美容の未来のために、学びと調査・研究を

美容サロン経営を学ぶならホットペッパービューティーアカデミー

受賞サロンのカギ 受賞サロンのカギ

お客さまに支持されたサロンを表彰する日本最大級のアワード、「HOT PEPPER Beauty AWARD」GOLD Prize受賞サロンのインタビュー。サロンの取り組みや受賞の秘訣を伺います。

高クオリティーを驚きの価格で。
詳細なペルソナ設計と一貫したサービス提供

Lond damaskRose 名古屋

HOT PEPPER Beauty AWARD 2021 東海エリア GOLD Prize 受賞

6~9席

2017年7月オープン。2021年念願の初受賞となった秘訣をテクニカルディレクターの島本さんに伺います。

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000460524/

CONCEPT

『素晴らしい技術、素晴らしいサービス、素晴らしい空間を、しかも、驚きの価格で』がコンセプト。モロッコの”マラケシュ”をイメージしたという店内は映画に出てくるようなアラビアンな空間が広がる。高い技術力と通いやすい価格帯で、会計時に「この価格でこのクオリティーなんて!」と喜びの声をいただくことも多いのだとか。

INITIATIVES

AWARD受賞・
売上アップに向けた
取り組み

01.

詳細なペルソナ設計と一貫した提供サービス

02.

1日の回転率は8回転以上!複数担当する接客スタイル

03.

リピート率を高める「サロンのこだわり」トークチェック

01.

詳細なペルソナ設計と一貫した提供サービス

Londの描くペルソナ(サービス提供の中心となるユーザー像のこと)は、『28歳OL、休みの日は自分の時間を充実させたいので、美容サロンは仕事帰りにすませたい。さまざまな美容にお金がかかるので、一つ一つは安く抑えたい』など細かく設定されており、そのペルソナイメージに対して一貫したサロンづくりが行われている。
例えば、営業時間は22時までと長く、価格はカット+カラー+トリートメントを何度でも7,980円で利用できる。
そして、ホットペッパービューティーの中でも一番力を入れているというスタイルは、「毛先ワンカール」などナチュラルな「万人受けスタイル」をいかにかわいく見せられるかに注力。「かわいい」とは何か、を月に2回実施する撮影を通して学び、それをカットに反映する試行錯誤を繰り返しているのだという。
スタッフ全員がペルソナを即答でき、同じ目線でサービスを提供できていることこそ、「ボリュームが多いターゲット層にど真ん中のサービス」がぶれずに提供できている要因と言えそうだ。

02.

1日の回転率は8回転以上!複数担当する接客スタイル

「お客さまの大切な時間を大切にする」ため、徹底した時間管理を実施。
90分という時間サイクルを守りながらもお客さまへの提供サービスを低下させないため、一人のお客さまに対し3名つくこともあるという贅沢さ。スタイリスト+アシスタントの場合はもちろん、スタイリスト複数名など、手が空いているときには必ず誰かのヘルプに入ることが徹底されている。
これにより回転数は驚異の8回転以上!6回転が一つの壁と言われる中、お客さま満足度を高く保ちつつ、スピードも担保できている。

この「施術時間」は、調査データでも、「実際にかかっている施術時間」より「希望の施術時間」は短い(=滞在時間を短くしたい)という結果も出ており、かつコロナ禍ではより望まれるように。
スピードも、顧客満足の大きな要因につながっている。

03.

リピート率を高める「サロンのこだわり」トークチェック

内装にこだわるLondでは、一般的な内装・設備費の2倍以上のコストをかけ世界観を演出。
提供する価値(内装・設備などのハード面)と価格のコスパの良さにこだわることで、「この空間・技術なのにこの価格!」という驚きを実現している。
ただし、内装にこだわるサロンは多いが、それがお客さまにはあまり伝わっていないことも多い。
そこで特に若手のスタッフを対象に展開されているのが「サロンのこだわり勉強」マニュアル。サロンの設備や商材、どんなことにどのようなこだわりをもっているのか「サロン自慢」できるように徹底しており、きちんと答えられるのかテストまで導入しているのだそう。
「お客さまにもこだわりがきちんと伝わる」ことでリピート率アップにもつながっている。

テクニカルディレクターインタビュー

~HOT PEPPER Beauty AWARD 2021 GOLD Prizeを受賞して~

島本涼雅さん

名古屋出身。地元の美容専門学校卒業後、一時は東京に出るも、Londの名古屋展開と同時に入社し、帰郷。店長を経て、現在では「テクニカルディレクター」として、サロンにも立ちながら、技術面でのカリキュラムづくりや講師活動も行っている。

提供するサービスについて

―まずLond さんと言えば、コスパの良さ、というイメージですが…。

はい。実際は、ご来店後カウンセリングによりメニューを変更されるケースも多いので、単価は今は1万円程度になってはいますが、入り口としてはカット+カラー+トリートメントで7,980円でご利用いただけます。
提供するサービスの根底となる「技術」はオーナー6人の独立前のサロンでの経験が大きく影響しているんです。それぞれ有名店に勤めていましたが、各店舗のいいところ取りをしたと言いますか。例えば、質感を大事にしたふわっとしたカット技術だったり、縮毛矯正だったり。持ち寄った技術をさらに磨いてきたことで、「有名店クオリティーを通いやすい価格」で提供できることが強みとなっています。

―そのコスパの良さを、素敵な空間で受けられるんですもんね…。満足度が高い理由がわかります。

内装ももちろんですが、設備にもかなりこだわっています。例えば、今では有名になったフルフラットの「夢シャンプー台(フルフラットシャンプーベッド YUME)」を導入していますし、一番長く滞在されるセット面の椅子は最高峰のものにするなど、お客さまに居心地のよい時間を提供するためには惜しまない、という感じですね。

従業員ファーストの取り組み

ーLondさんと言えばスタッフ満足度も非常に高い印象ですが?

はい。「従業員第一主義」という、スタッフに向けたコンセプトもあるくらい、従業員満足度を高める取り組みはたくさんあります。
その中でも、他サロンに比べても充実しているなと感じるのは、やはり「教育面」ですかね。
特に技術という点では、2年でスタイリストデビューを目標にしていますので内容は本当に濃いです。中途入社向けにも、毎週日曜日はチェック会を実施して、誰にあたってもご満足いただけるような水準を保っています。
1日の営業も忙しいのに、スタイリストになるための練習やカリキュラムも実際ハードかとは思いますが、週2日お休みもとれますし、メリハリをもって働いてくれているスタッフが多いです。何より、みんな本当にモチベーション高く働いてくれていて、ありがたいですね。

ーモチベーションの高さは、サロンにいい雰囲気をもたらしそうですね…!

はい。スタッフ一人一人が当たり前の水準を高くし、お客さまはもちろん、周りの関わるすべての方たちへの感謝を忘れない。
そういう意識が自然とお客さまに伝わり、居心地のいい素晴らしい空間に繋がってくるんだと思います。
結果、リピート率が上がっていくので、サロンのスタッフの雰囲気や、お客さまに接する気持ちは本当に大事だと思いますね。

GOLD Prizeを受賞して

ーAWARD受賞は狙っていらっしゃったのでしょうか…?

もちろんです!
2017年7月にオープンしたのですが、2019年はゴールドを取れず、歯痒い思いをしました。Lond damaskRoseメンバー全員で2020年は必ずゴールドを取ろうとみんなの思いを1つにして頑張りました。
東海エリアではdamaskRose以外にも、3~5席部門でLond jeloud 名古屋も受賞でき、東海エリアで4サロンのうち、2サロンがGOLD Prizeを受賞できてとても嬉しいです。

ー特に、ホットペッパービューティーのどこに力を入れましたか?

できることはなんでもやった、という感じではあるのですが…。
やはり先ほどお伝えした通り、スタイルは月2回、アシスタントも全員参加で撮影会を実施していますし、毎週十数件はスタイルをアップできるようにしています。お客様を可愛くする近道は撮影にあると思っています。レンズを通してみるとそのスタイルがかわいいのか、かわいくないのかがハッキリ出るんです。
撮影技術を磨くのと同時に、撮影から得たヒントを技術にも生かす、それを繰り返すことですね。
この賞は、お客さまの笑顔の数だと思っています。これからもお客さまに喜んでいただける、ずっと通いたくなるサロン作りをしていきます。

SALON DATA

Lond damaskRose 名古屋 【ロンド ローズ】

アクセス
名古屋駅から徒歩5分、国際センター駅1番出口から徒歩2分
創業年
2017年7月
店舗数
33店舗(アイラッシュサロン含む)
設備
セット面7席
スタッフ数
スタイリスト5人/アシスタント3人
URL
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000460524/
HOT PEPPER Beauty AWARD 受賞サロンの記事一覧へ

おすすめの記事

注目の動画

連載記事ARTICLE

  • 新着
  • ランキング

動画ランキングMOVIE

ホットペッパービューティーアカデミーに
会員登録をして、
美容サロン経営に役立つ動画
を見よう!