「バーバー」人気の理由

今「バーバー」が人気の理由

近頃増えている、従来の理容室とは違う新しいタイプの「バーバー」は、なぜ多くの男性ファンを生んでいるのでしょうか?
ターゲティングやコンセプト、強みなどについて探っていきます。

BARRIQUAND【バリカン】(東京都世田谷区)

2時間だけ独占できる、特別な空間。
椅子1台のみという大人の男のバーバーとは?

三軒茶屋の住宅街で、ひっそりと営業するバーバー「BARRIQUAND」。目立った看板もなく、謎めいた雰囲気ですが、近隣の人だけでなく遠方からわざわざ通う常連客もいるそう。ターゲットは若者ではなく、ミドルエイジ。大人の男を惹きつけているのは、プライベートサロンという居心地の良さ。個室バーバーの開業に至る経緯やこだわりについて、オーナーの會田マコトさんに話を伺いました。

なぜ、個室バーバーという選択をしたのか?

外観からトータルでスタイリッシュに。

店の前に置かれているのは、古き良き時代を彷彿とさせるクラシカルな自転車。ドアのガラス窓から中を覗くと、レトロな革のソファが目に入る。壁の小さなガラスケースには年代物のバリカンが飾られ、その上で外灯のようなサインポールが回っているものの、多くの人はアンティークショップかと見紛うのではないか。バーバー「BARRIQUAND」は、外観がまず独創的。そして店内で待ち受けるのも、ほかではあまり見られない風景だろう。バーバーチェアはたった1台のみ。店主の會田マコトさんが、ひとりのお客さまだけに専念する、究極のプライベートサロンだ。

修業時代の思いや経験が個室を選ぶきっかけに。

會田さんは修業時代から、独立した時にはひとりのお客さまだけに対応する個室バーバーにしようと考えていたという。「何といっても気楽ですからね」と笑うが、もちろん、それなりの理由がある。例えば、あるバーバーで働いている時は、人数をこなすためスピードを求められることが多かった。もう少し時間をかけて、じっくり仕事をしたいという思いが膨らむ。決定的だったのは、左右に仕切りがあり、ほぼ個室のようなスペースでカットをした時のこと。「お客さんの肩の力が抜け、気分が解放されていくのが伝わってきたんです。これだ、と思いました」。そこから、どうすれば個室バーバーの良さを極められるか、アイデアを貯める日が続く。

  • 場所は大通りから外れた閑静な住宅街。外灯のようなサインポールはドイツ製のアンティーク品だ

  • 玄関から中に入ると待合スペース。サロンとは壁で仕切られた個室で、アンティークのレザーソファが置かれている

  • 待合スペースからブラインド越しに眺めたサロンの様子。電球色の落ち着いた灯りが印象的

  • 欧米のアンティーク品でインテリアを統一するなか、異色なのが屋外に吊るした和風のオブジェ。少しだけスタイルを外す遊び心だ

大人のサロンとしての魅力が付加価値に。

アンティーク家具で粋な雰囲気に。

オープンしたのは2010年。開業場所は「人が多いから」と三軒茶屋の住宅街に決定。ターゲットはミドルエイジの男性に絞り込んだ。そんな“大人の男が集うサロン”にするため、外観だけでなく内装にも工夫をこらす。全体としてイメージしたのは、20世紀の初めを描いた欧米の映画に出てきそうな雰囲気。実際、お客さまの姿を映す鏡は、1920年代にイギリスで造られたもの。そのほかにも開業準備中にアンティークショップを巡り、コツコツと集めた骨董品がそこかしこに置かれている。大人のサロンとして、オーディオにもこだわっている。マランツのアンプに繋ぎ、バーバーチェアに向かって設置したスピーカーは、JBLのセンチュリーゴールド。1000枚以上のCDやレコードを用意するが、自分の好きな音楽を持ち込み、スタイリングの間に楽しむお客さまもいるという。

ひとり2時間枠でじっくりと対応。

メニューはカットとシェーブ、マッサージのみと実にシンプル。にもかかわらず、ひとり当たり2時間枠で設定し、じっくりと時間をかける。押し付けがましい空気になるのを避けるため、シャンプーやスタイリング剤などの店販は扱わない。あくまでもお客さまが心穏やかなひとときを過ごし、気分転換ができるような雰囲気づくりを徹底する。オープンして4年目に、5000円だったカット&シェーブを7000円に値上げした。「お客さんから言われたんですよ。この値段でいいの?って」と會田さん。大幅な値上げのため一部の常連は離れていったが、通い続ける人が多かったのは、それでも満足度が高いということ。最近は隣県からわざわざ通う人もいて、特に週末は早い段階で予約が埋まる状態が続く。個室バーバーという、密かな愉しみ。そんな付加価値のある店が、大人の男を魅了している。

  • 正面の壁に据え付けた鏡はイギリス製のマントルミラー。1920年代に作られたもので、もともとは暖炉の上に置かれていたそう

  • スピーカーはJBLセンチュリーゴールド。約20年前に開発されたJBLの50周年記念モデルが店内にしっくりと馴染む

  • バーバーチェアは銀座の高級サロンでも使われているという最上級クラス。座り心地抜群で、フルフラットにも対応

  • 水回りはシンクやシェービングカップなどをステンレス系で統一。ラボラトリーな雰囲気が男心をくすぐる

オーナーインタビュー

オーナー・會田マコトさん。東京都出身。高校卒業後、奈良のバーバーで5年間修業。一度業界から離れるが、30歳を前に将来の独立開業を決意。都内のバーバーを経て2010年に「BARRIQUAND」をオープン。

Q.どのような営業スタイルですか?

A.完全予約制で、1日最大5名までです。

スタート時間は日によって少し違うのですが、お客さんひとりあたり2時間を確保し、1日最大5人まで予約を受けます。準備の時間もありますので、お客さんに対応するのは実質1時間半くらいでしょうか。空席状況は、ツイッターで常に更新しています。

Q.その他、お客さまにくつろいでいただくための工夫は?

A.例えば、動きを遅くします。

シェービングクロスをかけたり、何かを取るために移動したりする時、意識してゆっくり動きます。そうすると、全体の雰囲気がゆったりとして、お客さんの気持ちも自然にほぐれてきます。それから、店内の照明は一般のバーバーより暗いと思います。会話も、基本的にはこちらから話しかけることはありません。ずっと事務的な話しかせず、1年経った頃から世間話をするようになったお客さんもいますが、すべて相手次第です。

Salon Data

BARRIQUAND 【バリカン】

アクセス
東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩10分
創業年
2010年
店舗数
1店舗
設備
セット面1席
スタッフ数
1名
URL
http://barriquand.jp/

全ての記事の一覧へ