生活費から見て明らかに利益が少ないといった逆算
  • 売り上げが1000万円を毎年ぎりぎり下回る
  • 第三者からの指摘         など

もちろん、きちんと経理をつけていれば心配する必要はないのですが、日頃から税務署に説明・証明ができるような準備をしておく必要があります。だからこそ、売上・経費の管理はもちろん、売上資料、カルテ、領収書やレシートなどの資料をしっかりと保管しておくことが大切です。

税務調査の指摘に対応するために準備しておくべきこと。

説明・証明か…!先生ちなみに、保管していなかったり、説明できなかったときにはどうなるんでしょうか?

「帳簿要件を欠いた」と判断され、青色申告が取り消されてしまったり、経費として認めてもらえないこともあるので注意が必要です。「こういうのも経費になるって聞いたから」では通用しません。自分のお店に必要かどうか、きちんと証明できるかが重要です。

解説!

税務調査で指摘を受けないために以下をしっかり保管・管理しましょう。

  • 売上計上は正確に!
    予約から、当日の施術内容、受け取った金額をどのように記録しているのか、一連の流れが確認されます。
    合計額が書かれた売上台帳だけを見られるわけではありません。
  • 証拠をきちんと保管しよう!
    領収書だけでは不十分な場合も。レシートをしっかり管理しよう。
  • 事業とプライベート両方で使うものなどはしっかり使い分けに説得力を持たせよう!
    例)車の事業使用割合70%。(休みの日以外にはすべて仕事で使用) など

予約からどんな施術をしたかまで…?細かいんですね…!

 

はい。これはホットペッパービューティー掲載サロンならサロンボードを見せれば一発なので、非常に簡単です。ただ、時々キャンセルされた予約をそのままにしている、など管理がきちんとできていないサロンがあるので、それではだめです。しっかり管理しましょう。
わかりました!

 

冒頭にお話ししたように、税務調査が入るのは数年に一度です。「それまで何も言われていなかったからOKだと思った」という人がよくいますが、それは実は間違いで、税務署は「どんなものでも受け付けている」だけ。 「受け付け=正しい処理と認めた」わけではないのです。
え!?そうなんですか?

 

一度税務調査が入った場合には調査期間は基本的に過去3年間分が確認されますが、調査内容により5年分や、悪質な場合には7年間さかのぼることもあるので、きちんと管理が必要ですよ。
はい!

【監修】なかしま税務労務事務所 税理士 中嶋政雄先生

プロフィール:
「美容サロン」のオーナーが税理士に求めていることを徹底研究。
「美容業界専門」税理士として活動中。
開業・サロン経営!お金のキホンの記事一覧へ

おすすめの記事

注目の動画

連載記事ARTICLE

受付中のセミナーSEMINAR

動画ランキングMOVIE

ホットペッパービューティーアカデミーに
会員登録をして、
美容サロン経営に役立つ動画
を見よう!